FC2ブログ

Photo Gallery

今年、リビングルームと寝室のエアコンを買い換えました。

リビングルームのエアコンは15年、寝室のは32~33年使ってました。
新しいエアコンは省エネ仕様なので、
きっと電気代は減っているだろうと期待してました。

で、今日、8月分の請求明細が来ました。

↓本文とは関係ありません。いわなの写真。
いわな

 電気使用量は、

昨年8月(34日分) 379kw
今年8月(33日分) 361kw

18kw減りました。

あまり変わってない感じですが、
昨年は北海道に一週間行ってました。
今年はどっこも行ってません。

ということは、昨年、もし 家にずっといたら、
もっと使ってたと思います。
多分、昨年と今年で100kwくらいの差になると思います。

新しいエアコンは、単純に電気消費量が少ないというだけでなく、
やれ、「窓がドアが開いてないか」とか、
暑いので27.5度設定にしてると
「28度にすると、電気代を〇〇円節約できます」
など、小姑のように うるさく(声は出しませんが)
メッセージを出してきます。

そのおかげで、窓に遮熱シートをつけたり、
温度設定を28度にしたりしたので、
それも節電につながったのだと思います。

金額的にはいくらくらい減ったのか知りたいところですが、
昨年10月に、関西電力からJCOMに変えたので
(テレビ、インターネット、電気、ガス、NHK 全部 JCOM です)
単純比較できまへん;;;

今年の夏から 新しいエアコンを使ってます。

そのエアコンには、中に人が入っていて、(ウソ、AIです)
色々お知らせしてくれはります。

先日、
「壁面が暑いです、窓かドアが開いていませんか?」
とエアコンが のたまいました。

いぇ、しゃべるわけでなく、
リモコンが液晶画面になっていて、お知らせが文字で出ます。

うちのリビングは西向きで、窓の向こうにはベランダはなく、
西日がまともにガンガン入ります。
遮光カーテン閉めてますが、
そんなくらいでは おっつかないくらい暑くなります。

そんなこと、今に始まったことではないけど、
改めてそう言われてみると、確かに窓のそばは
むわぁ~と暑い。もちろん窓は開いてまへん。

これを何とかしたら、エアコン代を少しでも節約できるかしらん・・・
と、窓に断熱シートでも貼ろうかと、ネットで検索してみました。

そしたら、色々断熱シートがでてきましたが、
これって、もしかして、家にあるやつで代用できるんちゃう?
  ↓これ
 
・・・と思いました。

これは、冬に布団の下に敷いて、冷気を防ぐシートです。

  うちは、すのこベッドで、冬寒いので、
  マットの下に敷いてます。

熱を逃がさない ということは、熱を遮断するってことなので、
逆に熱を入れないってことでもありますな。

しかも、これは冬に使うものなので、夏は遊んでるし・・・

  これぞまさしく、断熱シートの松田優作・・・

  じゃなくて、

  森田健作・・・

  でもなくて、

   二毛作!!  (^^;

・・・てことで、早速窓につけてみました。
吸盤とクリップで。

シートは2枚ありますが、窓全面を覆うにはちょっと足りまへん。
ま、いいか。

これで、かなり熱が遮断された感じです。

エアコンの中の人も 何も言わなくなりました。

おかんの薬、以前はおかんが自分で管理してたのですが、
足腰が悪くなってから、
整形外科でもらった薬も飲まなければならなくなり、
ついに自分では管理できなくなりました;;;

↓なので、百均でこのような薬ポケットを買って、
 
私がそこに薬を入れてあげてました。

でも、このポケット、曜日が縦に並んでて、
感覚的にわかりにくいんですよね~

全部入れると、わけがわからなくなるので、
2~3日分だけ入れてました。

もうちょっと使い勝手の良いもの ないかな~
と探したけれど、無いので、自分で作ることにしました。

やっぱり、曜日はカレンダーと同じように横に並んでないと・・・


  後ろは、壁ではなく引き戸なので、ピンがさせません。
  なので、ガムテで貼りました。

ポケットの代わりに、たくさんあった洗濯ばさみで ボードにはさみました。
これなら、となりのカレンダーで曜日を確認して、飲めます。
そして、一週間分つけても ややこしくならないでしょう。

上段が朝食後で、下段が夕食後。

ところで、このカレンダー、百均で買ったものなのですが、
曜日が英語でしか書いてない。。。
なので、おかんが自分で 月、火、水・・・って書いてるし;;;
お年寄りフレンドリーぢゃありまへんな。
来年のカレンダーからは、日本語で書いてあるのを買わなくっちゃ。

カレンダーにバッテンつけてるのは、おかん。
寝る前につけてるそうです。
こうしておかないと、今日が何日なのか、わからなくなるから。

記憶力悪いし、バッテンつけるのも忘れるんじゃないかと思いますが、
このように習慣になっていることは忘れないようです。
7月7日から、ほぼ毎日 おかんのところに通ってましたが、
14日と18日に、2ヵ所のデイセンターのお試しに行き、
18日に行ったデイセンターが気に入ったので、
そちらと契約し、早速今週の火曜日から行き始めることになり、
もう毎日 おかんのところに通う必要はなくなりました。

↓お試しで行ったときの おかんの様子を 
   こんな風に報告してくれはりました。
 

昼食は7割ほどしか食べられなかったのに、
おやつは全部食べたようです。甘いもの好きです。

一件目のデイセンターは、こんなに丁寧な報告はなかったです。
同じデイセンターでも、色んなところがあるんですね~

そして、おかん自身も、ここに行って「とても楽しかった」と
言うてました。
具体的に何をしたのかは 覚えてなかったけど・・・(笑)

ということで、このデイセンターに
週三日(火、木、土)行くことになりました。

つまり、私は週休三日になったわけです\(^o^)/

で、おかんの症状ですが、
脚は、歩くと痛く、腰かけていてもときどき痺れてるようです。
手押し車があれば、なんとか一人で歩けるし、
トイレも、やや危なっかしいですが、自分でズボンの上げ下げもやってます。
(この状態は、痛くなりだした当初から 同じです)

先週くらいまでは、痛みは「相変わらず」と言ってましたが、
今週になってやっと、「ちょっとマシになってきたみたい」という言葉が聞け、
ホッとしてます。

あさこはんの お母さんが、同様の症状になって
(よく聞けば、うちのおかんの方がずっとマシ)、
3週間くらいで痛みがマシになったと聞いていたので、
それを心の支えにがんばってきましたが、
ほんまに3週間くらいで回復の兆しが見えてきました!

この3週間、おかんの様子を見てて思ったのは、
大げさすぎる!

何事に対しても、神経過敏なんです。
特に、暑さ、寒さ、痛み、痒み、そして大きな音に異常なくらい反応します。

おかんの部屋のインターホンが、ピンポ~ン♪ と鳴るたびに、
大きな声で 「ひゃぁ~」とびっくりするんです。
10年近く住んでるんだから、とっくに慣れててもおかしくないのに・・・

それとか、エアコンのきいた涼しい病院から、
蒸し暑い外(といってもまだ本格的な夏じゃないから、それほど暑くない)に
出た時も、私はそれほど思わないのに、
おかんは、「うわぁ~、暑い、暑い、なんちゅう暑いんや~」と大騒ぎ。

そんな調子で、痛みに対しても、まわりの者がびっくりするくらい
痛がるわけです。

なので、最初は、圧迫骨折かもしれん・・・と、
日曜日なのに病院行ったり、
MRI撮ってもらいに行ったりしたけど、
結局、それほど深刻な状態じゃないことがわかり、
とりあえず薬で治していくことになったわけです。

でも、神経過敏だし、感情的になるタイプで、
おまけに短気だから、じっくり治すということに耐えられなく、
(まだ治らへんのか・・・と焦るのです)
精神的ケアが大変どした。

夜中や早朝に、「痛い、痛い、なんとかして~」と
電話がかかってくることも たびたびありました。

あたしゃもう、それがトラウマになって、
夜中に寝られなくなり、やっとウトウトと寝かけると
電話の音が 空耳で聞こえてくるという状態にまでなりました。

振り回される とは、このことどす。

そのうち、やっとおかんの性格がわかってきたので、
「夜中や朝早くから電話せんといて!」
と、厳しく言い放ちました。
冷たいかもしれませんが、そうしないと共倒れになります~(>_<)

  それからは、夜中や早朝に電話はかけてこなくなりました。
  つまり、我慢できる痛みだってことです。
  いや、本当はそれほど痛いわけではなかったのかも・・・

とはいえ、心配なので、朝こちらから電話すると、
非常に落ち込んだ様子で、
「もうここにはいられへん。世話かけっぱなしや。
どっか面倒見てくれはるとこ(介護施設のこと)にほりこんで~」
とか、
「もうはよ 死にたい」とか、
「なんで こんなことになったんやろ~」
などなど、泣き言をつらつらと訴えるわけです。

でも、それは朝だけで、その後私がホームに行き、
家に帰ってまた夜に電話すると、元気になってて、
朝の会話のことなど、すっかり忘れてるのです。

  真剣に受け答えしてた自分が あほらしゅうなってきます。

でも、ここ3日ほどで、朝の落ち込んだ泣き言は なくなったので、
精神的にも元気になってきたかな・・・ってところです。
デイセンターに行き始めたのも良かったのかもしれません。

ということで、今日はおかんのデイの日なので、
私も気分転換に、水族館に行ってきました。だんなと。
 

とある事情で、年間パスをもらえたので、
今日から一年間は、水族館通いどす。

でも、今は夏休みなので、平日なのに ガ・・・お子様たちが
わんさかどした。
1時間ほどで出てきました。

夏休み明けの平日に ゆっくり行きたいと思います。


面白いパン! と思ったけど、高い;;;


前回のブログを書いてから、一週間。
毎日、おかんのホームに介護に行ってます。

怒涛の介護生活が始まりました。

おかんの足腰の痛みが頂点に達したのか、
6日の夜11時半ごろ、おかんから電話が・・・
「痛くてたまらんから、来てくれ~」 と。
  私は10時半に寝てました(早いでしょ?)
  なので、熟睡中です。

でもね、私が行っても痛みはとれないですよ。
それに、そんな時間から行ったら、私は帰れません。
翌日、介護どころではなくなります。体力温存しておかなければ・・・

とりあえず、以前にもらってあった痛み止めを
追加で飲むように言って、
冷たいと思われるかもしれませんが、私は寝ました。
でも、一旦起こされたら、眠れないんです。
やっと5時くらいに うとうとしかけたら、
6時半ごろまた電話。
とにかく来て欲しいと。

朝食も食べずに、タクシーで駆け付けました。

その日は日曜日で、医者も病院も開いていません。

ホームのハウス長さんに、M病院(そのホームと提携している)に
電話してもらい、タクシーとばしました。

もしかしたら、圧迫骨折かもしれないし。
その前に整形外科でもレントゲンで診てもらって、圧迫骨折ではないと
言われたけど、もしかしたら、見つけられない場合もあると言われたし。

で、レントゲン撮って、診てもらったけど、
圧迫骨折でもないし、脊柱管が狭まりすぎて手術が必要というわけでもないし、
脚も動いているから大丈夫・・・と。
でも、診てくれはったのは、(日曜日なので整形外科の先生はおらず)
外科の先生。
「専門的なことはわかりません。」と、きっぱり言われました。
 そりゃ、そうですね。

とりあえず、7日の夜はホームに泊まりました。

おかんは、全く歩けないわけではなく、歩くと痛がります。
その痛みに耐えられない という感じ。

翌日の8日(月)
M病院でのレントゲンの結果を持って、整形外科へ。
じっくり診てくれはりましたが、M病院の先生が言われたとおり、
問題なし。脊柱管は狭まっているけど、手術が必要と言うほど
酷くはない状態。
でも、さらにMRIで詳しく診てもらうため、
病院への紹介状を書いてもらいました。

9日(火)
紹介状を持って、M病院へ。
今回は、整形外科の先生もいたので、MRIを撮って
診てもらいました。
でもやっぱり、大丈夫。
脊柱管は狭くなってるけど、まだ少し隙間があるし、
脚に麻痺もでてないし、手術の必要もなし。

つまり、ちょっと痛がりすぎ?

あまりに痛がるので、「痛み」についてネットで調べたら、
気持ちの問題も大きいようです。
痛い痛いと思うから、痛みが増すということもあるようです。

10日は介護認定の日。
おかんは、痛み止めの薬のせいか、眠気が強く、
認定の人が 色々聞かはっても、
ええかっこするどころか、ぼぉ~っとして、
認知症患者のようなありさまでした。

3つの品物(腕時計、手の絵が描いた紙、ボールペン)を見せられて、
「これを覚えて下さい」と言われても、
なんで そんなもん覚えなあかんのや という感じで、
覚える以前に、質問の意味がわからない様子。

もちろん、なにひとつ答えられず。

これは、介護度高く評価されたかも。。。(笑)

普段は、そんなにひどくないんですよ。
記憶力はかなり低下してますが・・・

一緒に横で見てはったハウス長さんの見立てによれば、
多分、要介護1か2だろうと。
結果は一か月後くらいにわかります。

11日は、待ちに待ったコルセットが出来上がる日。

↓これがコルセット

困ったことに、ひとりでは装着できません。
ホームのスタッフの人に手伝ってもらってます。

最初、「こんなん着けるの苦しい。」と言って、
つけるのをちょっと嫌がったのですが、
「これ着けてないと、痛みがとれへんで!」と言って、
着けさせてます。

26,671円払いましたが、区役所に書類を持って行くと、
9割が戻ってきます。
健康保険さまさまどす。

その日の午後、おかんが入れ歯が痛いというので、
(以前から痛かったけど、あれこれ言うのは悪いので
黙ってたらしい)
歯医者に車椅子で連れて行って、入れ歯を直してもらいました。

歯医者までは歩いて12,3分くらいのところですが、
車椅子を押していたので、翌日 二の腕が筋肉痛。
しばらくジムに行ってないけど、こういう鍛え方もあったか(笑)

12日金曜日
かかりつけの内科へ。いつも飲んでる薬をもらいに。
整形外科へ行ったことを話したら、
お薬手帳を見せて下さいと。

「(痛み止め以外は)骨粗鬆症の薬だけですね。
神経の圧迫を和らげる注射がありますよ」・・・と。
そんな ええもんあるんや~
でもそれって、整形外科でしてもらうもんちゃうんかな?
と思いつつ、せっかくなのでお願いしました。

ということで、注射してもらいましたが、
特に変化なしです(^^;

そして昨日 13日は、特に行くところ(医者など)なかったですが、
気分転換も必要だろうと、
車椅子で、祇園祭の鉾をたてているのを見に連れて言ったら
(すぐ近くに鉾があるんです)
小雨がパラパラと降ってきたので、すぐに帰りました。

そして、今日は、おかんのデイケアデビューの日どす。
といっても、お試しです。無料体験できるんです。
家から近いので見に行ってきました。

こういうとこ見に入るの初めてです。
お年寄りばっかり。(当たり前)
けっこう広々としたところでした。
でも、私的には、色んなものが雑然と置かれているのが
気になりましたけど・・・人出不足かな。。。

前日に、持ってくるものを袋にまとめて入れておきました。
その袋をちゃんと持ってきてたのは いいんだけど、
コルセットしてへんやん!
ソックスもはいてないし~
買ってあげたレッグウォーマーもしてない。
で、脚がしびれる という。冷えてるんやわ~

お風呂にも入れてもらいました。
女の人が入れてくれるのかと思ったら、
男の人でした。若くて力のありそうな男性。
  何歳くらいになったら、男の人にお風呂入れてもらうの
  恥ずかしくなくなるかなぁ・・・
おかんは、全然気にしてない様子でした。

お風呂あがったら、もう脚はしびれてないと言ってたので、
やっぱり冷えてしびれてたに違いない。

それにしても、今月の1日から足腰が痛いと言いだして、
そのときは まだなんとか歩いていたのに、
だんだん歩ける距離が短くなってきて、痛みも増してきたみたいで、
精神的にもまいってるって感じ。

あさこはんのお母さんが、3週間くらいで痛みがマシになったと聞いて、
それを心の支えに、今月いっぱいは、頑張ろうと思ってますが、
それ以降も、痛みがとれなかったら???
ということは、今は 考えないことにします。

次の木曜日、また別のケアセンターにお試しのデイケア体験に行きます。
そのときが、私の休みどす。
でも、また見学にちょっと行くと思います。


WHAT'S NEW?