FC2ブログ

Photo Gallery

昨年の夏は、豆乳を凍らせて、豆乳アイスを作ってました。
今年は、もう作ってまへん。 飽きた・・(^^;

その代わりに、先日ネットで、
缶詰のゆであずきと豆乳で あずきアイスが簡単に作れる
と 知って、早速作ってみました。

レシピは、ゆであずき200gに豆乳100gを混ぜて
凍らせるだけ。

豆乳の代わりに牛乳でもOK。

早速、缶詰のゆであずきを買ってきて、作ってみました。

 
↑井村屋のゆであずき、缶切りで開けるタイプでした。
缶詰を缶切り使って開けたの、何年ぶりかしらん。

牛乳と混ぜて、適当な容器に流し込みます。
 

冷凍庫で2時間冷したら、ほどよい固さに凍ってました。

お味は・・・

う~む、ちょっと甘い。(私には・・・)

もうちょっと牛乳の割合を増やした方がいいかも。

でも、さすが井村屋。
あずきバーに近い味がしました。


*************************

おかんの、介護認定は、要介護3 と出ました!
ちょっと重すぎる・・・
面談のときは、一番体調も悪く、痛み止めの薬が効いてて
半分寝てたからでしょうなぁ~。

   逆ドーピング(笑)

今は、以前よりずっとマシで、手押し車は必要ですが、
わりとスムーズに歩いてます。

せっかく、介護サービスを使える枠があるので、
デイサービス週3日だったのを、週4日に増やしてもらうことにしました。
おかんも、デイサービス行ってる方が、退屈しないし楽しいと
言っているので。
今年の夏から 新しいエアコンを使ってます。

そのエアコンには、中に人が入っていて、(ウソ、AIです)
色々お知らせしてくれはります。

先日、
「壁面が暑いです、窓かドアが開いていませんか?」
とエアコンが のたまいました。

いぇ、しゃべるわけでなく、
リモコンが液晶画面になっていて、お知らせが文字で出ます。

うちのリビングは西向きで、窓の向こうにはベランダはなく、
西日がまともにガンガン入ります。
遮光カーテン閉めてますが、
そんなくらいでは おっつかないくらい暑くなります。

そんなこと、今に始まったことではないけど、
改めてそう言われてみると、確かに窓のそばは
むわぁ~と暑い。もちろん窓は開いてまへん。

これを何とかしたら、エアコン代を少しでも節約できるかしらん・・・
と、窓に断熱シートでも貼ろうかと、ネットで検索してみました。

そしたら、色々断熱シートがでてきましたが、
これって、もしかして、家にあるやつで代用できるんちゃう?
  ↓これ
 
・・・と思いました。

これは、冬に布団の下に敷いて、冷気を防ぐシートです。

  うちは、すのこベッドで、冬寒いので、
  マットの下に敷いてます。

熱を逃がさない ということは、熱を遮断するってことなので、
逆に熱を入れないってことでもありますな。

しかも、これは冬に使うものなので、夏は遊んでるし・・・

  これぞまさしく、断熱シートの松田優作・・・

  じゃなくて、

  森田健作・・・

  でもなくて、

   二毛作!!  (^^;

・・・てことで、早速窓につけてみました。
吸盤とクリップで。

シートは2枚ありますが、窓全面を覆うにはちょっと足りまへん。
ま、いいか。

これで、かなり熱が遮断された感じです。

エアコンの中の人も 何も言わなくなりました。

おかんの薬、以前はおかんが自分で管理してたのですが、
足腰が悪くなってから、
整形外科でもらった薬も飲まなければならなくなり、
ついに自分では管理できなくなりました;;;

↓なので、百均でこのような薬ポケットを買って、
 
私がそこに薬を入れてあげてました。

でも、このポケット、曜日が縦に並んでて、
感覚的にわかりにくいんですよね~

全部入れると、わけがわからなくなるので、
2~3日分だけ入れてました。

もうちょっと使い勝手の良いもの ないかな~
と探したけれど、無いので、自分で作ることにしました。

やっぱり、曜日はカレンダーと同じように横に並んでないと・・・


  後ろは、壁ではなく引き戸なので、ピンがさせません。
  なので、ガムテで貼りました。

ポケットの代わりに、たくさんあった洗濯ばさみで ボードにはさみました。
これなら、となりのカレンダーで曜日を確認して、飲めます。
そして、一週間分つけても ややこしくならないでしょう。

上段が朝食後で、下段が夕食後。

ところで、このカレンダー、百均で買ったものなのですが、
曜日が英語でしか書いてない。。。
なので、おかんが自分で 月、火、水・・・って書いてるし;;;
お年寄りフレンドリーぢゃありまへんな。
来年のカレンダーからは、日本語で書いてあるのを買わなくっちゃ。

カレンダーにバッテンつけてるのは、おかん。
寝る前につけてるそうです。
こうしておかないと、今日が何日なのか、わからなくなるから。

記憶力悪いし、バッテンつけるのも忘れるんじゃないかと思いますが、
このように習慣になっていることは忘れないようです。
今まで、介護なんて全く縁がありまへんでした。
でも、おかんの介護が始まって、わからんことだらけ;;;

ちょっとそっち関係の本でも読んでおくかと、
kindle unlimited でみつけ、何冊か読みましたが、
解説本は、正直言って、あんまり面白くありまへん。

でも、↓この3冊は、わりと面白かったです。ためになりました。
 
  全部、kindle unlimited で読みました。

左端の「親の介護、はじまりました」は まんがです。
実体験に基づく話です。
堀田あきおさん と かよさん というご夫婦(二人とも漫画家)が、
かよさんのお母さんを 遠距離介護する話。

ある日突然、お母さんが足を骨折。
動けなくなって、介護が始まります。
お父さんもいるけど、このお父さんがクセもので、
ちっともお母さんの世話をしようとしない。
おまけに、家をバリアフリーにするリフォームにも反対するし・・・

そうそう、介護認定の面接のとき、見栄をはって
いつもよりできるフリをするというあるあるの話もありました。

あとの2冊は両方とも、介護や認知症の解説本というより、エッセイで、
こちらも筆者の三好春樹さんの実体験に基づくものです。
介護の現場を体験してこられたので、
介護とはこうあるべきだ・・・みたいな理想論や理論ではなく、
地に足がついた体験話が興味深いく、参考にもなります。

そして、もう一冊は、篠田節子さんの小説、「長女たち」です。
  これは、メルカリで中古本を買いました。

3つの短編からなっています。
三作とも、長女が主人公。

ひとつめは、「家守娘」。
実は、まだこの一つ目の話しか読んでません。

この話が、「介護」と「認知症」の話。
ヘルパーも、デイサービスも嫌がるお母さんを
長女が仕事を辞めて介護する話。

妹もいるけど、忙しい家に嫁いだので、
実家には滅多に帰ってこれない。
その妹との関係性も、グチグチと書かれています。
私の場合は、妹がいないので、そういうのはないけど、
世間にはいっぱいあるやろな~と。

ずっしり重い話ですが、
共感できる部分が多々ある話だと思います。


ところで、うちのおかん、初期の認知症です。
とにかく記憶力が全然ありません。
なので、大事なことは、紙に書いておきます。

でも、記憶力以外の考える力は、まだ残ってるので
日常生活には大きな支障はありません。
(小さな支障はありますが・・・・)

それから、脚の痛みは、
かなりマシになってきたみたいです。

でも、痛くないからといって、さっさと歩けるようになったわけではなく、
足腰がしっかりしないので、手押し車につかまらないと歩けない状態です。
確実に、足腰が弱ってます。
でも、年相応ではありますが・・・

自分も、おかんの年齢になったら、こんな風になるのかと恐怖どす。
とにかく、足腰は鍛えておかねば・・・と
ジムには真面目に通っています。

先月は おかんのことで忙しく、
絵どころではありまへんでした。

とは言いつつ、先月の後半から少しずつ描いてました。

ストレスのあるときほど、絵を描いて心を静めなくっちゃ。

 

水族館に行ったとき、そばの梅小路公園でみつけたひまわり↑ と、
サルスベリ↓ どす。

 

昨年の夏、北海道に行ったときに撮ったスイレンの写真を見て
描きました↓

実は、もっと描いてます。

それらは、インスタグラムに載せてます。

インスタグラムは、アプリがないと見れないと思ってました。
なので、ここを見に来る方々に、
わざわざアプリをインストールしてもらうのも
どうかと思い、なるべくこのブログで載せるようにしてましたが、 
アプリがなくても見れるんにゃ・・・とわかりました。
   今頃・・・(^^;


です。

アカウントをとって、ログインしないと
「いいね」やコメントはつけられまへんが、
見るだけは見られます。

2枚目や3枚目に、描いているところの動画も載せてます。

写真や絵を載せるだけなので、
ブログよりも頻繁に更新してます。
お暇なときに見てみておくれやすぅ~~~


WHAT'S NEW?