Photo Gallery

先日、あさこはんとこエステに行ったときに
あさこはんのおススメで借りた本↓

あさこはんは、「かずみはんにはあまり関係ない話かも・・・」
って言うてはったけど、なんのなんの、面白かったどすぅ~

面白い本、貸してくれておおきにぃ~(^^)/

久しぶりの一気読みでした。2日で読みました。

何がσ(^Θ^)の心を捉えたかというと、
タイトル通り、お金の話が基本になってるところ。
プラス、それにまつわる心の葛藤。
もうね~、全部あるあるだわ~。

主人公の篤子の舅が亡くなったとき、
お葬式の手配をまかせられ、葬儀屋さんと打ち合わせするシーン。
まずは、棺桶から決めるのだけど、
ピンキリで高いのは50万円、安いので4万円。
葬儀屋さんに勧められたのは下から2番目の12万円の棺桶。
でも篤子は思う。
 ---どうせ燃やすのに、どうして12万円もするのか・・・
 ---12万もあれば、省エネのエアコンのいいやつが買える。
 ---12万もあれば、香港や台湾に旅行に行ける。しかもいいホテルに泊まれる。

こういう発想、私もよくするわ~

 ---自分の親の葬式なら迷う余地なく一番安いのを選ぶだろう。

でも、篤子の夫にはうるさい姉がいる。
このうるさい姉とのやりとりも、妙に現実的で面白い。

この舅のお葬式以外にも、娘の結婚式費用の問題、
夫婦そろって失業などの危機があり、
話の内容は面白いわけではないのに、面白く書いてあるので
どんどん読み進められました。

お金の話ではないけど、
全くその通りだわ~と思った一文。
「若い時は、やりがいだの女性も自立せねばならいなどと、
 高尚なことばかり考えていたが、五十歳を過ぎると、
 そんなこと、もうどうでもいいからとにかく身体を休めたい
 と思うようになっていた。」


この小説の作家、垣谷美雨 という人は初めて知りました。
若い人かな? と思って、表紙の裏の著者紹介を見ると、
ビッタシ同年代。

だから共感する部分が多いのかしらん。

このストーリー、ドラマにしても面白いんじゃないかと
思いました。

Tag:老後の資金がありません 垣谷美雨 文庫本 面白い小説

最近(といってもこの数カ月で)読んだ本を紹介します。



左から、まずは、読みやすくて面白い荻原浩さんの作品。
この「あの日にドライブ」も、期待を裏切らない作品でした。
簡単に言うと、エリート銀行マンがリストラされてタクシードライバーになる話。
ネットでは、「愚痴っぽいおっさんの妄想話」といったレビューがありました。
確かにそうかもしれんけど、最後まで読んだか? と言いたい。
銀行マンやタクシードライバーが読んだらきっと「あるある」って言いそう。

真ん中の「ムボガ」を書いた原宏一さんは発想が突拍子もなくて面白いです。
この本では、いわゆるおやじバンド「コレステローラーズ」(このバンド名にはまりました)
がアフリカの某国で大人気になるのですが、
話は日本の農業問題や外国人労働者問題に広がっていきます。
でも、そんなに堅苦しいものではなく、楽しく読めます。

浅田次郎さんの作品は、面白いというより、
義理と人情の浅田節がBGMで流れていそうな感じです。
これは短編集です。どれも浅田節が聞こえてきます。
昔は短編が好きでしたが、最近はちょっと物足りないかも。
どれもあまり印象に残らないから。

でも、いまだに印象に残っている浅田次郎さんの短編小説があります。
もう何年も前に読んだのですが、
鉄道員(ぽっぽや)に入っている「うらぼんえ」。
また読みたいけど、捨ててしまいました(><)

そして、↓は、百田尚樹さんの「夢を売る男」。

出版社の話です。
これを読む前に、たまたまネットで「校閲ガール」を見たので、
全然知らなかった出版業界のことがちょっとわかったような気分。
あくまでもフィクションなのですが、なんか本当にありそうな話です。


ホリエモンの「刑務所わず。」は、唯一図書館で借りてきた本です。
「わず」って何?と思ったら、なう の過去形 was だそうです。
出所してから書いた本なので過去形。
入っているときは、「刑務所なう」というメルマガを発信してたそうな。
でも、検閲があるからあまり自由に書けないので、
この本で、書きたいことを書いたっちゅうことです。
知らない世界が垣間見れました。
受刑者の体育会系的な上下関係がとても厳しいらしいです。
長くいる人ほど位(?)が上ってことです。
つまり罪が重くて長く入っている人ほどえらいってこと。
なんだかなぁ・・・の世界(笑)

このホリエモンの本を図書館に返しに行ったついでに
借りてきて、今読んでいる本が、
「ちょんまげぷりん」
180年まえの江戸時代から侍がタイプスリップして
現代の世界にやってくる話です。
タイムスリップもんは面白いですね~。
映画化もされたみたい。全然知らなかったです。

しかし、本を読むのも集中力が要ります。
最近は、あまり長く読み続けることができまへん(T_T)
目も疲れるし、頭も疲れる。。。(^^;)

Tag:あの日にドライブ 荻原浩 ムボガ 原宏一 浅田次郎 夢を売る男 百田尚樹 刑務所わず ホリエモン ちょんまげぷりん

・・・と言っても、古本です(^^ゞ

ブックオフが20%オフしてはったので、買ってきました。


以前は、お正月には半額セールしてはったのに、苦しくなってきたのかな?

司馬遼太郎は、「明治という国家」という本を読んで、
ちょっと難しかったので、敬遠してたのですが、
「竜馬がゆく」なら、大河ドラマにもなってるし、人気だし、
σ(^Θ^)にも読めるかな・・・と思って。

歴史が苦手なので、こういう小説は、
ほとんどといっていいくらい読んだことがありません。
でも、最近少し歴史に興味がわいてきました。(今さらかいっ!)
特に、明治時代が面白そう。

   二条城一日城主としては、その辺りの歴史くらいは
   知っておかねば・・・(笑)

少し読み始めましたが、わりと読みやすいです。

でも、この「竜馬がゆく」の竜馬は、
竜の字が違うように、本当の坂本龍馬のことが書かれているわけではなく、
司馬遼太郎が、かなり脚色して書いているので、
本当のことだと思ってはいけないのです。

Tag:竜馬がゆく 司馬遼太郎 明治時代 ブックオフ

久しぶりに、最近読んだ本の紹介どすぅ~

LINEスタンプ作成も一段落し、年賀状も出し終わったし、
今まで読まずに積んでおいた本を読むことにしました。

今日、読み終わった本が↓これです。

中島京子さんの「長いお別れ」


テーマは認知症。
なんかちょっと重い感じがしますが、
全然そんなことなくて、淡々と、ときにはユーモラスに、
あたたかく、そしてちょっと切なく、
認知症のお父さんとその家族のことが描かれています。

読み終わったときは、ちょっとウルウルきました。

σ(^Θ^)の亡き父も、アルツハイマー型認知症でした。
でも、実家に帰るのは年に数回で、ほとんど母が世話をしていたので、
この本に書かれているような大変さは味わってません。
たまに実家に帰った時、普段は無口だった父が、
わけのわからんことを楽しそうに話していたのが印象的です。
何か話しかけると、文字通り、「ボケる」ので
おかしくて、笑ってました。
そんな感じが、この本にも書かれていて、
あぁ、父もこんなだったなぁと思い出しました。

そして、父の認知症で大変な思いをしなかった分、
今、別の認知症でちょっと大変な思いをしています。

うちの猫、ペーです。

この話はまた明日以降に・・・。


Tag:長いお別れ 認知症 アルツハイマー



日の丸っぽいペチュニア

↓これらもまた借りて読みました。



右下の「れんげ荘」は、小説です。
その隣の「れんげ荘物語 働かないの」はその続編です。
ある女性が、40代で会社勤めをピタッとやめて、
安いアパートに住んで月10万円で暮らす話です。

シチュエーションは、私とはかなりちがいますが、
この「働かないの」のサブタイトル(これがメインタイトルか?)は、
σ(^Θ^)の目にストレートに飛び込んできましたがな

会社を辞めた直後の焦りの感じが、共感できた・・・
と言ったのはだんなです。
だんなの場合は、ぴたっと辞めたからね。
σ(^Θ^)の場合は、有休をぽつぽつとりながら、じわじわ辞めたので
無職の環境にはすんなりと慣れました。

その後、会社の人からたまに質問メールが来ます。
すると、ぼんやりしてた頭にスイッチが入ったようになって、
(もしストレスメーターのようなものが背中についてたら、
ぐぐぐぐ~ん と急上昇してる)
緊張感が高まります。
勤めているときは、これが毎日やったんやなぁ・・・。
そんときはあまり意識してなかったけど、
今から考えると、しんどかったかも。

・・・ということで、今の私には、
ぬるくてゆるい生活が必要どすぅ~

そうそう、写真の上の2冊は、エッセイです。
主に、更年期障害の話です。
漢方薬に、ちょっと興味が湧きました。
でも、多分すぐ忘れると思います(笑)
あぁ、でも、なるべく体を冷やさないように、
冷たいもんは飲まないようにしようと思いました。(ビール以外は)

これら4冊はもう返して、
また別の群ようこさんの本をまた4冊借りて読んでます~。

読書三昧で、なかなか部屋の片づけができまへん


WHAT'S NEW?