FC2ブログ

Photo Gallery

内館牧子さんの「終わった人」を読みました。

面白かったので、2日で読んでしまいました。

fc2blog_20191015155504a65.jpg

定年退職をした男性の話です。コミカルに描かれています。

2015年に単行本で出版され、ベストセラーになったそうです。
映画化もされたらしいですが、全然知りませんでした。

fc2blog_201910151559281d2.jpg

東大卒で、メガバンクに就職、バリバリのエリートコースだったのに、
途中から出世コースを外されてしまい、子会社に出向。
望めば65歳まで会社にいられたが、そうすると役職を外され 給料も6割近く下がる。
プライドの高い主人公 田代は、しがみつきたくない・・・と、
63歳で定年退職。
趣味も友人もなく、仕事だけが生きがいだった田代は、
何もすることがなくなり、焦る。

子供は独立しており、奥さんは元々専業主婦だったが、
40歳で美容学校に通い始め、美容師の資格をとり
美容院で働いている。

奥さんを温泉旅行に誘っても、
「一泊だけならいい」 とか、「友達と行けば?」
と、ちょっとつれない。

なんて話だと、暗いストーリーのようですが、
これが意外と面白く描かれているんです~。

↓引用(田代が、高齢者たちと会話しているときの田代の気持ち)
********************
言い古されたクサいことを、こうやって話すのだ。
「一人では生きられない」だの「生かされている」だの、それは正しい。
だが、中高齢者の大好きな、これらの常套句には辟易する。
 今に、「生涯現役」だの「元気をもらう」だのが出るぞ
と思っていた矢先、出た。
・・・中略・・・
「うん。私らしくいられると、周囲にも笑顔を届けられるしね」
ああ、このクサさ!「アイドルのようなこと言うんじゃない」
と一喝したくなる。
*************************

主人公の田代が、ストーリーの中でずっと言い続けている
「散る桜 残る桜も 散る桜」(良寛の俳句)や、
「散り際千金」
が心に残りました。

私も定年退職・・・じゃなくて、早期退職したけど、その後、
また仕事がしたいとか、何もすることがなくて焦る気持ち
っちゅうのは、全くありまへん。
仕事一筋じゃなかったからかな?(^^;
趣味や、したいことがあるっちゅうのんは、ええことどすぅ~
こういう焦りは、男の人に多いでしょうね~

あ、それからこの本、映画化されたんですが(2017年公開)、
主人公の田代は、舘ひろし、その奥さんは黒木瞳 だとか。
Amazonプライムに降りてきたら、見てみよう。

先日、京太郎はんがブログで、お母さんの耳が聞こえにくいので
耳鼻科で診てもらったら、耳垢がこびりついていると。

あさこはんも そのコメントで、あさこはんのお母さんも同じことが
あったと、書いてはりました。

hana.jpg 

そういえば、うちのおかん、耳掃除してたかしらん・・・
と、気になって、先週の金曜日におかんのホームに行ったとき
見てみたら・・・・

びっしり!!!!(;'∀')

耳の穴の半分以上が耳垢で覆われていました。
かろうじて耳の穴は、完全には塞がれていなかったので、
なんとか聞こえていたのでしょう。

いつから耳掃除してないのか聞いても、覚えてませんでした。
  過去のことは何一つ覚えていません。
  聞いた私が馬鹿でした;;;

見た感じ、そんなに硬そうでもないし、
取れるかな、と思い、耳かきを探したけどありません。
耳かきがないってことは、耳掃除してなかったんやなぁ・・・

綿棒があったので、それで掃除をしてあげようとすると、
めちゃくちゃ嫌がるのです。
そんなに奥の方まで突っ込んでないのに、
「アイタ!」っと言って、頭を引くので、
私が「そんなに痛い?」って聞くと、
「いや、痛くない」って・・・
どっちやねん!

単に、怖がりで、過敏症なのです。

でも、綿棒を突っ込んでも、
耳垢は、綿棒に押されて奥に入っていく感じなので、
とれそうにありません。
ピンセットの方がいいのかしらん・・・

しゃーない、翌日デイサービスの日なので、
デイにいる看護師さんにお願いしようと、
そのことを連絡帳に書いておきました。

でも、そんなことまでしてもらえへんかなぁ・・・
耳鼻科に行けと言われるかなぁ・・・
と思いつつ、ホームからの帰り、買うものがあったので、
百均に寄ったら、ええもん見つけました。

綿棒の先が粘着タイプになっている耳掃除棒です。
   まずは自分で試してみましたが、
   粘着力がけっこう強く、これならとれそうです。

その翌日(土曜日)の夜、おかんに電話したとき(毎晩電話してます)
「デイで 耳 見はらへんかった?」と聞くと。
「何もしてはらへんで~」と。
連絡帳に書いておいたのに、耳掃除はしなくても、
耳くらい見るやろ・・・おかしい。

・・・と思いつつ、
その翌日(日曜日、つまり昨日)おかんのホームに行って、
連絡帳を見ると、しっかり耳掃除のことが書いてありました。

  おかんに聞いた私が馬鹿だった・・・
  過去のことをおかんに聞くのは、無駄だとわかっているのに、
  つい、聞いてしまって、そしてがっくりするのです。

連絡帳には、
「左耳はとれましたが、右耳(私が綿棒で掃除しようとした方)は、
奥の方にあるので、難しいです。耳鼻科に行かれてはどうでしょうか・・・」

と言ったことが書かれていました。

やっぱり、右耳の耳垢は奥に入ってしまったか・・・

ふふふ・・・でも、これで試してみてはどうだろうか?

・・・と、前日に買った粘着耳掃除棒で
試してみることにしました。

それは、普通の綿棒より先が細いので、
耳垢を押し込んでしまうこともなさそうです。
そして、粘着性があるので、耳垢をからめとってくれそうです。

再び、怖がるおかんを「大丈夫、大丈夫」と言葉で安心させ、
挑戦してみました。

  おかんは、何度も顔をしかめ、
  「あ!」とか「う!」とか言って、
  痛そうなふりをするので、
  手をとめて、「痛い?」と聞くと、
  「いや、全然痛くない」と・・・
  怖がっているだけとわかったので、
  途中からは、そういう態度も無視して、
  耳垢をとることだけに集中しました。

最初は、やや大きめのがとれました。
でも、まだまだ大きいのが残っています。
二本目でやっと巨大なのがとれました~~~

見たい? 見たいでしょう?

そのまんまでは、あまりにもあまりにも・・・
なので、モザイクを少しかけました。

注意して見て下さい。
耳垢

こんな大きな耳垢を見たのは、生まれて初めてどす。

もっと、固形のごっつい感じを想像してましたが、
形は、白きくらげのようで、薄く透き通っています。
こんなのが耳に入ってて、かゆいとか、気持ち悪いとか
感じなかったのかなぁ・・・

ともかく、固まってしまう前にとれてよかったどす。

これからは、定期的に耳掃除してあげねば・・・
最近の京都の観光地は、外国人観光客でいっぱいどすぅ~

嵐山もそのひとつ。
でもね、同じ嵐山でも、空いている穴場スポットもあるのですよん♪

二週間前に嵯峨野の方に行ったばかりですが、
今日は、桂川をはさんで反対側に行ってきました。

↓渡月橋 空は真っ青!
fc2blog_20191010145648464.jpg
↑誰も歩いていないように見えますが、人がいないところをねらって
写したから。本当は、この辺りは人が多いです。

渡月橋を北から南に渡り、
桂川に沿って川上の方向に、歩いて行きます。

途中、モンキーパークもありますが、今日はそこへは行きません。

 

5分も歩くと、もうそこには観光客はあまりいません。

 

川も、午前中は静かでした。
このあと、保津川下りの船や、手漕ぎボートなどが増えてきます。

渡月橋から20分くらい歩いて、途中から階段をずんずん上がると、
千光寺というお寺があります。

だんなが、以前、川の反対側の展望台から眺めてたときに
見つけたお寺で、一度行ってみたいと思ってたそうです。

拝観料400円を払って入ると、全然お寺らしくありません;;;
本堂は伊勢湾台風で壊れてしまったそうです。(大昔やん)
小さなあばら屋に本尊の千手観音像と、創建者の角倉了以の像が
あるだけ。

ここで、400円返せ! と思ってはいけません。

そばに、建物があり、展望室になってます。
中は12畳くらいの広さ。↓
 

見晴らしがとても良いです。
ここがあるなら、400円でもしゃーないかと思えます。

 
ベランダも出られますが、木造なので、ちょっと怖い。

数組、観光客がいましたが、全部外国人。
お寺の人によると、7割くらいが外国人だそうです。

部屋の端っこに 長~~~~~~~い そろばん 発見!↓
 
外国人が見ても、そろばんを知らなかったら、感動せえへんやろな。。。

もっと驚いたのは↓これ。 単なる三重塔ではありまへん。
 

近くで良~く見たら・・・
 
全部、そろばんでできてます~

この千光寺は、そろばん上達のお寺と呼ばれているそうどす。

さて、帰りは、渡月橋とこのお寺の中間くらいにあった
↓このお店に立ち寄りました。
 

絶景を眺めながら、ビールを飲もうという魂胆どす^^

 
ちょっとした おつまみもありますぇ。

ノンアルがなかったので、普通のビール。
 
おでん、いかやき、焼きそばを注文して、軽くランチ♪

店の真ん前にボートが3隻あって、
となりの客はよく柿食う・・・じゃなくて、
となりの客(外国人)が、そのボートに乗るのはいくら?
と店の人に聞いて、無料だとわかったので、興味が湧き、
さらに詳しく聞いてみました。

通常は、川の向こう岸にボートが置いてあり、
それに乗ってこの店に来てもらい、帰りは歩いて帰ってもらう
ということになっているらしい。

うちらは、歩いて来たので、帰りはボートで向こう岸に
行ってもいいかと聞いたら、ええよ~ と言ってくれはったので、
ボートに乗ることにしました。

でも、だんなはビール以外にも日本酒を飲んでいたので、
酔っぱらってボート漕げる? 
乗り降りのとき、ふらついてひっくり返らへん?
と思ったので、私はちょっと反対しましたが、
だんなは、大丈夫大丈夫といって、乗りたがったのです。

 

ちょっと酔っぱらっているので、操縦があやしい。
保津川下りの船も通るし危ないのよ~
後ろ向きで漕がなあかんので、私が「もっと右、もっと左」と言って
誘導しました。

問題は、到着後。
 
↑最終的には、ボートをこのように砂浜に止めたらいいのですが、
乗ったままで、ここまで乗り上げることはできまへん。

誰も、ボートを引っ張ってくれる人もおらんし、
砂浜近くまで来たら、だんながボートから降りましたが、
砂浜まで届かず、川に足がつかってしまいました~~~;;;
びしょびしょ。

だから、こっちから乗って、向こうに着くことにしてるのかな~

↓看板には「向岸の茶店にお越しのお客様は この黄色のボートを
       ご利用下さい」とあります。
 
でも、乗るときも、誰も手伝ってくれる人がいなかったら
難しいのではなかろうか・・・(慣れてたら簡単なのか?)

ていうか、こんな看板あっても、初めてだったら、
気軽に「じゃ、乗っていこうか」と思わないのではないだろうか・・・

で、ここから亀山公園を通って、竹の道を通って、帰りました。
↓相変わらず、竹の道は混んでます。
 

家には2時前に到着。(出かけたのは10時前)
でも、ちょっとした旅行に行ってきた気分(*^^)v
京太郎はんがブログで紹介してくれてはった
今日、おかんのホームに行ったあと、寄ってきました。

ゆるゆるで素朴な絵(下手うまとも言う?)を集めた美術展です。

10時開館なんですが、ちょうど10時に着いて入ったら、
とっても空いてました。(当たり前か・・・)

こういう博物館って静かなものなんですが、
しかも空いていたら なおさら静かなはずなんですが、
おばあ・・・けっこう年配の女性二人が、
(多分耳が悪いのか)大声でしゃべってはるのが ちょっと;;;
「私は絵はさっぱりわからんわ~」・・・って
くるなっちゅうに ヾ(-_-;)

↓こんな投票用紙もらったけど、出してきませんでした。
  抽選でオリジナルグッズがもらえるらしい。
 

この中では4番の雲水托鉢図が好みです。
ゆるゆるだけど、デザイン的にはおしゃれだと思います。

1番のつきしま絵巻も好きどす♪

この中にはないけど、与謝蕪村が描いた奥之細道図巻
私好みどす。

こういうゆるゆるな絵を見てると、
そんなに無理して上手く描こうと思わなくていいんだな~
と思えてきます。
んで、もっと絵を描きたくなってきます。

  プレバトで、芸能人が描いた水彩画を評価したあと、
  先生がめっちゃ上手い絵を描かはるでしょ~
  あれって、上手すぎて、描く気なくすわ~(^^;


博物館、美術館に行くと、出口でグッズを売ってはります。

↓本と、A5のクリアファイルを買いました~
  

そうそう、私がいるとき、ちょうどKBS京都が 取材に来てて、
撮影してはりました。
帰りに受付で、あの撮影はいつ放映されるのか聞いたら、
今日の1時からの情報番組の中で2時から放映されるとのこと。
早速、番組を録画しました。(まだ見てません)
彼岸花が咲いてるところをネットで探してたら、
大津の真野川ってところに、彼岸花がたくさん咲いてると
書いてありました。

それは、琵琶湖大橋の近く。

ピエリ守山のそばに日帰り温泉が3月にできるということでした。

それでは、
真野川 → 琵琶湖大橋 → 日帰り温泉 コースで
散歩しよう・・・ってことで、一昨日出かけてきました。

真野川は、JR堅田駅で降りて、歩いて15分くらいのところにあります。

でも、やっぱり彼岸花は まだ満開ではありまへんでした。
今年は、どこも遅いのね~

 

それに、真野川は、現在工事中で、景観はイマイチ;;;
わざわざ 見に行くほどの・・・・ムニュムニュ・・・

では、気を取り直して、琵琶湖大橋を渡りましょう!
 

前回渡ったときは、曇りでしたが、この日は晴れてて
気持ちよかったどすぅ~

日帰り温泉 水春 は、規模はそれほど大きくありませんが、
施設が新しくて気持ちいいし、眺めも良いし、満足でした~♪

↓お風呂上りに、琵琶湖大橋を眺めながらビール
 

おかんのこともあるし、2泊以上の旅行にはもう行けまへん;;;
ちょこちょこと、こういうお出かけや、一泊旅行を楽しむことにします。

で、おかんは、元気です。
シルバーカーなしでは、歩けない(立ってもいられない)ことと、
記憶力がほとんどないこと以外は。

とにかく、全然覚えていないので、びっくりします。
7月に、急に足腰が痛くなって大変だったことも、
私が毎日ホームに通ってたことも 覚えてません。
なので、なぜデイサービスに通うことになったかとかも、
全然わかってないみたいです。
今だけを生きてる状態どす。

WHAT'S NEW?