Photo Gallery

京都には金閣寺、銀閣寺があるから、
銅閣寺もある?

・・・まさかね。

と思ったら大間違い。

実はあったんですね。(私も最近知りました)

↓ここ、大雲院です。通称 銅閣寺(でもあまり有名じゃない)
  どうよ~

高台寺から石畳の道を通って、
円山公園(八坂神社の東)まで行く途中に直角に曲がった角があります。
その角に高くそびえる謎の塔(てっぺんに鳳凰のようなものがついている)が
あるのは、知っていました。

でも、それが何なのか、あまりよく知りませんでした。

普段は一般公開されていないからです。

でも、この夏、一般公開されていました。
   (9月30日まで公開されています)

なので、昨日行ってみることに。。。。


大雲院は、織田信長と信忠を弔うために建てられた菩提寺です。
元々は烏丸二条にあったのが、寺町四条に移り、
そしてここに移ってきたのだとか。

ここに移ったのが昭和47年。。。ってわりと最近。
なので、お寺は鉄筋コンクリート(外側だけ?)で、近代的。
お寺というより、何かの会館みたいです。

この地は、元々は、大倉喜八郎というめっちゃ金持ちの別荘でした。
(帝国ホテル、大成建設、サッポロビールなどなどを設立、
  いわゆる大倉財閥ってやつです)

この喜八郎じいさんは、
祇園祭の山鉾は、祇園祭のときしか見られないから、
京都に来た人がいつでも見られるようにと、
昭和3年に山鉾を模した塔を作ったのです。

んで、てっぺんについている鳥は、鳳凰ではなく、鶴です。

なぜ、鶴かというと、喜八郎じいさんの幼少期の名前が鶴吉だったから・・・
という単純な理由ヾ(-_-;)

これらのことは、このお寺に入ったとき、
本堂で説明してくれはりました。

パンフレットもらっても、あまり読まないから、
口で説明してくれはる方が、よくわかってうれしいわぁ~

↓この祇園閣の中は写真撮影禁止。
 中だけでなく、上の展望台からの景色も撮影禁止。
 (近所の民家からクレームがあったそうです)


(もうちょっとずらしたら、写真がうまくつながりましたね~)

この建物は、鉄筋コンクリートです。丈夫そう。

内部の壁には、異国っぽい仏画が描かれていました。
敦煌の壁画の模写だそうです。
昭和63年に描かれたそうです。つい最近やん。

上からの景色は、写真が取れなくて残念でしたが、
360度の絶景でした~。風が心地よかったです。

左大文字、船形、妙、法が見えました。
(メインの大文字は見えませんが・・・)


そして、ここには、石川五右衛門のお墓があるのです。


このお寺の一般公開は、今回だけでなくときどきしてはるみたいなので、
機会があれば行ってみてください。

京都を見つくしたつもりでも、
まだまだ見てないところがあることに気づきました。

ここを出た後、どんどんと北に歩き、
↓知恩院さんの中をちょっとだけ通り、


さらにその向こうにある 某所にランチに行きました。

この続きは、また後日。。。。

Tag:銅閣寺 大雲院 祇園閣 一般公開 祇園祭山鉾 大倉喜八郎 石川五右衛門の墓

昨日は、
AKB48よりずっとずっと前から存在した
AKM48へ行ってきました。

AKM48って???


それは・・・





赤目四十八滝
  (AKaMe48)

実際には滝は48もないらしいです。
「とても多い」という意味で48という数字を使うようです。

でもどうして48なんでしょうねぇ~
調べてみたら、けっこう面白いです。
例えば、
こちら (知らない人のブログです)


↓四十八滝の入り口 (入山料400円)

その前に、この入り口の手前にあるお店↓で
Dscn0609.jpg

へこきまんじゅう なるものを買って食べました。
スイートポテトに似た食感と味でした。
   (つまりスイートポテト?)

しかし、名前がインパクトありすぎ(笑)

一番奥の滝まで歩きました。
地図によれば、片道1時間半です。
Dscn0612.jpg
行きは景色を眺めたり、写真を撮ったりで2時間かかりました。
でも帰りはあまり立ち止まらずに歩いたので1時間。
合計3時間で、予定どおりでした。

入り口=サンショウウオセンターです。
Dscn0616.jpg
サンショウウオときくと、
昔のまんが「ナマケモノが見てた」に出てくる
サンショウウオの平吉を思い出します。

どうして、赤目四十八滝に行こうと思ったかというと、
涼しいところに行きたかったから。

昨日が、全体に涼しかったせいもあるのか、
この辺りも、もっともっと涼しかったです~。
温度計では23度くらい。
Dscn0641.jpg


滝を眺めながらのハイキング♪ とても気持ち良いです~。
Dscn0695.jpg

↓このような登り坂もたくさんありましたが、
 ジムでのトレーニングのおかげで、あまりしんどくなかったです。
Dscn0648.jpg

平日でしたが、まぁまぁの人出。
紅葉の季節には、もっと多いでしょうなぁ。
Dscn0649.jpg

滝にはそれぞれ名前がついています。

↓これは、恐ろしい 骸骨滝
Dscn0669.jpg

どこが骸骨? 

多分、↓の赤丸あたりが骸骨っぽいからかな?
Dscn0670.jpg


↓これは荷担滝。
Dscn0673.jpg 
二本の滝が、背中に荷物を背負った時の肩ひもっぽいから?

名前をつけるのには、想像力が必要どす。

道端でカエル発見!  どこにいるかわかるかな?
Dscn0686.jpg

そして、最後はお約束の極楽コース。
 (極楽コース=ハイキング→温泉→ビール)

↓この旅館の温泉を日帰り温泉として利用しました。
Dscn0697.jpg
ここでの食事は、1時半までで間に合わなかったため、
向かいにあるちょっとさびれたヾ(-_-;)
土産物屋兼食堂で、ビール。
そして、かろうじてビールのアテになりそうな
たこ焼きとフランクフルトを注文しました。
  (写真撮り忘れ)

ここへは、近鉄とバスで行きましたが、
ネットで調べているとき、近鉄のお得な切符があるのを発見したので、
その切符で行きました。

最近じわじわと涼しくなってきたので、
やっとおでかけしたい気分になってきました。
さて、次はどこへ・・・


Tag:赤目四十八滝 AKM48 へこきまんじゅう サンショウウオ ハイキング 極楽コース

毎年この時期、京の七夕 というイベントを京都市内のいくつかの会場で
してはります。


そのうちの、堀川会場に昨夜行ってきました。
  (堀川会場のイベントは昨日が最終日でした)

堀川通りに沿って流れる堀川沿いが会場です。
  
川といっても、道から数メートル下がり、
埋め立てられて人口の川のようになってます。
どんなんかと言うと、
  こんな感じ(知らない人のブログ)です。

気候が良い時には、ときどき散歩に行ったりします。


イベントって言っても、暑いしなぁ・・・と思ったけど、
陽が沈んでからならそうでもないかな・・・と、行ってみることに。
午後7時前に家をでました。



実は、このイベントは8年前から始まってて、
一回目のときも、行ってみましたが、
もっとしょぼかったです。まぁ、最初だからね。。。
なので、あれから、行ってません。



でも、今回行ったら、かなり進化してました。
↑こんなイルミネーションもできてたし。(そんなに長くないけど)



人が多いので、ぼんやり上を見ながら歩いていると、
川に落ちるのではないかと心配。

七夕祭りなので、一応↓笹もありましたが、枯れてるし。。。

夜だからそんなに暑くないかと思ったけど、
やっぱり、人があんだけ集まると暑いでした~

もっと人が少なくて、涼しくて、楽しいイベントは
ないもんか・・・・

家でクーラーつけて、テレビ見てるのが一番いいかも。。。
・・・と出不精になるのでありました。



Tag:京の七夕 七夕イベント 堀川通り 人が多くて暑い

先日、伊吹山に行くとき、JR関ケ原駅からバスに乗りました。

↓関ケ原駅 こじんまりした駅です。


バスの時間まで少しあったので、
駅の向かいにあった観光案内所兼お土産屋さんをのぞきに行きました。

全体的に、関ケ原ワールドでした。

↓自動販売機に関ケ原の合戦の絵が・・・


コインロッカーはこんな状態↓


もちろんおみやげも、戦国時代グッズがいっぱい。

戦国時代ファンにはたまりませんな、きっと。



↓目についたのが、これ。「裏切りスナック」
中身は、裏切られて青ざめている武将の形のお菓子だそうです。

でもね、でもね、
多分、わかる人にはわかる面白さだと思うのですが、
σ(^Θ^)には、何が面白いのかさっぱりわかりまへん。

誰が誰を裏切ったん?
小早川秀秋? 誰それ?

そもそも、関ケ原の合戦って誰と誰の戦いで、どっちが勝ったん?
っていうくらい、何も知らないレベルですから・・・

とにかく歴史弱いです。

今年「竜馬がゆく」を読んで、幕末や明治維新のことが
ぼんやりとわかってきた程度です。
そして、歴史ってわかると面白いやん・・・って
ようやく思えてきました。

次は、戦国時代の話でも読もうかな。



ところで、JR関ケ原駅ってJR西日本のエリアじゃないのよね~
JR西日本は、米原まで。
なので、ICOCAが使えませんでした(><)
エリアをまたぐと使えないらしいです。
初めて知った。


Tag:関ケ原 関ケ原駅 関ケ原のおみやげ 関ケ原コインロッカー 裏切りスナック ICOCA使えないエリア

おでかけするのに、近くて涼しいところ・・・
を探していましたが、
やっぱ高いところしかありませんね。

そ、伊吹山。

でも、最近あまりカラッと晴れる日が少なく、
なかなか行けなかったのですが、
昨日、決行しました。

・・・といっても、登山ではありまへん。

伊吹山行きの路線バスがJR関ケ原駅から出ています。
50分で伊吹山の駐車場に到着。

↓ここから頂上まで歩いて40分です。なだらかコースです。

バスに乗っているときは、いい天気で景色も良く見えてたのですが、
駐車場から頂上までは、すっぽり雲に覆われていました。

景色が見えなかったのは残念でしたが、
雨が降らなかったので良しとしよう。

もっちろん、涼しかったどすぅ~
多分、25~6度くらいかな。

平日といえども、まぁまぁの人出でした。
土日はもっと多いやろなぁ~

↓頂上には、レストラン、お土産屋さんがあり、
 あまり頂上という感じがしません。


ん十年以上前に3合目から歩いて登ったとき、
  (当時は3合目までゴンドラがあった)
頂上に着いて、こんなにお店があると知って、
ちょっとショックだったことだけは覚えています。

でも、どんな景色で何があったかとか、全く記憶なし。



・・・てことで、昔のアルバムを引っ張り出してきて見てみたけど、
あの頃はまだデジタルじゃなかったので、
そんなにたくさん写真を撮ってなくて、
あまり記憶の手助けになる情報もなし。。。




やはり、写真は脳の外付けメモリーどすな。

↓頂上で食べた伊吹そば。山菜が入っています。
 温かいおそばを食べるのは久しぶりで、美味しかったぁ~

一番搾り、京都のんしか飲んだことなかったけど、
滋賀バージョンもやっと飲めました。
味の違い? 
う~ん、同時に飲み比べてみないとわかりまへん(^^;)

↓頂上から見える駐車場


↓帰りは、急こう配のコースを通りました。


んで、駐車場にある売店で、ソフトクリームを買いました。

「日本で食べられるのはココだけ!」というキャッチフレーズに負けて、
少々お高かったけど、左の 薬草ソフトクリーム にしました。
あまり薬草の味はしなくて、穀物っぽかった。

そしてそして、
ちょっと前に、京太郎はんのブログ を見て、
私も欲しい! と子供のように思って買ったマクロレンズ。

やっと使える機会ができました。

伊吹山に咲くお花をあれこれ写してみました。
↓カワラナデシコ


スマホやタブレットにクリップ式ではさんで使うレンズです。

京太郎はんは、百均で買ったそうですが、
近くの百均になかったので、Amazonで買いました。
マクロレンズと広角レンズのセットで1300円どした。

でも、見た目、百円くらいの感じのちゃっちさ。
写りも多分、百均のんと違わないと思ふ。
    百均で買えばよかった(^^ゞ


↑これはシモツケソウという花のつぼみ。

伊吹山を代表するお花らしいです。

でも、最近この花が減ってきてるらしいです。
シカなどの野生の動物や、他の植物のせいで。

なので、↓このように金網を張って動物が入れなくしたり、
他の植物を刈り取って、シモツケソウを再生してはりました。


金網の向こうには、シモツケソウがいっぱい咲いてました。


↓この アカソ という植物がはびこっていたので、刈り取ったそうです。
そいや、歩いていると、この植物がやたらに目につきました。
繁殖力が強いみたいです。

いっぱいあるのに、伊吹山の高山植物の一覧に載ってまへん。

アカソはアカンってか?

この植物も、もう少し花が大きくて可愛げがあったら、
繁殖力が強くても大歓迎だったろうに・・・

人間はやっぱりきれいなものが好きなのね。

Tag:伊吹山 伊吹山ドライブウェイ 伊吹そば 高山植物 シモツケソウ アカソ カワラナデシコ マクロレンズ 薬草ソフトクリーム

WHAT'S NEW?