FC2ブログ

Photo Gallery

今年の3月に、おかんは、自立型有料老人ホームから、
介護付き有料老人ホームに転居しました。→こちら

なのに、また今日引っ越しました。

次は、グループホームという、認知症の人専門の介護施設です。

↓これが引っ越し先のグループホームです。
前のホームより、近くなりました。うちから歩いて7~8分です。

同じ会社が経営する老人ホームなので、
引っ越しは、ホームの人がほとんどやってくれました。
私は、引っ越し先のホームで、持ってきてくれはった荷物を
整理しただけです。
要らないものや、冬物の服など(部屋が狭いので置いておけない)は
持って帰りました。

部屋の写真を撮るのを忘れてました(>o<)
前のホームの半分くらいの広さです。
トイレも洗面台もなく、ベッドがあるだけです。

どうして、こちらに移ったかというと、
前のホームのケアマネさんが、おかんの様子を見てて、
より手厚い介護が受けられるグループホームの方が
おかんに合ってるんじゃないかと提案してくれはったからです。

おかんは、一人で部屋にいると寂しいので、
食堂にいたいと思い、1階の食堂に行くのですが、
  (食堂にはスタッフの人も入居者の人も集まっている)
食堂で椅子に座っているとしんどくなるので、
横になりたいと思って、また部屋に戻ります。
(スタッフが連れて行ってくれます。部屋は4階。)
しばらくすると、また寂しくなって、
食堂に行こうしますが、
4階にはスタッフの人が常駐してないので、
一人で歩こうとします。すると、転ぶ危険があります。
実際今までに2回転んだそうです。

転んで足でも骨折したら、もう寝たきりになってしまいます;;;

グループホームだと、
9人の入居者を 同じフロアで3人のスタッフがみてくれます。
部屋から食堂までもすぐそこで、目が行き届きます。

全体的に、こじんまりした施設です。
2階から4階が入居者施設で、
1階は通ってきてはる人用です。
いわゆる、デイサービスです。
でも、これも認知症の人専用です。

今日、おかんが車で新しいホームにやって来たとき、
私はそこで待ってました。
そして、おかんが車から降りてきたとき、
声をかけると、おかんは私のことがわからなかったのです;;;
一週間前に、前のホームで窓越しに面会したばかりなのに~
ついに来たか~~~(ToT)と、思いました。
でも、マスクをしてたせいもあったのか、
部屋に入ってマスクをはずして
しばらくしゃべっていたら、思い出してくれました。

おかんと窓越しでなく、直接会っていたのは、
おかんが入院してて、まだコロナで面会できなくなる前の
4月の上旬です。
その頃と比べると、さらに弱ったなぁ・・・・と
思いました。

そして、1年前の今頃は、まだ介護の必要もなく、
一人で洗濯もできて、杖だけで散歩に出歩いたりしてたのに、
この変わりよう・・・
すごい勢いで衰えています。
人にもよるんでしょうが、こんな勢いで衰えると、
もうそんなに長くないんじゃないかと、思えてきます。

緊急事態宣言は解除されましたが、
まだこういうホームでは面会できません。
今日は引っ越しということで、特別に中に入れました。
このホームは、大きな窓がないので、
前のホームのように、窓越しに面会というのができません。
その代わり、ネットのビデオ面会ができます。
LINEです。
ネットがある時代でよかった。
でも、早く直接面会できるようになってほしいです。


おかんが、昨日やっと退院しました。

一昨日、主治医から電話があって、症状などの説明を受けました。
体に溜まっていた水は、ほぼ抜けて、入院時の体重から6kg減ったそうです。
つまり、水が6kgも溜ってたってことです。
2リットルのペットボトル3本分どすぅ~
体、重たかったやろなぁ~

でも、胸にはまだ水が溜まっているらしい。
これは、これ以上は抜けないってことどす。
でも、酸素はちゃんと吸えてるし、
 (胸に水が溜ると、息苦しくなるそうです)
他に悪い要素もないので、とりあえず退院となりました。

長いこと寝てばっかりで、歩けなくなってるんちゃうかと
心配してましたが、
退院の前にはリハビリもやってくれてはったようです。
何も聞いてなかったけど、請求書の明細に書いてました。

午後3時に退院ということだったので、
15分くらい前に病院に行って、お金を払ったり、薬をもらったりして
おかんが病室から1階のロビーに下りてくるのを待ってました。
普通なら、病室まで行って荷物をまとめたりするのですが、
コロナの件で病室には入れないので、
看護師さんが持ってきてくれはりました。

退院の電話がかかってくる前日に、
パジャマの着替えとタオルを1週間分(つまりシャワー2回分)
まとめて持って行ってましたが、結局それは要らなかったです。
余計な荷物を増やすことになりました(^^;

おかんが1階に下りてきたと同時に、
  (ちゃんとシルバーカーを押して、自分で歩いてました)
ホームからお迎えの人が来たので、
おかんはそのままホームの車に乗ってしまい、
話をする間もほとんどなかったです;;;
でも、私のことは覚えてくれてました。

私もホームの車に乗って、一緒にホームまで
付いて行ってあげたいところですが、
私はその車には乗れません。
保険のことがあるので。(事故があったときとか)

ホームの人に、面会のことを聞いたら、
もちろんホームの中には入れないし、
面会も、以前は入り口で少し距離を開けて会えましたが、
今は、食堂の窓越しでしか会えないそうです。
声聞こえるかしらん?
携帯で話せばいいか。。。

こういった施設や病院で、面会制限がある今、
認知症の人が家族に会えないことで、
困ったことになってると、記事がありました。
わかるわ~



昨日は、おかんが、自立型老人ホームから、介護付き老人ホームに
引っ越しの日。

朝から天気が良くて、なによりどした。

運悪く、昨日は、エレベーターの点検日で
10時から11時までエレベーターが運転停止。
数日前に、ホームの月間予定表を何気に見て気づいたので
セーフでした。

10時までに短時間で引っ越しを終わらせるため、
当日までの準備が大変どした。

当日は、運び出すだけにしておこうと、
あちこち掃除しておきました。
特に、洗濯機の下!
10年分の汚れが溜ってるに違いありまへん。
前もって、洗濯機をどけて、下を掃除しておきました。

不用品回収業者の人は、9時過ぎに来てくれはりましたが、
それまでに、だんなと二人で
不用品を全部外に運び出しておきました。
回収業者の人は、エアコンと、天井の照明を外し、
外に出してある荷物をトラックに積み込むだけだったので
半時間ほどで終わりました。
軽トラよりちょっと大きめのトラックかと思ったら、
2トントラック!
荷物全部積み込んでも、スカスカ。

  回収業者の兄ちゃんに、「この時期、忙しいでしょう?」
  って聞いたら、「コロナの影響で、そうでもない」と。
  そうなんやぁ~、だから2トントラック、遊ばせておくの
  もったいないから、来てくれたわけね。

その後すぐ引っ越し荷物を運び出し、
10時に軽トラの便利屋さんに来てもらい、荷物を積み込みました。
その間に、スマホのアプリでタクシーを呼び、
タクシーを待っている間に荷物積み込み完了!
タクシーが来たらすぐ3人で乗って、ホームの人々に見送られて出発!

だんなは途中、家の近くで降りて、家に持って帰る荷物を
持って帰りました。

で、私はおかんと二人で新しいホームへ。
ホームに着いたら、おかんは食堂へ。
私は、そこの施設長さんに手伝ってもらって、
荷物をおかんの部屋まで運びました。
あと、私一人で、小物類を並べたり、服をロッカーに片づけたり。

そのあと、施設長さんと打ち合わせ。

それが終わったので、おかんを部屋に連れて行こうと、
食堂に探しに行ったら、ちょうど昼食が始まる時間で、
食堂にはおかんと同じような白髪のおばあさんたちがいっぱい!
ウォーリーを探せ状態どした。
  このホームの入居者の平均年齢は89歳。
  おかんも89歳。どんぴしゃ(笑)
見つからないので、スタッフの人にきいたら、
トイレに行ったと。

トイレの方に行ったら、中からスタッフの人の声が・・・
「〇〇さん(←おかんの名前)、はい、右向いて下さい・・・」
と、おかんのトイレを手伝ってくれてるようでした。
初めてのトイレは、高齢者には難しいやろなぁ・・・
ボタンの位置とか違うし。

こんなに至れり尽くせりでしてくれはるんや、
と、ちょっと安心しました。

おかんが昼食を食べ終わるのを待って、
部屋に連れて行き、どこに何を置いたか伝えました。
(といってもすぐ忘れるけど・・・)
おかんが何より気にしたのは、
「誰か呼ぶボタンはどこや?」
つまり、ナースコールのこと。
「むやみやたらに押したらあかんで」と注意しておきました。
前のホームでは、押すだけ押して、スタッフの人がきたら、
「押してない」と言うことが度々あったようです。
何か用事があって押すものの、
スタッフの人が来る頃には、押したことを忘れてしまうのでしょう。

家に帰ったのは、午後一時。

帰ったら、いつも通販で買っている化粧品会社から、
誕生日でもないのにお花が届いてました。↓

その通販のサイトに、誕生日を登録してなかったので、
適当に送ってきたようです。
(登録してたら誕生日に送ってくるらしい)

なんか、ええタイミングやなぁ~と思いました。
引越し完了を祝ってくれているようでした。

今日も午前中にまた おかんのところに行ってきましたが、
入院の初日の夜にあったような せん妄 はなかったようです。
それどころか、まわりの人たちとすっかり打ち解けて、
楽しくやってるということなので、安心しました。
おかんが、今の老人ホームに引っ越してきたのは、
ちょうど10年前の3月でした。

自立型(健康型)なので、
介護はしてもらえない老人ホームです。
食事と共同風呂がついたマンションみたいなものです。
健康な人がほとんどなので、老人臭さはありません。

ここがおかんの終の棲家になるかと思っていましたが、
人間、長生きすると、1人では生きていけないものですね。

昨年7月にひどい腰痛になってから、
ひとりではお風呂に入れなくなり、
デイサービスに通うようになりました。

シルバーカーがないと歩けなくなったので、
掃除、洗濯もできなくなりました。

そのうち、薬の管理もあやしくなってきました。

着替えも、かなりしんどそうです。
パジャマに着替えず、下着で寝ています。
もしかしたら、セーターやズボンも脱がず、そのまま寝てるかも。。。
見てないのでわかりまへん。

辛うじて、トイレには自分で行けてますが、
たまにズボンの上げ下ろしができないときがあるようです。

部屋のドアがけっこう重く、
そのうち、そのドアも開けられなくなりそうな感じ。

ということで、
介護付きのホームに引っ越すことにしました。

その日にちが、やっと決定しました。
来週の月曜日です。

今週は、ネットで引っ越し業者や不用品回収業者を
探しまくりました。

希望の日時に来てくれて、なるべく安いところ。
運悪く、引っ越しシーズンなので、混んでいそうです。

一番最初に電話できいた業者は、
引っ越しと不用品回収をまとめてしてくれるところ。
だいたいの荷物の量を言ったら、ざくっと8万円と言われました!
思っていたより高すぎて、びっくり(@_@)

引っ越しの荷物なんて、ちょびっとなんですよ。
↓これら

写し忘れたけど、ここに、洋服が入った手提げ袋が一点あるだけ。



不用品は、大きなものはエアコンと洗濯機とベッドとマットレス。

  テレビとテレビ台、冷蔵庫、長椅子は、
  ジモティで引き取り手を見つけて、
  タダで引き取ってもらいました。

あと、布団一式と、毛布、プラスチック衣装ケース、
照明器具、扇風機、etc...

軽トラに積み放題で11,000円(エアコンも取り外してくれる)
というところを見つけたので、
荷物の明細を送って見積もってもらったら、
軽トラでは載せきれないということで、
少し大きめのトラックで17,000円となりました。

洗濯機がなければ14,000円ということなので、
ジモティで洗濯機の引き取り手を探そうかと思いましたが、
連日の引っ越し準備で疲れ切ってしまい、
もうエネルギーがなく、17,000円で手を打ちました。

引っ越しの方は、ジモティで見つかり、
たった6,600円で運んでくれはることとなりました。

トータルで23,600円。
8万円のところに頼まなくてよかったわ~

今日も、午前中、引っ越し準備に行ってました。
かなり片づけたので、もうあまりすることはないだろう・・・
と思っていたら、あるんですな、これが。

おかんは、なんでもかんでも輪ゴムでとめるのが好きで、
何か輪ゴムでとめたものを、押し入れ(ワードローブ?)に
入れて置いたのでしょうね。
その輪ゴムが古くなって溶けて、
押し入れの棚にこびりついてしまっていたのです。
それも、一ヵ所じゃなく、5~6ヵ所ありました。
ぱっと見たところ、虫がこびりついているように見えて
気持ち悪いので、ドライバーでゴシゴシこすって取り除きました。
なんとかきれいになったけど、
その作業に時間がかかって、クタクタ・・・(^^;
そんなことまでしなくていいのかしら?
でも一応、賃貸物件と同じだから、原状回復しないとあきまへん。

それから、捨てるものとはいえ、ほこりがかぶってたら、
外まで運び出すときに服が汚れるので、
エアコンの室外機とか、洗濯機とか、
ざくっと汚れやほこりを拭いておきました。

引っ越しって、大変どす;;;;
前回のブログでも書きましたが、
おかんが、2月初めから急に食欲がなくなり、
ほとんど食べられない状態が続いていました。

そして、ついに2月19日に入院となりました;;;

食べないので、低ナトリウム血症(血液中のナトリウムの量が少なすぎる状態)に
なっていました。ほっておくと危ないそうです。

色々検査してもらって、結局原因は、
腰痛で整形外科に処方された痛み止めの薬だったようです。
一週間入院してその痛み止めを飲まなかったら、
どんどん良くなっていきました。
で、ちょうど一週間後の水曜日(2/26)に退院となりました。

病院は、私の家から歩いて5分という近いところだったので、
毎日午前と午後に一回ずつ通いました。

↓病院の窓際の廊下。リハビリ用のスペース。


入院してベッドに寝てばかりだと、筋肉が弱って歩けなくなるので、
入院した翌日からリハビリがありました。
おかんの場合は、重症ではなかったので、
翌日から始まったんだと思います。

写真の後ろの方にも写ってますが、
可哀想なくらいヨボヨボの患者さんも、
リハビリしてはりました。
人間、歩けなくなったらおしまいってことどすな。

てことで、このまま無事退院できそうとわかったとき(退院の2日前)、
介護付きの老人ホームに電話して入居したいことを伝えました。
 (その老人ホームは、おかんが入院する前に既に見学に行って
  説明も聞いてました。)

そしたら、その翌日、施設長さんと、その老人ホームの看護師さんが
入院している病院まで、おかんに会いに来られました。
一応、入居する本人を見ておかないと、
あまりにやばい人(どんな人?)だと入居させられないってことなんでしょうね。

幸い部屋は空いていたのですが、
高齢者の場合、突然体の具合が悪くなるかもしれないので、
入居前に、ちゃんと主治医を決めて、
今のかかりつけ医から引継ぎをしておく必要があるということで、
(書類のやりとりだけだと思いますが)
まだ受け入れ体制整わず、転居日も決まっていません。
でも、多分、もうすぐ。

入居する部屋は決まっています。
部屋を見にも行ってきました。

↓4階の南向きの部屋です。 ビジネスホテルくらいの広さです。
fc2blog_2020030117332620b.jpg
電動ベッド、エアコン、照明器具、カーテンはついています。

↓窓からの眺めは、うちのマンションよりいいです。
fc2blog_20200301173355810.jpg
今のホームは、北西の角部屋です。
なので、部屋はあまり明るくないです。
その上、おかんは暗い部屋が好きなので、カーテンも開けず、
電気もつけずに過ごしているようです。
それに、認知症のせいもあって、昼夜逆転状態になってます。
夜中の12時に、昼と間違って、一階の食堂に降りてくるそうです。

この明るい部屋で、昼夜逆転状態が治ってくれるといいのですが・・・

この老人ホームは、私の家から歩いて15分ほどなので、
今のホームより行きやすくなります。

でも、洗濯も掃除もしてくれはるので、
何もすることがないのですが・・・
まぁ、顔を見に行ってあげなくちゃね。

そして、大変なのが、引っ越し。
おかんが入院中も、ホームに行って片付けをしてました。
今日も昨日も一昨日も片づけてました。

なんで、そんな毎日やってるかというと、
2時間くらい動くとしんどくなるので、
少しずつしかできないからです(^^;

おかんは、そんなに荷物は多い方ではありませんが、
それでも、細々したものを、捨てたり残したり、家に持って帰ったりするのは大変;;;

大きな不用品は、最終的には不用品回収業者に処分してもらうつもりですが、
リサイクル料がかかるものなど、ちょっとでも安くしようと、
ジモティというサイトで、タダであげます と掲載したら、
結構たくさん反応がありました。

おかんは、認知症のせいか、テレビは全然見なくなったので、
テレビとテレビ台を持って行ってもらいました。
それから、冷蔵庫も。
プリンとか、冷蔵庫に入れておいても、自分で蓋が開けられないのです。
次に行くホームでは、食堂の共用冷蔵庫に入れておいたら、
スタッフの人がちゃんと食べられるように世話してくれはるそうです。

あともう少しで楽になりそうどす。。。
ほんまに怒涛の2月どした。

WHAT'S NEW?