Photo Gallery

前回のブログの続きです。

城崎温泉旅行の帰りに、城崎温泉駅で
偶然にも、
トワイライトエキスプレス瑞風に遭遇しました!

今年の6月にデビューしたばかりの
あの豪華寝台列車どす!
瑞風1


旅行の2日目、帰りの電車の一時間前位に、城崎温泉駅に到着し、
お土産を買ったり、トイレに行ったりしてました。
何気に、改札口の前を通ると、緑色の電車がホームに止まってました。

おぉ!瑞風やん!
瑞風2

しばらく立ち止まってながめていると、
ドアが開き、その周りに乗務員やコックさんが並び始めました。

駅にコックさんがいると、妙に目立つ(笑)

赤い絨毯でも敷かはるのかと思いきや、そこまではなかったです。
瑞風3

そして、乗客の人々が、降りてきました。

一般の人々なので、写真に撮るのは はばかられたので、
(でも本当は撮りたかった)
文章で実況報告します。

まず、手押し車を押しながらおばあさんが降りてこられました。
おばあさんといえども、きれいな白髪で、
関西弁でいうところの、シュッとしてはるおばあさんでした。

そのあと降りてきたのは、全員年配の方々。
アラセブ(around seventy)くらいかな~
そら、そやろなぁ~ それなら納得できる。
若い人が乗ってたら、ちょっと腹立つ(笑)

駅にいた一般の人々は、当然じぃ~っと見てしまっていましたが、
乗客の人たちは、みんなに見られて、恥ずかしいという感じはなく、
むしろ、堂々として、誇らしげな感じ。
高級感漂ういで立ちで、金持ちの香りがぷんぷんしました。
住む世界が違うって感じ。
普段、そういう人々を周りで見かけないので、
私としては、とっても珍しいものを見たような気が・・・

降りてきはったのは、20人もいませんでした。

友達が、「え?これで全部? 全員降りてきはらへんの?」
と驚いてました。
そうです、それで全員です。
瑞風は、一車両に数組しか乗れないなので、
そんなもんでしょう。

   あとで調べたら、全部で10車両。
   そのうち、乗客が泊まる車両は6車両。
   他は食堂車とかラウンジ、展望車。

そのあと、駅前の休憩所みたいなところで、
150円の缶コーヒーを飲みながら、駅の方を見ていると、
瑞風の乗客の人たちが、駅前に並んで乗務員やコックさんと
記念写真を撮ってはりました。

そして、瑞風と同じデザインの観光バスに乗って、
城崎温泉街へ消えていきました。

そうこうするうち、帰りの電車の時間になったので、
改札を通ってホームに出ました。

↓車両がピカピカで、反射して上手く写せません。
瑞風5

↓この部屋はラウンジのようです。高価そうなソファが並んでます。
瑞風4

ふと見ると、瑞風の出発時刻が表示されてました。
あと1時間くらいしかありませんでした。

つうことは、あのバスではちょっとだけ城崎温泉を見て回るだけだったのね。
外湯めぐりでもしに行かはったのかと思ってましたが、
まさかあのお金持ちの人々が、いわゆる銭湯になんか入るわけないやろ~
・・・などと、友達とわいわい 言うてました。

気になる瑞風の料金は、
一泊二日のコースで、ツインだと30万円/人。
スイートは78万円/人 
ですって・・・・

絶対出せない金額ではないけれど、
一泊二日では、短すぎる~
もったいなさすぎる~(><)

友達と、
豪華な旅に一回だけ行くのと、
普通の旅に何回も行くのとどっちがいいと思う?
なんて話をしてました。
友達も私も、普通の旅に何回も行くのがいい!
ってことに落ち着きました。


Tag:瑞風 豪華寝台列車 城崎温泉

昨年から始まった女子旅行。
今年は城崎温泉に行ってきました。
  (昨年は鳥羽



前回は、2日間とも晴れでした。
そして、今年も2日間ともみごとに晴れました~。

だんなと行くときとは大違い
 (やっぱりだんなは雨男)



2時ごろ到着し、荷物を宿(今回も大江戸温泉)に置いて、
外湯めぐりに行きました。

外湯めぐり用のかごを貸してくれはります。
色違いで借りました。

外湯は7つありますが、
うち、3つはお休み。
残り4つのうち、2つに入りました。

さとの湯(一番人気) と 一の湯 です。

平日なので、どちらもそれほど混んでなくて、
のんびり入れました。

2日目は、きのさきマリンワールドへ。

ペンギンの散歩の動画です。→こちら

5~10分くらいの小さなショーをいっぱいしてはったので、
それを見て回っているだけで、あっという間に時間が経ってしまいました。

昔(ん十年前)だんなと行ったときは、
ただ海の動物を展示しているだけ・・・という感じでしたが、
最近は、どこの動物園・水族館も工夫しているようで、
楽しめました。

そして、今回もいっぱいおしゃべり。
50年間くらいの思い出を共有してるので、
話題に事欠きません。

来年の旅行の行き先も、あれこれ議論の結果、
一応 伊豆に決定。

それぞれの親の介護が必要になる前に、
今のうちに、行けるうちに、行っておかねば~~~

Tag:城崎温泉 女子旅行 外湯めぐり 大江戸温泉物語 城崎マリンワールド

一カ月前くらいから、気候の良い時にもう一度温泉旅行を!
・・・と、計画を練っていました。

5月末から6月初めくらいに・・・と思っていましたが、
あまりにも天気が良いので、前日に宿を予約して、
21日(日)~22日(月)に行ってきました。

一日目は大室山という休火山(といっても、噴火したのは4千年前)に
リフトで上がり、噴火跡の回りを一周(約1km)散歩しました。
DSCN0459_convert_20170524170511.jpg
天気が良いので景色もよく見え、肉眼では富士山がぼんやり見えたけど、
バカチョンカメラ(死語?)で写すのは無理。

大室山のすぐ隣に、シャボテン動物公園があったのですが、
早めに宿にチェックインしたかったので、そちらはやめました。

何故、早めに宿に行きたかったかというと、
宿の中でゆっくりできそうな感じだったのです。

それはどこかというと・・・

きらの里 という まるで田舎のような景色が広がる敷地内に、
古民家のような宿が点在するお宿です。

きっと、田舎に住んでいる人は、
こういうところには泊まりたくないと思います。
昔、田舎に住んでいた人σ(^Θ^)は、こういう景色が懐かしいのです~

「日本の原風景」と、HPに書かれていますが、
まさにそんな感じ。DNAが目を覚ましました。

田んぼがあったので、蛙の鳴き声も久しぶりに聞きました。
蛙って、夕方 日が暮れてから鳴き出すんやったなぁ・・・
と、今さらながらに思い出しました。

ちょうど、1日5室限定の10周年記念プランというのが、
前日予約したにもかかわらず空いていて、ちょっとお得に泊まれました。

そして、2日目は城ヶ崎海岸の自然研究路コース、約5kmをハイキング。
青い空、青い海を堪能しました。

もちろん、アルバムも作りました。

昨日、作り始めたのですが、
どういうわけか、グーグルフォトに写真がなかなかアップできず、
悪戦苦闘していました。
グーグルフォト、嫌い (><)
そんなこんなで、ちょっと写真少な目です。

Tag:伊豆高原 大室山 きらの里 城ヶ崎海岸 温泉旅行

書写山円教寺、赤穂、姫路城 へ一泊で行ってきました。

   「書写山(しょしゃざん)」って
    とても言いにくいです・・・(^^ゞ



一日目は曇りのち晴れ。二日目はずっと晴れ
やっぱり天気は良い方がいい。(当たり前ですが・・・)
予定を変更して、本当に良かったです。

そして、人が少なくて、ゆっくり観光できるのもとてもいい。

京都駅から新幹線に乗りましたが、平日で、通勤時間でもないのに、
京都駅は大混雑。人混み、いやぁ~~~

アルバムを作ったので、よかったら見てみておくれやすぅ~

アルバムの中の写真をクリックすると、
コメントが読めます。駄洒落も少々あり。

バックが白いと読みにくい文字もあります。m(_ _)m

編集もしにくいので、
他に何か良いウェブアルバムがないかと探してみましたが、
いいのが無かったので、今まで使い続けることにしました。

Tag:書写山 円教寺 赤穂 赤穂御崎 赤穂城址 姫路城 好古園

昨日から、一泊で旅行に行ってきました。
さて、どこへ行ったでしょう?
ヒント
↓この人で有名なところ


↓これらの人々は、↑の人の仲間


↓これで もうわかりますね!

WHAT'S NEW?