Photo Gallery

今日は、だんなと祇園にある「漢字博物館」に行ってきました。

一昨年にできたばかりの博物館です。

八坂神社のすぐそばにあります。
元々は、確か中学校があったところです。



今日はバレンタインデーなので、
カップルで行くと一人が入場料タダになる
ということだったので、行ってきました。
でなきゃ、一人800円はちょっと高いような気がする。

平日の午前中だったので、とても空いてました。
ちゅうか、ガラガラ。大丈夫か???

入場料を払って入ると、まずはコレ↓が展示してありました。


毎年清水寺で書かれる 今年の漢字 ですね。現物です。

中は写真撮影OKでした。

漢字タワー↓


てか、柱に漢字が書いてあるの。

教科書では必ず習う
「漢委奴国王印(かんのわのなのこくおうのいん)」のレプリカ
がありました。
IMG_7023_convert_20180214165709.jpg
思ったよりすごく小さいです。

ところで、この印鑑、
「かんのわのなの・・・」だったか、
「かんのなのわの・・・」だったか、わからなくなるんですよね(^^;

全体的には、遊びながら漢字が学べるように色々工夫されてました。
どっちかっちゅうと、小学生向け?
でも、σ(^Θ^)でも十分楽しめました。

↓これもクイズ。けっこう大きなパネルです。

引き出しに漢字が書いてあって、なんて読むのかのクイズです。

引き出しを開けると、答えの品物が入ってます。

炬燵のミニチュアが可愛らしかった^º^

↓寿司ネタの漢字をあてるクイズです。
誰もいないので、遊び放題です(笑)

お寿司屋さんのお湯のみに入って
写真撮影ができるコーナーもありました。

出口のところには、お土産屋さんもありました。
漢字が書いたバッグやハンカチ、Tシャツなども売ってました。
漢字饅頭はなかったと思う。。。

約一時間、たっぷり遊んで帰りました。

京都に来て、お寺も神社も行き飽きた方は、
一度行ってみておくれやすぅ~

Tag:漢字博物館 漢字ミュージアム 漢字タワー 漢委奴国王印 漢字回転すし

2018newyear

恒例の 駄洒落で干支引継ぎ式 どすぅ~

みなさま、今年もしょーもないダジャレにお付き合い、
よろしくお願いします~(^Θ^)v


さて、今日は例年通り、大谷さん(東山五条)に
お参りに行ってきました。

いつもはその後 がんこ で母と一緒に昼食なのですが、
元旦にがんこに行くと、お正月料金で一割増になります。
でも、今はもういつでも行けるので、
何もわざわざ高いときに行くこともないか・・・
ってことで、がんこは別の日に行くことにしました。

なので、今日はだんなと二人で初詣のみ。
せっかくなので、帰りは大谷さんから家まで歩きました。(6kmくらい)

途中、祇園の新橋で、↓こんなもん発見。


どこにでもいるサギ。こんなところにもいました。
じっとして動きません。


そして、さらに御池通りを歩いていると、長蛇の列を発見。
列は、御池通から西洞院通を北に入ってました。

こんなところに何があったかいな?

・・・と野次馬根性がむくむくとわいてきて、
列の先頭を見に、西洞院通に入ってみました。

列は、御金神社(みかねじんじゃ)に参る人々の列で、
100mくらいありました!
金色の鳥居が見えていますが、
御金神社は、お金を祀っている神社ってことで、
最近じわっと人気が出てきてるみたいです。

以前、行ってみたことありますが、
めっちゃ小さい神社です。
しかも、言うたら悪いけど、しょぼ~い感じで、
とてもお金の運がついてくれそうな雰囲気はありません。

この神社、私が勝手に考えた 京都三大がっかり のひとつどす。
あとの二つは???
言うたら嫌われそうなので、ナイショどす(;^_^A

Tag:初詣 干支引継ぎ サギ 祇園新橋 御金神社 京都三大がっかり

昨日も紅葉狩りに行ってきました。

だんなが、鷺ノ森(さぎのもり)神社が 観光客も少なそうで
良さげ というので、行ってみることに。


場所は、詩仙堂や曼殊院などがある辺りにあります。

叡山電鉄の修学院という駅で降りて、山の方に向かって坂道を10分くらい
歩きます。

確かに、観光客は少なめでした。
紅葉もそこそこ見られました。穴場といえば穴場ですね。
それに、神社は拝観料が要らないのが魅力。


↑りっぱなお社もあります。

↓この神社は、この縁結びの石が 売り 有名だそうです。


実は、ここだけ見て帰ろうと思ってました。

でも、すぐ近くに曼殊院があるので、ちょっと入り口まで行ってみることに。
以前に一回行ってるので、今回は中は入ってません。
タダなら入るんだけど。。。(^^ゞ

このお寺も紅葉がきれいなところです。

曼殊院 までは読めますが、その下がわかりません。
「つ」って何?
書をやってるだんなによると、これは「門」という字のくずし字だそうで、
「曼殊院門跡」と書いてあるそうです。

けっこう観光客が来てはりました。
↓この写真を写したときは、たまたまあまり人がいなかっただけ。
manshuin.jpg
中に入らなくても、お寺の周りだけでも紅葉を楽しめます。

このあと、本当に帰ろうと思って歩いていると、
「圓光寺」という道標を見つけました。

圓光寺は、紅葉で有名というのはネット情報で知ってましたが、
あまり聞いたことないし、たいしたことないと思い、
入るつもりはなかったのですが、
とりあえず入り口まで行ってみることにしました。

でも、なかなかたどり着かないので、どっかで通り過ぎたかなと思い、
諦めてバス停まで行こうと歩いていると、見つけました。

だんなはあまり乗り気ではなかったのですが、
せっかくここまで来たんだから、入ることにしました。

全然期待していなかったのが、逆に良かったのかもしれません。
予想以上にすごかったです。

入り口を入って階段を上って行くと、いきなりきれいな紅葉と石庭です。


圓光寺は禅寺です。禅寺って、仏像とかはほとんどないけど、
庭が凝っているお寺が多いですね。


赤いもみじだけでなく、黄色いもみじもたくさんあり、
そして常緑樹もあり~ので、とてもカラフルです。

ところで、紅葉が落ちて地面を覆い隠す状態のことを
敷紅葉って言うようですね。


↑部屋の中から、赤い毛氈ごしに写真を撮ると、
「そうだ京都行こう」のポスターのような写真になるので、
何人かのカメラマンが畳のこちら側でカメラを構えているものの、
そんなこととはつゆ知らない人々が、縁側のところに座らはるので、
なかなか写真が撮れない状態の図。

↓圓光寺のアイドル(?)お地蔵さん

苔に紅葉が映えて、誰が撮ってもすてきな写真になること請け合いです。

このお地蔵さんの前は、写真を撮ろうとしゃがんでいる人々でいっぱいでした。

↓こんな石もありました。

この絵、好きやわ~

↓上の方に上がっていくと、徳川家康のお墓(?)もありました。

圓光寺は徳川家康が建立したので、祀ってるらしいです。
でも、ここは閑散としてました。紅葉少な目やし、
それに外国人観光客からしたら、徳川家康って誰? って感じやろし・・・

  そういえば、平日でしたが、観光客多めでした。
  感覚的には半分以上外国人のような気がしました。
  残りは、仕事をしてない日本人。σ(^Θ^)含む。

高台からは、京都の町がよく見えました~。

これで一万歩くらい歩きました。
疲れたので、この日はジムは休みました。

今日もいい天気でしたが、2日連続はさすがにしんどいです。
う~ん、こんなんじゃ、長い旅行に行けへんやん(>_<)


Tag:鷺森神社 曼殊院 圓光寺 紅葉狩り

ブログアップが少々遅れましたが、
先週の金曜日、御所に行ってきました。



そんなにたくさん紅葉はないと思ってましたが、
御所の中の一角に「母と子の森」という場所があって↓

この辺りがとてもきれいでした。

右の方に写っている小さな東屋っぽい建物は、
子供の本が入っていて、自由に借りられるみたいです。

どこにでもいるサギ↓


御所からの帰り道、偶然豆腐屋さんを見つけました。
豆腐に凝ってるだんなが、豆腐とお揚げさんを買いました。
わりと美味しかったです~。

今日は、圓光寺というお寺に行ってきました。
そのブログは、また明日。
紅葉の季節は忙しい

Tag:京都御苑 御所 紅葉狩り 母と子の森

昨日、天気が良かったので、紅葉狩りへ行ってきました。

真如堂(しんにょどう)という、哲学の道のちょっと西にあるお寺です。
その隣にある金戒光明寺は行ったことありますが、こちらは初めて。

紅葉は見ごろでした
無料ゾーンは思ったより広く、散策を楽しめました。


↑写真を撮るときは、どこで撮ったかわかるように、
一枚はこういう写真を撮るようにしようと思い始めた今日この頃どす。

後で見ても、どこの写真かわからなくなるんですよね~(;^_^A
特にお寺とかって、どこも似たようなもんやし・・・ヾ(-_-;)

10時前に着いたので、観光客はそれほど多くありませんでした。

本堂の奥に、拝観料500円の庭がありましたが、
今回は入らず。。。
そのうち、行くところがなくなりそうなので、
次回に残しておくことにしました。


真如堂を出て、隣の金戒光明寺に行く途中に見つけた
小さなお寺↓

栄摂院というお寺です。

  あとで調べてわかったのですが、
  金戒光明寺の塔頭(たっちゅう)のようです。
    (塔頭:寺院の同じ敷地内にある小寺)

    塔頭だったっちゅうの。

奥の方に紅葉が見え、きれいだったので、
ちょっと入ってみようかな・・・と思ったけど、
入ってもいいのかな・・・とも思い、きょろきょろしてたら、
だんながどんどん奥に入って行くので、ついて行ったら、
志納金を入れる箱があり、
「拝観される方は、志納金をお納め下さい」
てなことが書いてありました。

↑入口から見えた風景はこんな感じ。
わりと良さげ~

そして、誰もいない。

こんなに良い庭に、あんまり少ない金額も失礼かしらん?
でも、まだ奥がどれくらい広がってるのかもわからんし・・・
とりあえず、二人分として百円入れて、
奥の方へ進もうと思ったら、そこで終わり。

↓この庭が柵の向こうに見えただけで、入ることはできませんでした。


これなら二人で百円くらいで充分どした。
  なんて、値踏みする自分がイヤ(笑)

あ、でも、誰もいないところで、ゆっくり庭を眺めるのって、
とてもとても いいものです。非日常です。

そのお寺を出て、またちょっと行ったところにあった小さなお寺↓

これも、金戒光明寺の塔頭だと思われます。
こちらは、入れませんでした。

門と、門の向こうに見える紅葉が絵になります~

そして、金戒光明寺に行きました。
ここのアイドルといえば、アフロヘアの仏さん↓(真ん中奥)


何故、アフロヘアなのかの説明は こちら をどうぞ。

前回行ったときは アフロヘアに気を取られすぎて気づきませんでしたが、
その手前のお地蔵さんの顔がユニークだわ~

そこから、歩いてみやこメッセ(平安神宮の近く)まで。

↓途中で写した八つ橋のお店


みやこメッセでは、
たまたま やってた木彫りの鳥の作品展を見て
 (これがまた精巧にできていて、感心しました)

そこからまた歩いて、↓こんなお寺の前も通り、
二条通りの鴨川近くにあるお寺です。
  これもまた、門と奥の紅葉が絵になります。

途中のスーパーで買い物をして家にたどり着きました。

1万4千歩ほど歩きました。

あ~、疲れた。しんどいにょ~ 真如堂。

Tag:真如堂 紅葉狩り 栄摂院 金戒光明寺 アフロヘア仏

WHAT'S NEW?