FC2ブログ

Photo Gallery

先日の日曜日に、大学時代のクラブ(人形劇部)の仲間たちと
同窓会をしました。

私を含めて5人の予定でしたが、残念ながら そのうちの一人が
当日の2日前になって、親戚の不幸で来れなくなってしまいました;;;

  同じようなことが、昨年10月の友人たちとの旅行でもありました。
  そういうことって、不思議と重なるんでしょうか・・・

仕方なく、4人で京都で会いました。
2人は福井から、1人は大阪からです。

まずは、母校へ行ってみました。

17年ほど前にも同窓会をして、そのときにも母校へ行きました。
そのときは、母校はそれほど変わってなかったのですが、
今回は、大きく様変わりしてて、懐かしいと思えるところは
ほとんどなくなってました( ノД`)

↑辛うじて、懐かしさが残る三叉路。

いつもクラブの練習をしていたピロティと呼ばれる
人口芝生の広場は、まぁ~~~ったく変わってました。
小さなステージと、ビニールの屋根はなくなり、
↓こんな豪華な建物が建ってました。
人口芝生は少しだけ残ってました。
両脇の校舎も全面的に建て替えらえてました。

 来れなかった友達への私信:
  右側の校舎はうちらの学部があったところで、工事中。
  その奥の食堂や部室の建物はなくなってました。
  それ以外にも、図書館や、なんちゃらホールなど、
  新しい建物がいっぱい建ってました。

こんなに変わってしまったら、
もう自分の通ってた大学って気はしないです。
寂しいなぁ・・・

そう思うと、建物や景色が ず~っと昔のまま残っているのって
貴重なことなんだなぁと、思います。
昔からあるものを、なんちゃら遺産だとか、重要文化財だとかにして
残そうとする意味がわかってきました。

夕飯は、ホテル近くの↓このお店へ。
京都の雰囲気たっぷりの町家レストラン。
  (こういうのも、残して欲しいです。既に残すことになってます。)
個室に案内されましたが、入り口が小さくて、4畳半くらいの
元々茶室だったところです。ほっこりします。
食事も美味しかったです~。

5時に入って、出たのは9時。
4時間も話してました。
そりゃ~、二人とは17年ぶり、もう一人(前回の同窓会には来れなかった)
とは、25年ぶりの再会ですから・・・
積もる話がないわけがありません。

翌日は、御所にある迎賓館に行きました。

  私以外の3人は、御所は初めてだそうです。
  学生時代にも御所は来たことないんだって!
  せっかく京都にいたのに。。。
  若い時は御所とかお寺なんて興味なかったもんね。

ただいま迎賓館では、天皇皇后が即位記念パレードで乗られた
オープンカーが絶賛公開中どす↓
↑パレードのときはナンバープレートの代わりに
 菊の御紋がついてましたのよ。


迎賓館は、4年前の実験的公開のときに一度来ているのですが、
今回は、ガイド付きで入ったので
 (この日はガイド付きでしか入れなかった)
色々説明してもらえて、前回来た時には気づかなかったことも
わかってよかったです。

↑ホテルでいう、ロビーみたいなところ。

ソファや調度品の説明を聞きました。
細かい話は忘れましたが(^^;
とにかく贅の限りを尽くして、京都の伝統技法を
生かして作った代物であることがわかりました。

↓一番広い部屋。藤の間。
天井照明は、三段重ねになってますが、
これは、伸ばしたりひっこめたりできるそうです。

壁面の絵は、綴織りという織物だそうです。
藤の花言葉は、「歓迎」。だから藤の絵にしたのね。

↓桐の間。和の晩餐室です。
畳の中央に線が入っている理由を説明してくれはりましたが、
この頃になると、集中力がなくなってきて、半分上の空でした(^^;
とりあえず、すばらしい畳だそうです。

庭の池には鯉がいましたが、寒いのでほとんど渡り廊下の下に隠れていました。
外国の国王などのお客さんが来ると、ここで鯉のえさやりをするんだと。

そしてこの後、次回はあまり期間を開けずにまた会いましょうと約束して
解散しました。
20年後なんて言ってたら、もうこの世にいないかもしれません。
10年後でもやばいかもしれまへん;;;

たった4年間(今から思えば「たった」)の学生時代でしたが、
中味の濃ゆ~い4年間だったように思えます。
そのときの友人たちとは、卒業後はほとんど会ってないのに、
時間がワープしたかのように、昔のまんまの感じで話せました。
外見はみんなそれなりに変化した(「老けた」ともいう)けど、
声や話し方、性格などは、いくつになっても
あまり変わらないもんなんですね~

友達って、本当に良いものです。
歳を重ねた今となっては、特にそう思います
一昨日、日帰り温泉に行ってきました。
初めてのところです。
最近、あちこちの日帰り温泉(またはスーパー銭湯)に行くのに
凝ってます。(ゆうても、月に一回くらいですが)

11月の終わりには、城陽市にある ここ に行きました。
外観が旅館みたいで、お風呂も良かったです。
でも、ちょっと遠かったです。

今回は、京都の南の方にある ここ に行きました。
地下鉄の駅から歩いてすぐなので行きやすいです。

そこに行く前に、付近を散歩して、
とあるお寺でみつけた猫さん↓ カメラ目線。
fc2blog_202001111047213c6.jpg

で、この日帰り温泉、けっこう古いです。

日帰り温泉のほとんどのシステムは、
まず履物を靴のロッカーに入れて、
そのカギをフロントに渡し(人質ならぬ靴質どすな)、
その代わりに更衣室のロッカーのカギをもらうという方式です。
従って、もらったカギの番号のロッカーしか使えません。

でも、ここは、靴のロッカーの鍵は自分で持ち、
フロントでは更衣室のロッカーのカギは渡されず、
更衣室に行って、好きなロッカーを使えるという形です。
但し、ロッカーは百円を入れないとカギがかけられません。
でも、その百円はカギを開けた時に戻ってきます。

事件はここから始まります。

平日の3時頃なので、それほど混んでいませんでしたが、
湯舟は小さめのが色々あって、そのひとつひとつに
数人ずつ入ってはったので、あまり空いているという感じはしませんでした。
平日のこんな時間に来る人、けっこういるんだなぁ・・・という印象。
ほとんどが高齢者。
そういう私も予備軍ですが(^^;

さて、お風呂を上がってきて、普通に着替えていました。
更衣室は、そんなに混んでなく、私が使ってたロッカーの並びは
誰もいない状態。

そこへ、ひとりのおばさん(私より一回りくらい上)が
私のそばへきて、すぐ隣のロッカーを開けて荷物を入れました。
他に空いているロッカーがあるのに、
なんでこんなすぐ隣のロッカーを使うんやろ? と
ちょっと鬱陶しく思いながら着替えていました。

なんですぐ隣のロッカーを使ったのか、
その理由が、すぐにわかりました。

なんだと思います?
ヒントは、すでに↑に書いています。

百円を入れるロッカーです。

カギを開けると、百円戻ってくるのですが、
お風呂から上がってきたとき、
髪を乾かしに洗面台に行くときにまた閉めるから・・・
と、戻ってきた百円玉を、そのまま戻り口に
置いておいたのです。

さぁ、髪を乾かそうと、ロッカーのドアを閉めるとき、
百円玉がなくなっていることに気づきました。

まわりには、となりに来たおばさん以外誰もいなかったし、
ロッカーを開けてからは、ずっとその場にいました。
百円玉の戻り口は、簡単に百円玉が落ちる構造ではないので、
落ちてもいませんでした。

どう考えても、そのおばさんが盗ったとしか思えません。
わざわざすぐ隣のロッカーを使ったのは、
百円玉を狙ってたのだわ・・・

こういうのを状況証拠っていうんでしょうか?
(刑事ドラマや弁護士ドラマで覚えた言葉)

決定的な証拠がないので、絶対このおばさんが犯人と
決めつけられないのが残念でしたが、
腹の虫がおさまらないのと、
こんなことを言ったら、どういう反応をするのか興味があったので、
そのおばさんに向かって
「すみません、ここにあった百円玉知りませんか?」
と言ってみました。

もし、何もしていないのに、そんなことを言われたら
戸惑い、驚き、怒ると思います。
でも、そのおばさんは、私の目をじっと見返してきました。
そして、数秒間二人で睨み合って沈黙。
これはもう絶対このおばさんが犯人だと確信しました。
しかも、常習犯だと思います。
そして、そのおばさんは、シレっと、
「さぁ、知りませんよ」と・・・。

むっかぁ~~~~<`ヘ´>
いらんこと言わへんかったらよかった(-_-;)
でも、常習犯の反応は、普通の人とは違うということが
わかりました。

仕方ないので、もう一枚百円玉を出して
ロッカーを閉め、髪の毛を乾かしに洗面台に行きました。
おばさんは、風呂に入って行きました。

そのあとすぐ、スタッフの人が更衣室に来て、
見廻っている感じだったので
(もしかしたら、このような被害がよくあるのかも・・・)
あったことを伝え、
そして、どのロッカーを使っている人かも伝えておきました。

あとで、ふと思ったのですが、
もし、私が洗面台にいくとき、ロッカーを開けたままに
してたら、もっとやばかったかも。
たいていは、そういうときはカギをかけますが、
たまにめんどくさくなって油断するときもあるし・・・

みなさんも、気を付けて下さいね~
悪いことをするやつは、意外と身近にいますよ~
今回は、百円の被害でよかったです。


先月中ごろ、おかんが急に膝が痛いと言いだしました。

7月に足腰が痛くなったときにもらった痛み止めが残っていたので、
それを飲ませてみました。
そしたら、一回飲んだだけでピタッと痛みがなくなったので、
めでたしめでたし・・・となるところでしたが、
一週間ほどしてまた痛くなってきたようです。


fc2blog_20200109100014ae0.jpg
↑インスタにも載せましたが、今年最初の絵。南天。

またしばらく痛み止めを飲ませてみましたが、
なかなか治らず。
そうこうしているうちに、年末になり、
お正月休みに・・・

おかんの膝を見ると、腫れてぷよぷよしてる感じ。
水が溜まっている・・・ってやつでしょう。

これは、整形外科へ行かなあかんのやろなぁ・・・
と思ったけど、
昨年行っていた整形外科は、とても混んでて、
1時間待ちはざら。

いつも行ってる内科なら、混んではいるけど、
近いので順番カードを取りに行って、
順番がまわってくる頃(ネットで確認できる)に
行けばいいので楽ちん。

もしかしたら、内科でもなんとかしてくれはるかも。。。
と、休み明けの月曜日、いつもの内科におかんを連れて行ったら、
やっぱり整形外科に行かないとあかんと言われました;;;
紹介状を書いてもらい、そのまま整形外科に行きました。
  内科から整形外科までは歩いて5分くらい。

そしたら、やはり休み明けで患者さんはいっぱい!
スタートが遅かったので、なおさら。
まっすぐ整形外科に来てたら良かった。
結局2時間待ちました(-_-;)

1時間くらい経ったところで、おかんが、
「もうしんどいし、もうええわ。帰るわ。」
と言い出す始末。

   認知症になると、我慢ができなくなるようどす。

「せっかくここまで待ったんやし、もうちょっと我慢して。
足、痛いままでええのか?」
と、なだめすかすこと数回。 

まるで子供。親子逆転。

気分転換に、乗ってきた車椅子から立たせて、
待合室の廊下を手を引いて行ったり来たり歩かせたりしてました。
雑誌でも読むか? と聞いても、全く読む気なし。
(最近、全く本を読みません。面倒くさいと言います) 

やっと順番が回ってきて、診てもらったら、
おそらく 偽痛風 だろうと・・・

聞いたことない病名どす。
帰ってからお調べしましたよ。→偽痛風

痛風のようで痛風でない というやつです。

痛風は、尿酸がたまって起こる関節炎で、
偽痛風は、尿酸以外のものたまって起こる関節炎だそうです。

痛風は、足の親指の関節に発生することが多いけど、
偽痛風は、色んな関節や関節付近に発生するんですと。
でも、同時多発(テロか?)せず、一か所だけが痛くなるとか。
不思議ですね。

↓以下 引用
リウマチのように少しずつ、いろいろな関節に続けて出てくることはないようです。
しかもあまり頻繁に繰り返さないので、2年か3年たって忘れたころに、
別の関節に出てくることも多いようです。
 偽痛風の発作の期間は、個人と関節炎の程度により大変異なると思いますが、
治療が早ければ2,3日で楽になる場合から、1週間ぐらいで落ち着く場合が多いと思います。
幸いなことにあまり重篤になったり、頻繁に繰り返さないので、
炎症が治まればほとんど無症状となり安心です。」

はい、安心しました。
  あ、でも、本当に偽痛風かどうかは、
  検査をしないと、この時点ではまだわかりません。

で、治療ですが、
とりあえず、膝にたまった水を抜かねばなりません。
長い針の注射器を持って来られました。

おかんは、怖がりで痛がりです。
綿で消毒してはるだけなのに、すでに体が硬直してました。
血圧の方が心配です。

そして、注射針をブスっと一気に膝に差し込まはったとき、
おかんは、断末魔の叫び声をあげました。
一度ならず、注射器で水を吸い上げている間じゅう
ずっと叫んでいました(;^_^A

きっと、待合室にまで響き渡っていたと思います。
どんな恐ろしい治療をしてはるんやろと、
みんな思っていたに違いありません。

先生は、「かんにんぇ。いじめてんのとちがうしな」
って、優しく言うてくれてはりましたが、
おかんの耳には届いていなかったと思います。

そのあと、同じ注射で膝に薬を注入し、
レントゲンを撮って、血液検査のために血を採って、
骨粗鬆症の検査もして、診察終わり。

その日の夜に電話で膝の痛み具合を聞いたら、
ほとんど痛くないと言ってました。

すばらしい!

でも、膝の水を抜いたことや、
そのとき痛くて大声をあげたことは、
おかんの頭の中ではなかったことになってました。
そして、ついには整形外科へ行ったことも
忘れてました。

そのうち、膝が痛かったことも忘れるのでしょうねぇ・・・
ま、それはそれでいいことなのかもしれまへんが。

また来週、その整形外科へ行かねばなりまへん。
早めに行って、早い順番をとらなくっちゃ。

明けましておめでとうございます(^^)/
今年もよろしくお願いします~<m(__)m>

元日の昨日は、例年どおり、大谷祖廟(通称大谷さん)へ。
毎年と違うのは、そこに行く前に、おかんのところに立ち寄り
いつも通りの世話あれこれ。

大谷さんからは、これまたいつも通り、
産寧坂、二寧坂を通って(元日から混んでました)
高台寺の方へ。

いつもは、高台寺(ちょっと高い所にある)には行かず、
その前のねねの道を歩いてましたが、
今年は、高台寺まで階段をあがって行きました。
(だんながトイレに行って、ついでにタバコを吸いたいというので)

高台寺は、何回も行ってるのに(中に入ったのは一回だけ)、
今さら気づいたことがあります。
ここから眺めると、八坂の塔と京都タワーが同時に見えるのです。
↑八坂の塔の右下に小さく見えるのが京都タワー

これぞ京都! って感じの景色どす。

この日は、おかんのホームから河原町三条まで歩いたので、
12000歩ほど歩きました。

では、時系列を逆にたどり、その前日の大晦日。

夕飯は、これまたいつも通りのにしんそば。ねぎだく。
お煮しめは、昨年同様、だんなが作りました。
せっかく買っていた花こんにゃくを入れ忘れて、嘆いていました(笑)


一応、おせち料理の品の、ごまめも鯛の子(鯛ではなく何かの魚の子)も
出来合いのものを買ったけど、プラスチックのトレイに入れたままで、
飾りつけも何もあったもんではありません。
ビジュアルは気にしないタイプです(^^ゞ

大晦日の前々日の29日(日曜日)、
私は大掃除でもしようかと思っていたのですが、
ジムがしばらく休みで、体がなまるので、
だんながどこかに出かけたいと・・・
お天気も良かったので、
歩いて妙心寺に行くことにしました。
歩いて30分くらいです。

妙心寺には、メインのお堂以外に、小さなお寺がいっぱいあります。
そのひとつの桂春院に入りました。400円。

それほど有名なお寺でもないし、年末ということもあって、
観光客はゼロ。
紅葉も花もないので、景色はたいしたことありませんでしたが、
静けさを味わえました。

妙心寺の中は、めちゃくちゃ広く、
↓こういうところは、勝手に入れるので、生活道路みたいになってます。

↑ここなんか、時代劇のロケに使えそうどす。
実際使ってはると思います。

その4日前の25日。終い天神の日でした。
いつも、ちりめんじゃこを天神さんで買ってますが、
ちょうどなくなりそうだったので、買いに行きました。

パックにいっぱい入って1,000円と、安いのです。

まだ年は明けていませんでしたが、
既に巨大絵馬が飾られていました。

天神さんに行く前に、途中にある洋食レストランでランチしました。

このレストランは、家から歩いて10分くらいのところにあります。
私がこの地に住み始めたときから ずっとあって、
かれこれ35年ほど経ちますが、一度も入ったことがありませんでした。

近くに飲食店はあれこれありますが、同じところに住み続けていると、
長く続いている店と、つぶれていく店があることを実感するようになりました。
じゃあ、長く続いている店は、何か理由があるに違いない。
きっと美味しいのだろう・・・ということで、
行ってみることにしたのです。



混むといけないと思い、12時前に入りました。
お客さんは誰もいませんでした。

ビジネスランチ900円を注文しました。

注文の品が出てくるまで20分くらい待ちました。
遅い・・・
その間、お客さんは誰も入ってきません。
12時もすでに回っているのに・・・。

大丈夫かな?

でも、出てきた料理は美味しかったです。

食べ終わったときも誰も入ってきませんでした。
最後に会計をしているときに、一人入って来はりました。

平日だから少なかったのかしらん?
夜に多いのかしらん?
こんな少ないお客さんでは続かへんやろ・・・
謎な店です。

この店以外にも、昔からあるのに一度も入ったことがない店が
いくつかあります。
なくなる前に行ってみたいと思います。




今年も残り2日となりました。

掃除は、今朝 台所とトイレと玄関をたった1時間で
済ませてしまいました。
あとは仏壇を5分くらいでさっと掃除して
今年の大掃除は終わりどす。
年々、手抜きになります。体力の問題かも。。。

さて、今年はインスタグラムに
iPadで描いた絵を載せまくった1年どした。
  (といっても、描いた絵は50件ほど)

で、インスタグラムに載せた写真や絵を
「いいね」の多い順番に9つ並べてくれる機能があるんどす。
めちゃ簡単で、
にインスタグラムのアカウントを入力するだけ。

でも、みんな考えることは一緒で、
混んでいて、時間がかかります。
ゆうても、5分くらいでできましたが・・・

私のベスト9は↓これどす。
インスタグラムベスト9_2019

ひまわりが1番どした。
2番は椿。

でも、自分では椿が一番好きどす。
プリントアウトして玄関に飾ってます。自画自賛。

7番目の紅葉(左下)だけは、 写真どす。
窓の外にもみじがあって、室内の照明が窓ガラスに写りこんで
きれいだったので写したものです。

きれいなものを見つけて 写真を撮ったり
絵を描いたりするのって、楽しいどす~

飽き性のσ(^Θ^)ですが、
まだ絵を描くことには飽きていないので、
来年も描きまくりますっ!・・・多分(^^ゞ

来年もよろしくどすどすぅ~~~♪

WHAT'S NEW?