FC2ブログ

Photo Gallery

今年のお正月休みは、6日までです。
いつもより長いので、前からやろうやろうと思っていたこと・・・
断捨離
を決行です。

これをやるには、まずすることがあります。

本を買うこと。
本を読んで気持ちに火をつけないとなかなかできんのです(^Θ^;)A

一応、本家本元の断捨離の本もありますが、
わたしにとっては何でもよいのです。
家の中を整理したくなるようなことが書いてある本なら。。
ブックオフで200円で買いました。
「捨てる!快適生活」という本を。

目次を読んだだけで、気持ちが高ぶってきました(笑)
そして、パラパラと飛ばし読みしてたら、いよいよスイッチオンです。単純です。

特にこんな言葉に反応してしまいました。

収納は「しまう」ではなく、「出して使うため」にするもの。

そのとおり!
何をしまったのか、忘れてしまってたら、無いのと同じ。

手始めに、収納棚の奥にあった新聞に包んだものを開けてみたら、
要らなくなった食器が・・・(捨てるにしのびなく、残しておいたと思われる)
そこにしまったことすら忘れていました。
これは、何の未練もなく捨てられました。

未練があって、なかなか捨てられない場合は、
「熟成箱」というのを作って、
とりあえずそこに入れておくのもいいと書かれていました。

何を熟成するのかというと、
「処分しよう」という気持ちを熟成させるのです。

未練が多いものは、服・靴・鞄などの身に着けるもの、それから本です。

一度に整理しようとすると、しんどいので、
1日に15分くらいずつ、ぱっぱと捨てる時間をとるのもいいらしいです。
それくらいなら、できそうかも。でもやらないかも。

捨てながら思うのは、買うときは慎重に考えてから買わないとあきませんな。
人生半分以上生きて、やっと気づきました(^Θ^;)A

WHAT'S NEW?