FC2ブログ

Photo Gallery

以前から、読みたいと思いつつ、ブックオフで手にとっては
やめていた 「恍惚の人」をついに読みました。


先日、メルカリで、有吉佐和子さんの文庫本が 3冊で300円で
売られていたので、思い切って買ってしまいました。

送られてきてから、何故、ブックオフで手に取ってやめていたのか
思い出しました。

字が小さいんです!!
んで、紙も古いので茶色くなってしまってます;;;

こりゃ、最後まで読めるかしらん・・・と思いつつ
読んでみたら、読みやすい内容で(字は小さいので読みにくいけど)
どんどん読み進められました。

さすが、ベストセラーになるだけの作品どす。
映画化もされてますが、見てません。見てみたい。

 

この小説が出たのは、昭和47年(1972年)!!!
なんと47年前です!!! ほぼ半世紀前。

  私が買った文庫本は、平成3年の第29刷のものです。
    (それでも古い)

なのに、内容はそんなに古いように思えませんでした。

   耄碌(もうろく)とか、痴呆といった言葉は、
   ちょっと古いと思ったけど。

1972年といえば、まだ高度成長期の時代で、
高齢者の問題なんて、あったの? と思いますが、
私がまだ子供で知らなかっただけ?

本の中に、
「今から何十年後の日本では六十歳以上の老人が
全人口の80%を占めるという。」
とありました。

   ここで ひっかかったのは、「六十歳以上の老人」
   当時は、60歳はもう老人だったのね;;;

実際にはどうなんだろう? と思って調べたら、
昨年統計で65歳以上が28.1%でした。
80%になってないことに安心しましたが、
それより、60歳で区切ってないことに、ホッとしました(笑)

それにしても、有吉佐和子さん、その頃にもう高齢者問題を予言して、
こんな小説を書いているなんて、すごい! と思いました。

 

でも、当時、いくらベストセラーだからといっても、
まだ小学生だった私は、読まなかったし、
大人になっても、身近に高齢者問題がなければ、読んでもピンとこないし、
面白くなかったと思います。

おかんが認知症に足をつっこんだ今このときに読んで、
めちゃくちゃ刺さりました。
  ほとんどの本は、読んでもすぐに内容を忘れてしまうけど、
  これは、忘れないと思います。

内容は、ざっくり言うと、こうです。

主人公は、認知症になったお舅さんを介護する主婦、昭子。
当時には珍しく、専業主婦ではなく、フルタイムの仕事を持っていて、
仕事も家事も上手にこなす人です。
でも、介護のために、週3日勤務に変えてもらうことになります。

昭子の夫は、自分の親のことなのに、介護には非協力的。
父親の姿を見て、自分も将来こうなるのか・・・と絶望的になるだけで、
何も手伝わない。
こいつが、ほんまイライラするの。
嫌なことは全部妻に押し付けようとする
どこにでもいそうなタイプの夫。
   今の若い人はそうでもないのかしらん?

そして、大学受験を控えた一人息子。
徘徊するおじいちゃんを探してくれたり、わりと協力的。

そして、老人ホームなどほとんどなく、
たとえあっても、家で家族が世話できるなら
その方が老人にとっては幸せ、
誰か(ほとんどは嫁)が犠牲にならなくては仕方ない
という世間の風潮。

老人性痴呆症は、精神病の一種であるとする
知識や情報の少ない時代。

この小説の時代から考えると、今は
介護保険制度もでき、老人ホームもたくさんできたし、
デイサービスとかショートステイとかもあるし、
介護や認知症関係の本もいっぱいあって、
かなり変わってきてると思うけど、
読んでて、古さを感じないのは、
人の気持ちっていうのは そんなに変わっていないから かもしれません。

最近、ブログを書いてまへん。

書こうと思うことが、特にないからどす。

なぜ、書こうと思うことがないかというと、
どこにも お出かけ してないからです。

暑いので、お出かけする気がわきません。

昨年の8月は? と思って、ブログを見ると、
やっぱり、ブログの更新少な目。
  
  8月の最初は北海道旅行をしていたので
  がっつり書いていましたが。

書いている内容も、読んだ本のこととかが多い。

・・・てことで、今日も、読んだ本の話です。

数カ月前に買って、積読してた本を読んでみる気がわいてきて、
やっと読みました。

↓コレです。「さよなら、そしてこんにちは」
 

荻原浩さんの作品は、面白いので ほぼ読んでます。

この本は、短編集です。

一つ目の作品が、表題作で、
葬儀屋に勤める笑い上戸の青年の話。

設定聞いただけで、笑ってしまいそうどす(笑)

葬式の話題なので、「友引」の話が出てくるのですが、
それに続く一文が面白いんです~

********************
 日本は言霊の国だ。昔々のただの語呂合わせが、
冠婚葬祭や行事祭事に幅をきかせる。
男と女の大厄の四十二と三十三だって、
どう考えても「死に」と「散々」から連想しただけ。
「コーディネイトは、こーでねえと」と少しも変わらない駄洒落だ。
だが、迷信だとわかっていても、たいていの人間はやめられない。
「みんながそうしている」からだ。
************************

ちなみに、「友引」の日に葬式を避けるのも、
「友を引く」という語呂合わせで縁起が悪いからということですが、
そもそも「友引」は、「先勝」と「先負」の中間という位置づけだったらしいです。
しかも、六曜の生まれは中国。
日本に渡ってきてから、語呂合わせで「友引」は「友を冥土に引く」と
解釈され、友引の日に葬式を避けるようになったらしいです。

・・・てことを知ったからといって、
じゃあ、友引の日に葬式をする勇気があるかというと・・・

う~む、やっぱり私も日本人、
言霊の呪いにかけられているかも;;;


あ、それから読書関連で、
ネットでこんな↓記事を見つけました。


↓ポイント(抜粋)

■読書の影響を調査した複数の研究報告によると、

   脳波測定の結果、読書経験は長期的に脳へ影響を残していることが明らかになった


■大抵の読書経験については、内容を忘れてしまうことがほとんどだが、

   脳への影響は永続的に保存されている可能性が高い


■フィクション小説は、共感を育てるために有効であり、

   自己の考えの管理や、探求、修正にも有効だが、

   ノンフィクションではこの効果が確認できないという



気に入ったのは、2つめの「内容を忘れてしまうことがほとんどだが・・・」

読んだ本の内容、あまり覚えてないんです;;;
でも、私だけじゃないんや~ と安心しました。

内容を忘れても、
ちゃんと脳への影響は残っているということです。

あ、それから、フィクション読んだ方が、ノンフィクションよりも
共感力を育むそうです。

最近、ノンフィクションを読むことが多いですが、
フィクションも読もうっと。←単純。


今まで、介護なんて全く縁がありまへんでした。
でも、おかんの介護が始まって、わからんことだらけ;;;

ちょっとそっち関係の本でも読んでおくかと、
kindle unlimited でみつけ、何冊か読みましたが、
解説本は、正直言って、あんまり面白くありまへん。

でも、↓この3冊は、わりと面白かったです。ためになりました。
 
  全部、kindle unlimited で読みました。

左端の「親の介護、はじまりました」は まんがです。
実体験に基づく話です。
堀田あきおさん と かよさん というご夫婦(二人とも漫画家)が、
かよさんのお母さんを 遠距離介護する話。

ある日突然、お母さんが足を骨折。
動けなくなって、介護が始まります。
お父さんもいるけど、このお父さんがクセもので、
ちっともお母さんの世話をしようとしない。
おまけに、家をバリアフリーにするリフォームにも反対するし・・・

そうそう、介護認定の面接のとき、見栄をはって
いつもよりできるフリをするというあるあるの話もありました。

あとの2冊は両方とも、介護や認知症の解説本というより、エッセイで、
こちらも筆者の三好春樹さんの実体験に基づくものです。
介護の現場を体験してこられたので、
介護とはこうあるべきだ・・・みたいな理想論や理論ではなく、
地に足がついた体験話が興味深いく、参考にもなります。

そして、もう一冊は、篠田節子さんの小説、「長女たち」です。
  これは、メルカリで中古本を買いました。

3つの短編からなっています。
三作とも、長女が主人公。

ひとつめは、「家守娘」。
実は、まだこの一つ目の話しか読んでません。

この話が、「介護」と「認知症」の話。
ヘルパーも、デイサービスも嫌がるお母さんを
長女が仕事を辞めて介護する話。

妹もいるけど、忙しい家に嫁いだので、
実家には滅多に帰ってこれない。
その妹との関係性も、グチグチと書かれています。
私の場合は、妹がいないので、そういうのはないけど、
世間にはいっぱいあるやろな~と。

ずっしり重い話ですが、
共感できる部分が多々ある話だと思います。


ところで、うちのおかん、初期の認知症です。
とにかく記憶力が全然ありません。
なので、大事なことは、紙に書いておきます。

でも、記憶力以外の考える力は、まだ残ってるので
日常生活には大きな支障はありません。
(小さな支障はありますが・・・・)

それから、脚の痛みは、
かなりマシになってきたみたいです。

でも、痛くないからといって、さっさと歩けるようになったわけではなく、
足腰がしっかりしないので、手押し車につかまらないと歩けない状態です。
確実に、足腰が弱ってます。
でも、年相応ではありますが・・・

自分も、おかんの年齢になったら、こんな風になるのかと恐怖どす。
とにかく、足腰は鍛えておかねば・・・と
ジムには真面目に通っています。

おかんが週3日、デイサービスに行くようになり、
私は残りの週4日、おかんのところに行って、
掃除、洗濯、おかんの着替え、薬の管理などなどをしてます。

当初は、お昼も一緒に食べて、夕方までいましたが、
最近では、9時頃着いて、11時頃に帰ります。
他にこれといって することもないし・・・

週4日、2時間のパートに行っているようなもんどす。

順調にいっているようですが、
そうでもない部分もあります。
話せばまた長くなるので、それはまた今度。

ちょっと前、介護がピークでしんどかったとき、
おかんのホームからの帰りに立ち寄った本屋さんで
たまたま見つけて、ぱっと買った本↓
 

ストレスたまっているときって、衝動買いしますね(笑)

この本では、こんな読み方が良い、あんな読み方が良い・・・といった
本の読み方とか、
こんな本が良い といったおススメ本が書かれてます。
まぁ、普通に How to 読書 って感じの本です。

その中で、目に留まった話は、ちょっと余談として書かれていた
kindle unlimited のこと。

kindle という電子本を読むアプリ(タダ)があります。
それは以前からダウンロードして持ってましたが、
ほとんど使わず。

kindle unlimited に登録すると、
好きな本がそのアプリで読み放題。
1ヵ月980円。最初の1ヵ月は無料。

・・・っていうのがあるのも知ってましたが、
読み放題といっても、読める本は限られていて、
以前ちらっと見に行ったけど たいした本はなく、
無視していたので、存在すら すっかり忘れていました。

今回、またもう一度見に行ったら、
「後悔しないための介護ハンドブック」というのが、
ぱっと目に入りました。
なので、早速、kindle unlimited に登録して、
その本をダウンロードして読みました。

  介護保険の手続きとか、ケアマネージャーの選び方とか
  どういう種類の介護施設があるか・・・といった内容で、
  あまり面白くなかったどす(^^;

せっかくなので、(一ヵ月間はタダで読めるし)
他の面白そうな本を探してたら
「まんがで読破」というシリーズもんを見つけたので、
それも読んでみました。
   武士道、銀河鉄道の夜、人間失格
まんがなので、あっちゅうまに 読めます。


  人間失格は、小説の方も読んだことあるけど、
  いずれにせよ、暗い・・・
  落ち込んでいるときに読んだら、ますます落ち込む危険な小説どす。

で、他にも色々さがしたけど、あまりたいした本がなく、
こりゃ 一ヵ月の無料期間だけで 退会やな・・・
と思ってましたが、
日を追うごとに、(もしかしたらダウンロードするごとに?)
おすすめ本として、どんどん kindle unlimited で読める本が
現れてくるのです。

これは いいかも。

・・・ってことで、外は暑いし、
クーラーのきいた部屋にこもって 読書生活どす。

先日、またあさこはんに借りた 垣谷 美雨さんの
「うちの子が 結婚しないので」
面白くて、どんどん読めました。2日で読めました。
あさこはん、おおきにぃ~

ちなみに、kindle unlimited には 垣谷さんの本は ありまへん。



一昨日、ナチュールに行き、
またまたナチュール図書館で本を借りました。

あさこはん、おおきにぃ~(^^)/

今まで何冊も貸してもらって読んでて、
いつもハズレのない 垣谷美雨さんの本です。
今回は、遺品整理の話です。
 

今年の2月に出版されたので、まだ新しいやつです。

3分の1くらい読みましたが、面白いので、
いっきに読むのがもったいないくらいどすぅ~~

↓内容はこれ

私も今、遺品じゃないけど、おかんのものを整理中なので、
本を読みながら、共感しまくり~

先月、おかんが熱中症にかかってから、
週一回くらいは、おかんのところに行くようにしています。
(今までは、医者に連れていくため、月一回でした)

でも、行っても 掃除するくらいしか することがなく、
手持無沙汰なので、クローゼットの中を整理し始めました。
ホームに入居してから、かれこれ1年が経ちます。
その間、おかんのクローゼットなんて、整理したことありませんでした。

自分の親なのに、こ~ゆ~性格の人だとは、気づいていませんでした。

こ~ゆ~ って、ど~ゆ~???

おかんは、整理できない人 だったのです。

モノを捨てられない性格だとは知ってました。
  この年代の人はみんなそのようですね。
だから、古くなって、もう絶対着ない服や下着も残したまま・・・
というのは、仕方ないとしましょう。

でも、もうちょっと ちゃんと しまおうよ。

クローゼットの中に、半透明のプラスチックの引き出しケースが3つあります。
外から見ると、その中がどうもぐちゃぐちゃのように見えます。

以前は、おかんが「そこは触らんといて!」というので、
ほっときましたが、今回は、強制執行どす。

そのケースは、主に下着とパジャマが入ってましたが、
どれもたたんでなく、押し込むようにぐちゃぐちゃに入っていたのです。
しかも、種類別には入っておらず、夏、冬の下着も混ぜこぜで、
下着だけでなく、ふつうのズボンとかも入ってました。
パジャマの上下も、別々の引き出しに入っていたり・・・
要するに、ごみ箱のようになっているのです。
カオスどす!

「こんなんで、着るとき、探すの大変ちゃう?」
と言うと、
「めんどくさいねん。」と。

いや、探し出す方がめんどくさいと思うけど・・・

「でも、そこの引き出しのは ほとんど着てないし・・・」
という。

じゃあ、着てるのはどこにあるかというと、
その横に、中に何か入ったレジ袋が3つほどあり、
そこに入れてあると・・・。

   引き出しの中を整理するのがめんどくさいので、
   レジ袋に保管という手を使ったようである。

そのレジ袋をあけると、確かに今着てると思われる下着もありましたが、
ボロボロの下着も一緒に入ってました。

まさか、そのボロボロのは着てないだろうと、聞くと、
着てない と。

じゃあ、なんで一緒に入れてあるのだろう?

何を聞いても、「めんどくさい」とか「もう それでええねん」
「あんたが神経質すぎるんやわ」という答えしか
返ってきません。
怒ってるわけではなく、笑いながら。

多分、「捨てるのはもったいない。
でも、別のところに入れるのもめんどくさい」からでしょう。

こっちも、もういちいち聞くのがめんどくさくなったので、
自分の目で確かめて、着てなさそうなのは、
全部処分しました。

さらにびっくりしたのは、タオルをたたまずに、
段ボール箱に、ポイと入れてあるのです。
(洗濯はしてあります)

つまり、せっかく収納ケースがあるのに使わず
(いっぱい要らんもんが入っているので使えない)、
それ以外のところに収納している ということです。

そういえば、私が小学生のころ、家族の下着は、
人別に、風呂敷に包んであって、その風呂敷のすきまから
ひっぱり出して着ていたような気がします。
整理ダンスもあったけど、それを使った記憶はありません。
  あの整理ダンスには一体何が入っていたのだろう???

中学生になってからは、
自分の服や下着は自分で管理するようになったので、
おかんがどんなふうに服や下着を管理していたのか、
気にもしていませんでした。

こういう人やったんかぁ・・・
親子なのに、こんなに性格が違うものなのですね。

   あさこはんと、この話をしていたら、
   あさこはんのお母さんも、似たようなもんだそうです。
   同じ 片づけられない族 のようどす。

強制執行されるのイヤかな~と思ってましたが、
最後は、とりあえずその周辺はきれいになったので、
「すっきりしたわ~」 と喜んでました。

下着類だけでなく、色んなもん整理しました。
(まだ全部は終わってません。)

その中で、新品の品々(もらいもの)を発見しました。
といっても、高価なものではなく、安い小物類。
ポーチやバッグ、エプロン、ひざかけetc...

早速、それらの中で、売れそうなものをメルカリで売ると、
すぐに売れました。

IMG_0626_convert_20190628152128.jpg
↑これは資生堂でもらったらしいノベルティ
500円で売れました。

IMG_0658_convert_20190628152645.jpg
↑これも、どっかからもらったであろう伸びるエコバッグ。
600円で売れました。

最初は、売るつもりなかったんですが、
だんだん自分のもので 売るものがなくなってきたので、
とりあえず出品してみたら、売れました。

メルカリといえば、
例のあの(私の)水着、結局3,000円で売れたようです。
ちっ!
もう少し高く売ればよかった。

これらのバッグが500円や600円で売れるなら、
水着(しかもイタリアのブランドもん)が1,000円っちゅうのは
安すぎますね。
裏事情(20年以上前の商品であること、社販で買ったことなど)を
知ってることが、高い値段をつけられない弱味どす。。。┐(´д`)┌

WHAT'S NEW?