FC2ブログ

Photo Gallery

先日、たまたま本屋さんでみつけた本↓「老乱」 読みました。

ついに、「認知症小説」というジャンルが出てくる時代となりました。
出版されたのは2016年。文庫化は先月。
最近書かれたのかと思うくらい、内容は時代にマッチ(?)してます。


迫力満点の認知症小説って、どうよ? と思いますが、
小説なので、次はどうなるの?って感じで、ドラマチックな展開になってます。
でも、「あるある」な話がいっぱい。
  どうやって車の運転をやめさせるか、
  認知症検査にどうやって連れて行くか、
  有料老人ホームの費用をどうやって捻出するか・・・

少し前に読んだ「恍惚の人」と同じような家族構成の人々が登場します。

78歳の幸造さん(数年前に妻を亡くして一人暮らし)
その長男と、嫁の雅美さん。孫2人。
この長男家族は同じ市内に住み、車で簡単に行き来できる距離。

「恍惚の人」と大きく違うのは、長男が、介護に協力的なこと。
この小説の中で、ほっとした点のひとつです。
あとは、介護施設が増えてるってことと、
認知症に対する世間の考えが、正しい方向に変わってきていることかな。

この幸造さんは、レビー小体型認知症です。
  認知症にも種類があって、
  ほとんどはアルツハイマー型ですが、
  他にも色々あります。
レビー小体型は、無いものが見えたり、財布を盗られたなどの妄想があるそうです。
奇声を発したりもします。

幸造さんは、息子が知らない人に見えて、
泥棒が入ったのだと思い、包丁を振り回したりします。

この小説では、介護する側だけでなく、認知症になった人の気持ちも
幸造さんの日記という形で表現されています。

「アルジャーノンに花束を」を思い出してしまいました。

できたはずの事がどんどんできなくなり、
周りの人たちが自分をバカにすることへの焦りや怒り。
自分の存在価値がなくなっていく辛さ。

認知症になっていくときは、突然なるのではなく、
じわじわなっていくので、正常なときもあるわけです。
まだらボケというやつですね。
なので、正常なときに、そういう気持ちになるのでしょう。

おかん(記憶が全くないので、アルツハイマー型だと思います)が
どういう気持ちなのか、あまり深く考えたことなかったけど、
この本を読んで、もうちょっと、ちゃんと考えてあげなくっちゃ・・・と
思いました。

昨年7月から おかんの介護が始まりましたが、
認知症というものに慣れていない私は、
当初は、とにかく腹が立って仕方ありませんでした。
今言ったことをすぐに忘れて、何度も同じことを聞くのには、
とにかくイライラして、「何回も同じこと言わさんといて!」と
声を荒げてしまいました。

本人は、自分が忘れるってことを忘れているから、
「忘れるから紙に書いとき」と言っても、
「大丈夫、覚えてる」って自信を持って言うので、
「絶対忘れる。何も覚えてへんやん!」と
自尊心をボロボロにすることを平気で言ってました。

今年になったくらいから、私自身もやっと慣れてきたのか、
ひどく感情的になることはなくなってきました。
  ちょっとイラっとすることはありますが、
  大声を出すほどではありません。

そうこうする内、おかんが先月末に激しい腰痛を訴え、
ほぼ同時に食欲ががくんと落ち、急に弱ってしまったのです。
声にも力がありません。
整形外科と内科に、代わりばんこに通ってました。
腰痛の方は、なんとかマシになってきたので、
今は内科に週二回、点滴を打ってもらいに行ってます。

辛うじて自分で歩いているし、デイにも行ってますが、
本当にヨボヨボな状態で、大丈夫かいな? と心配です。
こんなに弱ってしまうと、おかんがいくらボケたことを言っても、
全然イライラしません。

今おかんがいるホームは、自立型なので、介護はしてもらえません。
なので、今回また腰痛になったタイミングに、
今後のことを考え、介護型のところに移ろうかと考えました。
介護型の老人ホームに見学も行きました(ひとりで)。
でも、まさか食欲が落ちて、こんなに突然弱るとは思ってませんでした。
もう少し元気になるまで待つしかありません。

でも、元気になってくれるかしらん。
寝たきりになったらどうしよう・・・
先が見えないのは辛いことです。
でも、どうなるかわからないことを、あれこれ心配しても仕方ありません。
今は、ケセラセラでいくしかないです。
NHKの大河ドラマを見始めたのは、
「西郷どん」からです。

実は、2012年の「平清盛」も見かけたんですが、
歴史音痴の私には難しすぎて、すぐに挫折(;^_^A

その後、「龍馬がゆく」を読んで、
歴史の面白さにやっと目覚め、
ちょうど明治維新を扱った「西郷どん」を見ることにしました。

そのあたりの歴史について、予備知識があるので
見てても面白く、楽しめました。

そのあとの「いだてん」は、時間があちこちすることに
ちょっとついていけない部分もあったけど、
なんとか最後まで見られました。
面白い部分もあったけど、そうでもない部分もありました。

次は、「麒麟がくる」です。
明智光秀です。
戦国時代もんです。

私にとっては初ジャンル(笑)

戦国武将は、本当に有名な人しか知りません。

もっくん演じる斎藤道三って誰?
力道山なら知っているけど・・・(^^ゞ
ってレベルどす。

3話目まで見ましたが、色んな人が登場してきて、
誰が誰だかわからなくなってきました;;;

ドラマを見ているとき、だんなに質問すると、
うっとおしがられます;;;

そこで、↓このようなものを買いました。
これだけでなく、他にも何種類かありました。
でも、これが一番わかりやすそうで、面白そうだったので、
これにしました。

知りたかったのは、↓この情報。相関図。

でもね、これだとピンとこないのよね~

本当に欲しかったのは↓これ!

わかりやすい。

もう私の中では、斎藤道三=もっくん どす。
一昨日の続きどす。

めでたくスマホデビューし、
翌日(水曜日)、スマホの設定などしていました。

↓バッグに入れた時、カメラのレンズに傷がつきそうなので、
fc2blog_20200201152303ff3.jpg
  百均でソフトケースを買いました。
  全然可愛くないケースですが、暫定的に・・・。
  と言いながら、このまま使ってしまいそう;;;

何気に、もらってきた書類を眺めていて、
そいや、プランの方はややこしかったので、
細かくあれこれ聞いたけど、
機種代は、22,000円引きであること以外、
あまり詳しく確認しなかったことに気づき、
もう一度書類をよく見てみました。

で、機種代(iPhone11の64GB)って、
結局いくらやったかいな?
・・・と、見ると、
90,720円から22,000円引きで、68,720円(税込)
と、ひとつの書類には書いてあるのに、
分割払い(3年分割、利息なしです。)の書類には、
101,720円-22,000円=79,720円(税込)
と書いてあるのです!
そして、この79,720円が最終金額となっていて、
これで契約してたのです。

ネットで調べても元の値段は
(ガラケーからスマホに機種変の場合)
90,720円。
だから、そこから22,000円引きの68,720円のはず!

分割でも利息はつかず、一括払いと同じと聞いていたので、
あれ? と思い、auショップに電話しました。

担当してくれた人は、ちょうど休みでおらず、
別の人に、金額がおかしいことを伝えたのですが、
担当でないとわからないと言うので(そんなことでいいのか?)
その次の日(木曜日)なら担当者がいるというので、
木曜日にまた店に行くことにしました。

そしたら、しばらくして、電話がかかってきて、
「木曜日も担当者は休みでした。勘違いしていました。すみません。」
と言うので、仕方なく金曜日に行くことにしました。

そして、金曜日に行ったら、
結局、最終金額(79,720円)は間違いで、
90,720円から22,000円引きの68,720円(税込)が
正しかったということがわかりました。
気づかなかったら、11,000円高く支払っているところでした。

最初に、担当者は一応は謝ったけど、さらっとした感じ。

  11,000円も間違ったんだから、
  もっと申し訳なさそうに(演技でもいいから)
  言ってほしいなぁ・・・

間違った原因は、
ガラケーからスマホに変更する場合と、
スマホからスマホに変更する場合では、
機種の金額が違うのですが、
私の場合は、ガラケーからスマホなのに、
スマホからスマホの金額を入力してしまったそうです。

訂正の事務手続きが終わり、
最後にもう一度お詫びの言葉があるのかと思いきや、
「他に、わからないことはありませんか?」
と、とても事務的。

担当者の態度にも腹が立つけど、
こんなに簡単に金額を間違えられるなんて、
システム的にも問題があるんちゃうか~、auさんよ。
  auは関係ない、販売は別会社だとか言うけど、
  auはauだろっ!

穿った見方をしたら、わざと間違えた? 
・・・とも思ってしまいます。

今回はおかんとの無料通話があるからauのままでいったけど、
おかんがいなくなったら、絶対auはやめる!


さて、iPhoneの設定は一通り終えたけど、
その後、小さなことで設定し直さないとあかんことがあり、
そのたびにネットで調べて、なんだかんだと時間がかかりました。

例えば、家にいるときスマホに電話がかかってきたら、
同時にiPadにも着信音が鳴ったのです。
これは、FaceTimeというアプリのせいということがわかり、
iPadのFaceTimeを外しました。使わないし。

それから、ジムに行っているとき、
母のホームから電話があったようなのですが、
ロック画面ではそのことが表示されず、
たまたまジムの帰りのスーパーで、スマホでポイントカードを見せ、
そのときにスマホを使ったので、着信があったことがわかりました。
ガラケーだったら、不在着信があったら、
ランプがチカチカつくのでわかりやすいけど、
これって、不便やん。と思い、
ロック画面でも不在着信がわかるように設定し直しました。
でも、ガラケーのようにランプがつくわけではないので、
ときどきスマホを触って確認しないと、着信があっても気づかないままやん
ということに気づきました。

それから、ガラケーでは留守電の録音機能があったけど、
iPhoneには無いのね。
有料の留守電サービスはあるみたいだけど、
そこまでしては、要らないし・・・
他にも方法があるみたいけど、とってもややこしいので、
諦めました。

この一週間は、おかんのことでも ちょっと時間をとられました。
ケアマネさんの定期訪問があったりとか、
また今度は腰が痛いと言うので、整形外科に行ったりとか・・・
・・・てことで、
まだスマホのカメラ機能がわかっていません;;;

何事にも邪魔されず、ゆっくり新しいiPhoneで遊びたいどす。


ガラケーと iPad mini を使ってきたσ(^Θ^)ですが、
ついにスマホデビューしました\(^o^)/

買ったのは火曜日(1/28)。
すぐにブログに書こうと思ってましたが、
その後、バタバタしていてなかなか書けず、今日に至る。

iPhone11です。
fc2blog_202001311450547cb.jpg

auの3Gガラケーが使えなくなるのが2022年3月。
まだ少し先なので、今年中くらいにスマホにするかな・・・と
思ってました。
でも、最近、iPad mini を外で使うと(つまり4Gでつなぐと)
やたらに遅いなぁ・・・と感じるようになってきたのです。
通信は、格安simのイオンモバイルを使ってました。

メルペイも使うようになったし、
ドラッグストアでもクーポンを見せることも多くなりましたが、
そのたびに、なかなか画面が開かず、イライラ。
それから、LINEの画面も、すぐに開きません;;;

・・・という理由がひとつと、もうひとつは、
〇暦記念に、自分に買ってやろうか・・・
と思ったわけです。

そんなとき、auから、「ガラケーからスマホに機種変すると、
機種代金22,000円割引します」というメールが来ました。

最初は、格安simしか考えてなかったんですが、
(ラインモバイルに心は決まりかけてました)
調べると、auのプランでも 意外に安いのがあると
わかったので、悩んだ末、結局auでスマホにしました。

それに、おかんの携帯がauなので、
家族間通話が無料なのが、ありがたいのです。

でもね、昨年アップルストアでiPad proを買った時みたいに、
iPhoneの箱を自分で開けさせてくれたり、
「おめでとうございます!」なんて言ってくれたりという
パーフォーマンスは何もなく、
さっさと箱を自分で開けて、「傷がないか確認お願いします」
と、新しいiPhoneを事務的に手渡されただけでした。。。

それに、その担当してくれた窓口の女性が、
いまいちむにゅむにゅ・・・な人で、
アップルの兄ちゃんの方が、よっぽど気持ちよく買えました。

それはさておき、前準備をせずに、すぐに買ってしまったものだから、
iPhoneはしばらく裸のままでした。
あれこれ設定せなあかんのに、恐る恐る触ってました。

翌日、おかんのところに行った帰りに、
四条通まで足をのばし、東急ハンズで保護シール↓を買いました。
fc2blog_202001311451452a4.jpg


ケースの方は、あまり種類が売ってなかったので、
Amazonでポチ。翌日すぐに届きました。

手帳型のケースだと、使ってないとき画面が覆われるのはいいけど、
使う時に使い勝手が悪そうな気がしたので、
背面を覆うタイプのカバー(なんて呼ぶんだろう?)にしました。

fc2blog_20200131145214986.jpg

持った時、落とさないように、リング付きどす。
アップルマークが見えなくなるのが残念ですが・・・


ちなみに、契約したプランは、こんな感じ。

auピタットプランN(スーパーカケホ/S)(2年契約N)
(5分以内なら24時間通話無料)(データは1GB以下)
   このプランは、ガラケーからスマホに変えた人専用だそうです。

3,480円が、最初の1年だけ2,000円引き。(2年目からは1,000円引き)
で、1年目は1,480円(税込みで1,628円)になります! 

使えるデータ量が少ないけど、そんなに使わへんし~
もし、足りなかったら、0.5GBを605円で買えるから、
旅行に行く月だけ買ったらいいかな・・・と思ってます。

機種代金は、一括で払おうと思ってましたが、
分割でも利息がつかないってことで、36ヵ月の分割にしてもらいました。
ところが・・・
この話には続きがありますが、そろそろジムに行く時間なので、
後日書きます。むかつく話どす。


↑インスタグラムにも載せましたが、夫婦岩の絵を描きました。
  (本文とは関係ありまへん)

旅行に行くときは、天気も気にしますが、
同時におかんの体調も気にしないとあきまへん。

今回の鳥羽・伊勢旅行の前日も
いつも通り、おかんのホームに行きました。

すると、おかんの手が異常にむくれていました。
顔もすこしむくんでいる様子。
でも、体調は悪くないと言ってました。

用事を済ませて、家に帰ったものの、
なんであんなにむくんでいるのか気になるし、
(翌日の旅行の日の朝に、突然具合が悪いとか言いだしたら困るので)
あれこれ考えていたら、
ふと、もしかしたら薬(痛み止め)のせい? 
と思いつきました。

  おかんは、昨年末から膝が痛み出し
  今月6日に整形外科に行き、膝の水を抜いてもらい
  痛み止めをもらったのです。
  膝の水を抜いてもらって、一旦はマシになったけど、
  やはり痛みは治まらず、痛み止めをずっと飲んでいました。

こういうとき、ネットは便利ですね。
すぐに調べたら、やはり
痛み止めのせいで体がむくむことがある・・・
ということがわかりました。

ここから引用↓
「この薬は鎮痛や解熱のために炎症物質を抑えますが、
血管を収縮させる作用もあるため、
腎臓に流れこむ血流が減少し腎臓の働きが低下することがあります。
その場合、尿の減少、むくみ、食欲低下、だるさなどが表れることがあります。
自覚症状がないまま腎臓の働きが低下することもあります。」

むくんでいるだけならいいけど、
つまりは腎臓が悪くなってるってことなので、
すぐにおかんに電話して、薬を飲まないように伝えました。

でもね、普通の人ならこれで終わりなんだけど、
電話を切った途端、あっちゅうまに忘れるので、
本当に飲まないように、薬を目の前からなくさなければなりまへん。

電話をしながら、その痛み止めの薬を手に持つように言い、
(それをゴミ箱に捨てたら、また拾って飲むかもしれないので)
袋に入れるか、紙に包んで、「飲まない」と書いて、
目の届かないところに置くように言いました。

旅行から帰ってきた翌日の水曜日に、ホームに行ったら、
ちゃんと言ったとおり、紙に「のまない」と書いて、
テーブルの遠くの端っこに置いてありました。

そして、むくみもなくなってました。
やはり、薬のせいやったんや~

その日にも また整形外科へ行って
(毎週、膝にヒアルロン酸を注射してもらってます)
むくんだことを言うと、多分痛み止めのせいだと言われました。
(でも、腎臓がどうだとか、詳しい説明は無し)
そして、弱めの痛み止めを処方してくれはりました。
でも、おかんは膝はもうそんなに痛くないと言ってるので、
痛み止めを飲むのはやめました。

薬なんて、必要なとき以外は、なるべく飲まない方が良いのです。

膝は、治りつつあるのですが、
今日もまたおかんのところに行ったら、
左足全体が痺れて、体もしんどい・・・と言うので、
また内科に連れて行きました。
点滴をしてくれはりました。
以前にもしてもらった血管を広げる薬の点滴です。

点滴が終わって、待合室に戻ってきたら、
今度は左足がめちゃくちゃ痛いと言い出しました。
もう一回診察してもらったら、こむら返りだろう
・・・ということで、
こむら返りに効く漢方薬を処方してくれはりました。

  このこむら返りが、点滴のせいかどうかは
  わかりまへん。でも何か関係がありそう・・・

ホームに戻ったら、足の痺れも体のしんどさもなくなり、
こむら返りで足がめちゃくちゃ痛かったことも
すっかり忘れてました。認知症パワーどす(笑)

ともかく、旅行の日でなくて良かった(^^;

WHAT'S NEW?