Photo Gallery

↑ストーブ大好き(=^エ^=)

来年の春で21歳になるペーです。

猫も認知症になります。
その症状のひとつが夜鳴きです。

   昼間には数年前から鳴いていたけど、
   夜はあまり鳴かなかったのに・・・。

2週間程前から、毎晩夜鳴きするようになりました。
夜中の2時か3時くらいに、吠えます。
「にゃー」ではなく、「ギャーッ」です。

以前は、ほっといたら鳴きやんで寝てましたが、
今は、しつこくしつこく、σ(^Θ^)が起きるまで鳴きやみません。
30分くらい鳴いてます。

仕方なく起きていくと、鳴きやみます。
声をかけて、抱き上げて、撫でてやったりしてると、
ゴロゴロいうてます。
そしてしばらくウロウロして、また寝ます。
多分、寂しいのか、何か不安になるのか・・・

  一緒に寝てやってもいいんだけど、
  絶対布団に入ってこないんです。
  無理やり入れても嫌がってすぐに出て行きます。

でも、起こされたこっちはたまりまへん。(>o<)
それでなくても、以前から早朝覚醒に悩まされてて、
仕事を辞めてから少しマシになって喜んでいたのに。。。

一旦起きたら、もう眠れません。
でも、そのまま起きてると、一日中しんどいので、無理やり眠ります。
・・・といっても、寝付くまで1~2時間くらいかかります。
なので、最近は起きるのが遅くなってしまいました。
それまでは、6時か遅くとも7時には起きていたのに、
最近は8時くらいまで寝てしまいます。
仕事しながらだったら、倒れてたかも。
仕事を辞めた後で、本当によかった。
しかし、この状態はいつまで続くんやろ。。。^^;

でもまだマシな方かも。
ひどい認知症になると、トイレの場所もわからなくなるとか。
そうなると、もっと困るなぁ。。。

ところで、ペーは、お義父さんがもらってきた猫です。
で、当のお義父さんはその2年後に亡くなってしまいました。
ぺーは置き土産みたいなもんです。
お義父さんは肺癌で、入院して3か月ほどで亡くならはったので
介護というほどのことはしてません。

神様が言いました。
「人間生まれてきたからには、一生のうちに最低一回は
誰かの介護をせなあかんのじゃ。人間と猫とどっちにする?」

それで、私は猫を選んだのでしょう。(いつ?どこで?)

そしてさらに続けて神様が言いました。
「その介護をがんばってしたら、お前の母の介護は免除してやろう」

って、言ってくれへんかなぁ~


先日テレビをみていたら、犬も同じく年を取ると認知症になって
夜鳴きする場合があるんだと。
外で飼っていると、近所迷惑になって大変だとか言ってはりました。
事情があって家で面倒見きれない場合は、
やむなく老犬ホームに預ける人もいるとか・・・
そんなホームできてたんや~
でも、めっちゃ高い。

あ、そうそう、今年の始め、京都の動物園に行ったとき、
ライオンがやたらに吠えていたので、
もしかしてあれもペーと同じ症状かと思い、
檻につけてあるライオンのプロフィールの年齢をみたら、21歳。
帰って、ライオンの平均寿命を調べると、飼育の場合は15~20歳。
てことは、高齢のライオンでした。
このライオンもきっと認知症だわ。
でも、動物園的には、よく吠えるライオンっちゅうのは、
寝てばっかりいるライオンよりいいかも。

Tag: 猫の認知症 夜鳴き 犬の認知症 ライオンの認知症

ペーの寝床は、マッサージチェアの上に
発泡スチロールを毛布でくるんだものを置いてました。

ところが、最近このマッサージチェアに飛び乗ることが
だんだん難しくなってきてました。

先日、夜中にギャーギャー鳴くので、
お腹が空いたのかと思って起きて見に行くと、
エサはまだ入っていました。
なんでやろ?と思って、
抱き上げて寝床に入れてやると、
あっさりと寝ました。

多分、寝床に入れなくて、鳴いていたのかと。。。

ならば、もう寝床は下におろしてやらねば、
ってことで、毛布でくるんだ発泡スチロールを
そのまんま段ボール箱に入れて、
↓ぺーの家を作りました。別名アマゾンハウス(笑)
湯たんぽを入れてやってます。

(しっぽが出てますが、これは中に入りたて状態。
しばらくすると、方向転換して、丸くなります。)

ところが、ゆうべまた夜中にギャーギャー鳴いてたので、
今度は何事かと起きてみると、エサもある、寝床に入れないこともない。
湯たんぽが冷めていたので、熱いお湯を入れてやると、
またあっさりと寝ました。

ほんに、年寄りねこは世話がやけます。┐(´д`)┌

座布団をおいているのは、
少しでも保温するためどす。

近所に、いつも猫がいる所があります。

普段は1匹か2匹くらいしかいないけど、
先日通ったときは、こんなにいたぁ~

見た瞬間、ねこあつめを思い出しました。
でも、もうやってないんやけどね。。。

20歳のペーです。

3年前くらいから、わけもなく激しく鳴くようになりました。

特に、食事のあと。

うちの猫だけかしらん・・・と思って、ネットで調べると、
同じように、老猫の叫びに苦しんでいる人達がいることがわかりました。

原因はよくわかってないようですが、
多分、いわゆる認知症ではないかという見解が多いようです。

最初はうるさいなぁと思ってましたが、
最近は慣れました。

そして、歳とともに、力不足になってくるのか、
鳴き叫ぶ声もだんだん力がなくなっているように思います。
それはそれで、ちょっと寂しいけど。。。

ペーの鳴き叫ぶところを動画に撮って、
You Tube にあげたのに、その後台所リフォームが始まって、
ブログで紹介するのをすっかり忘れてました^^;


でも、これはマシな方です。
もっと激しく鳴きます。






ぺーの寝床の毛布は、以前は人間用の大きなやつだったので、
それにくるまって寝てました。
でも、そこでゲロゲロするようになって、(洗濯できない)
汚れまくったので、この夏に捨てました。

で、ひざかけ毛布に変えました。
夏の間はその上に寝てれば良かったのですが、
だんだん寒くなってきて、やっぱり何かかぶせてあげないと・・・
と思って、ひざかけ毛布をかぶせても、
抜け出るときに、体にまとわりつくし、次に潜り込めません。

そこで、リフォーム(笑)

↓屋根つき




クール宅急便の発砲スチロールのケースが
ちょうどふたつあったので、それをくっつけて、ベッドにし、
そのフタを屋根にしました。

↓内部構造
発砲スチロールは暖かいのだ。

そして、ねこは、狭いところが好き。

これで、まだまだ長生きしそうです。

***********************************

来週月曜日の台所リフォームまでカウントダウン。
3日間台所が使えない=料理ができない ので、
冷蔵庫の中身を減らしていってます。
買い物も計画的に。

冷蔵庫は使えるので、ビールや氷はそのまま。
そうだ! 使い捨てコップ買ってこよう。


WHAT'S NEW?