Photo Gallery

まだ一度も乗ったことがなかった琵琶湖のミシガン船
以前から、乗ってみたいと思ってました。

昨日、朝起きたらとても爽やかないい天気だったので、
急遽 行くことに決定!

琵琶湖まで・・・というと遠く感じますが、
わりと近いんです。

地下鉄に乗ると、いつのまにか京阪電車につながっていて、
乗り換えなしで30分で行けます。



乗船代は2780円ですが、ネットで割引クーポンを探すと、
1割引きのクーポンがありました!
探してみるもんです。

↓乗船10分前に、ゲートに並びます。


お客さん、とっても少なかったです;;;

ここに並んでいるときに、
スタッフのパーフォーマンスがあって、
盛り上げてくれはります。

でも、こんな人数だし、ちょっと盛り上がりに欠ける感じで、
寂しかったような・・・

ランチ(バイキング)付き乗船券 というのもありましたが、
そちらのゲートに並んでいるのは10人くらいでした。
そんなんで、バイキングの料理って、どれくらい出るのかしらん???

さて、いよいよ乗船! 1時間20分の船の旅です!


船内をウロウロしてる内に、出航時間がきました。

地上スタッフの人々(3人)が、「いってらっしゃ~い」と
手を振ってくれます。↓


出航前後には、船内で、盛り上げスタッフ(3人)が、
おしゃべりしたり、音楽がガンガン流れたりと、
ちょっとうるさいくらいで、これがずっと続くのかと心配しましたが、
その後しばらくして、静かになりました。

船内探検にでかけました。

↓クルーズデッキ。


そうだ!操舵室に行こう↓


↓屋上デッキ。360度琵琶湖が見渡せます。


ミシガンは、外輪船です。
↓その外輪です。船が止まるときには、これが逆回転してました。


↓大津プリンスホテル


途中、このホテルにも寄ります。
このホテルからも乗船できます。
上から見てたけど、誰も乗ってきませんでした。



お昼は、フィッシュフライとコロッケ。
もちろん、ビールと。(私はノンアルです)
デッキで食べました。

出航して1時間後、ステージで歌と踊りのショーが始まりました。


お客さん、少なっ!

最初、前の方の席にいたガキ子供3人がやかましかった(-_-;)
でも、スタッフの方々は慣れてはるのか、
そこは上手に手なずけてはりました。



お客さん少なくても、盛り上げて、歌わなあかんのは大変やなぁ、
でも仕事やからしゃーないのか・・・
と冷めた目で見てました。

1時間20分、あっという間でした。
梅雨の晴れ間というのは、蒸し暑くないし、
お出かけにはちょうどいいかも~
↑これは、写真に落書きしたわけではありまへん。

針金アートっていうんですか?
船の手すりに飾ってありました。
 (右上と左上にひもが見えるでしょ?)

このミシガン船は、10月までに乗っておきたかったのです。
というのは、10月にもっと大きな船で
6日間のクルージングに行きます。(国内です)
大きい船に乗ったあとにこれに乗ると、
しょぼく思えてしまうかもしれんでしょ~。
ていうか、乗りたいと思わなくなってしまうかもしれないし・・・


Tag:ミシガンクルーズ 琵琶湖

先日行ってきたコウノトリの郷の風景を
水彩画で描いてみました。

水彩画ゆうても、iPadのお絵かきアプリで描いたんですが・・・



↓この写真を見ながら描きました。


柵と、向こうにある家などは削除して、
適当に想像部分を付け足してみました。
なので、実際の風景とかなり違うけど、そこが絵のいいところ。

なんでまた、急にこないなもんを描いてみたかというと、
たまたま、YouTube で水彩画の描き方 というのを見て、
描きたくなってきたのです。

まずは、YouTubeで描いてはる田んぼの風景を
教えてはる通り、そのまま描いてみたら、思ったよりええ感じになりました。
なので、調子に乗って描いてみました。
やっぱ、テクニックを学ぶのは重要どす。

そして、もうひとつのきっかけは、

ちょっと前に、↑このスタイラスペン(タブレット用のペン)を
買ったので、使ってみたかったんどす。

今までは、指で描いてました。
LINEスタンプも全部指で描きました。
画面を拡大して描くのです。
けっこう大変でした。

なので、スタイラスペンが欲しいなぁ~とは思ってたんですが、
タブレットに分厚いガラス製の保護シートを貼ってると
使えないとかいうペンが多くて、
だったら、使えへんなぁ・・・と諦めてたんです。
(あっても、高くて、遊びに使うにはもったいない)
でも、あるとき、何気に探したらやっと見つかりました。
値段も3千円程です。中華ブランドですが・・・(^^;

で、さらに欲しくなってきたのは、
mini じゃない iPad。なるべく画面の大きいのん。
そうすると、持ち歩くのが重くなる。
では、持ち歩くときはスマホか・・・
スマホでも、iPadと連動させたかったら、やはりiPhoneか・・・

・・・と、
こうやって、物欲が大きくなっていくのでありました(^^ゞ

Tag:デジタル水彩画 コウノトリの郷風景画 水彩画の描き方 スタイラスペン

家にいると、数枚の服ですみますが、
その分、ヘビロテなので、すぐあかんようになります。

てことで、この夏着るTシャツをもう一枚買っておこうと、
(買いに行くのが面倒なので)ネットのユニクロで探したけど、
もひとつ気に入ったデザインがありまへんでした。

そのとき、ユニクロサイトで、UTme という
自分のデザインでTシャツが作れるサイトを発見!

気に入るデザインがなければ、自分で作ってしまおう
・・・と、早速作りました。

↓これ


以前に描いたこの絵↓の色を変えました。ちょっと地味なので。

私らしく、駄洒落の絵(ラインスタンプに描いているようなやつ)に
しようかという気持ちもちょっと頭をよぎりましたが、
やっぱりそれは、ちょっと恥ずかしいかな・・・と
無難な絵にしました。

こういうの作るの、けっこう高いと思ってましたが、
そうでもなかったです。
1500円+税。
普通にTシャツ買うのと変わりません。

しかも初めての注文では送料無料!

先週の金曜日に注文して、今日到着しました。早っ!

数年前からあったみたいですが、今頃気づきました(^^ゞ

ちなみに、絵じゃなくても、写真でもできます。
Tシャツだけじゃなく、パーカーやトートバッグもありますぇ~
作ったものを、売ることもできます。
 (全然売れないらしいですが・・・。
  個人のブログでそんなことを書いてる人がいました。)

ところで、私は、ユニクロのまわしものではありまへん。(^^;


Tag:ユニクロTシャツ UTme 自分でデザイン

くず粉と黒糖が残っていたので、
何か作れないかなぁと、レシピを検索したら、
葛粉で黒糖生姜のミルクプリン っちゅうのんがでてきました。

思ったより簡単そうなので、作ってみました。(2人分)

葛粉20g、黒糖20g、牛乳240ccを、
お鍋にかけてかき回し、固まってきたら弱火にして
2分くらいかき回し、カップに入れて冷蔵庫で冷やして
出来上がり↓ レシピでは生姜が入っているけど、省略。

もっと甘いかと思っていたら、
あっさりして、美味しかったです~。

でも、こういうの作ると、
お鍋にべっとりとくっついて(焦げ付くわけではないけど)
あとが面倒(>_<)

ところで、今日は、
一段と暑いどす~


Tag:葛粉 黒糖 ミルクプリン レシピ

旅行2日目。

城崎温泉はいいんだけど、翌日行くところがないのよね~
(車だったら色々行けるけど)
水族館は、昨年女子旅で来たときに行ったし・・・

・・・と思って、ネットで「城崎 観光」で検索したら、
ええもんめっけました。


↓この「たじまわる」という周遊バスです。詳しくはこちら


但馬(たじま)と 回る を合体して「たじまわる」
という安易さとわかりやすさが好きです。

土日祝だけの運行です。
なので、今回は金土の旅にしました。

行き先は、
コウノトリの郷公園、出石、竹田城址。
どれも、行ったことないとこばかり。
(出石は結婚前に会社の慰安旅行で行ったけど、
99%記憶なし。なので行ってないのと同じ)
でも、どれも、敢えてわざわざ行こうとは思わないところばかり。

でも、500円で連れて行ってくれはるなら、
行ってみよう! と申し込みました。

で、予約のボタンを押すと、じゃらんのページにつながって、
なんと、1000円分のポイントが残ってました。
ときどき、使用期限付きで、使用目的限定のポイントが
もらえるけど、使わないのでほったらかしにしてました。
今回、初めて役に立ちました!!!
つまり、このバス、タダで乗れました。

そして、あまり期待していなかったのが
逆に良かったのか、どれも印象に残って、
行って良かったな~と思えるところばかりでした。

しかも、このバス、ちゃんとガイドさんの案内付きです。

まずは、コウノトリの郷公園↓

入場料無料です。

経験上、入場料が安いところはそれなりのもんです。
ましてや、無料なんてところは、子供だましに違いないと
思って入りました。

コウノトリの生態などが↓このように展示物で紹介されていました。


コウノトリは珍しいけど、はく製ではねぇ・・・・
と思いながら奥の方に進むと・・・

 
いました、いました。ホンモノのコウノトリが。

ここで飼育されているようです。
飛んでいけないよう、羽の一部が切り取られているそうです。
大きくなって、自活(?)できるようになったら、
その羽を元に戻し(何度でも生えてくる?)、
逃がしてやるのだとか・・・

コウノトリって、よく田んぼや川でみかけるサギよりも
ずっと大きいです。鶴くらいかな?でも、鶴ほど首が長くない。

↓これは人工巣塔といって、コウノトリが子育てする場所。

卵やヒナが、キツネやタヌキに襲われないよう、高い所にあるのですな。

でも、日や雨がもろにあたるけど、それは大丈夫なのかしらん?

さて、次は城下町出石です。
ここでは1時間20分の滞在時間。昼食をとるためです。

出石といえば、出石そば。
そば屋さんが、ずらっと並んでます。


ガイドさんによれば、そば屋さんは50件もあるそうです。

全く下調べはしていないので、どこに入っていいのかわかりまへん!

辰鼓楼という昔の時計台(出石のシンボルのようなもの)の横に
テラス席のあるそば屋を発見!
ここに入ることに決めました。



まだ11時半頃だったので、お客さんは少なく、
テラス席も空いてました。



辰鼓楼がバッチリ見える、ロケーション最高の席でした。

そして、これが有名な出石の皿そば↓


一人前は5皿。
一皿目は、塩で食べ(そばの本来の味を味わうため)、
二皿目からはつゆで食べる・・・と、店の人のアドバイス。

やや、かためのそばでしたが(わたしは柔らかいそばが好き)
味は美味しかったです。
でも、この店しか入ってないから比較できないのでわからない。

行列のできている店もありました。
多分、そこは有名店なんだろう。。。。

食後は、そば茶プリン↓

だんなは、そばソフトクリームを食べましたが、
どちらも そばの味がして、美味しかったです~

そばアレルギーの人は楽しめない観光地です。

このあと、道の駅に連れて行かれ、
まんまと買い物してしまいました。

そして、最後は竹田城址。


ここは、何年か前に、天空の城と騒がれ始め、有名になったところです。

でも、朝霧が出ないと、天空の城には見えず、
普通に行ってもつまらないところだろう・・・と思ってました。
  そもそも、朝霧なんて早朝に行かないと見れないし、
  そんな早朝に行けるわけないし~

でも、行ってみたら、思ったより広く、石垣も見事で、景色も良く、
ハイキングを楽しめました。
バスを降りてから、てっぺんまでは20分位歩きます。

急な坂道です。
よく、こんなところに城を建てたなぁ・・・というところ。

もちろん霧はなく、天空の城には見えませんでしたが・・・


天空の城と騒がれる前は、無料でしたが、
今は入場料500円です。
でも、手すりや階段はちゃんと整備されてました。

道の駅で、まんまと買ってしまったお土産↓
干し柿のスライス。
こんなの見たのも食べたのも初めてです~
これが、けっこういけました。
ほんのり甘くて、何も添加してない自然の味。
写真は、三分の一くらい食べてしまったあとです。
もっとたっぷり入ってました。
それで350円は安いと思います~
また食べたい味。
でも、多分、ここでしか買えないと思う。。。


Tag:たじまわる コウノトリの郷公園 出石 皿そば 竹田城址 天空の城 富有柿スライス

WHAT'S NEW?