FC2ブログ

Photo Gallery

古~い友達二人が、京都に遊びに来ることになりました。

でも、滋賀からなので、京都はよく来ているから、メジャーな観光地はやめて、
マイナーで人の多くないところを案内することにしました。

まずは、↓千本えんま堂 

この日は、午後1時から狂言をしはるみたいで、舞台が用意されてました。
見てみたかったけど、1時半から和菓子体験を予約しているので、今回はあきらめ~。

次は、そこからちょっと歩いたところにある 釘抜き地蔵へ

↑これは、くぎを抜く「やっとこ」がモチーフのオブジェ(?)

そもそも、釘抜きは、「苦抜き」がなまって釘抜きになったそうな。
えらい違いだと思いますが・・・(笑)

↓釘と釘抜きを御礼として奉納してはります。

ということは、苦がなくなったということかしらん。

その後、千本釈迦堂へ行きましたが、
時間がなかったので、お寺の中までは入らず。

このお寺のすぐ近くにある町家カフェでランチしました。


実家の家を思い出して、ほっこりしました。


そして、バスで二条駅までもどり、和菓子体験のお店へ。

和菓子を作る過程を写したかったけど、
手を消毒した後は、カメラ、携帯、顔や髪もさわってはダメと言われ、
最後の出来上がりしか写せませんでした~。残念。

和菓子作りには、なるほど、そういうコツがあるのね・・・ということを学びました。
簡単そうで、やってみたら意外と難しいです。

そして、ポイントは乾燥させないこと。
手早く作らないと、ごてごて触っている内に乾燥してパサパサになって、不味くなります。

でも、そうはいっても、うちらは初心者なので、先生(職人さん)の話を聞きながら作らなあきまへん。
なので、話を聞いているときは、濡れ布巾を作りかけの和菓子にかぶせてました。
そして、少し作っては、濡れ布巾をかぶせて、次の説明を待ちます。
周りの人がどんな風に作っているか、みんな布巾をかぶせているので、さっぱりわからず。
盗み見ができまへん(笑)

↓できあがり~。4つの内、2つは職人さんが作った見本で、2つは、自分たちの作品です。

右端のんが、σ(^Θ^)の作品ですが、アップの写真を撮り忘れました。

家でだんなに見せたら、一発でどっちがσ(^Θ^)の作品か見破られました(^Θ^;)A
明らかに違うので、誰でもわかります。

最後は、お抹茶を頂き、↓こんな修了証書まで頂きましたぁ~
20140504.jpg

いやぁ~、なかなか楽しかったどすぅ。
これからは、和菓子を見る目がちょっとだけ違うようになるかも。

作った和菓子は、その日の夜に、だんなと二人で全部食べました。
つまり、一人2個づつ。 
2個目は、ちょっと ウッときました。(夕食後の和菓子2個はきついどす;;;)

WHAT'S NEW?