FC2ブログ

Photo Gallery

一昨日の金曜日、二条城の一日城主体験をしてきました~。

一日城主に選ばれた経緯はこちら

一日城主として集まったのは、全部で13人。
遠くは、神奈川県からも来られてたそうです。


主要な箇所の説明を受けながら、進んでいきます。

↑は唐門(からもん)。 
今は、離宮(天皇家の別荘みたいなもん)なので、菊の御紋がついていますが、
元々は徳川家のものだったので、葵の御紋がついていた上からかぶせたそうです。
ふ~ん、そんなこと今まで全然気にせずに見てました。

↓二の丸御殿

↑このおじさんが、二条城を管理している(京都市の)部署のえらいさん。
色々説明してくれはりました。

↓一般の人は入れない庭に入っていきました。わくわく。


・・・といっても、いつも見ている庭をちがう方向から見るだけです。

こちらでも、庭について色々説明を受けました。
日本の特別名勝23庭園のうちの一つだそうです。

特別名勝23庭園 って、そういうのがあったのね。
じゃ、他はどこ? って調べたら、ありました。→ここ
半分以上京都にあるのね。
なので、半分以上行ったことあるわ。これはコンプリートできるかも。。。

ここでは見るだけでなく、
庭にかかる石橋の上に立って、一組ずつ記念撮影をしてもらいました。

次は↓こちら。

清流園にある、香雲亭という建物です。
ここで一服です。お抹茶とお菓子を頂きました。

お菓子は、小倉山の紅葉をイメージして作られたものとか・・・
こんな高級な生菓子は久しぶり~♪ あっさりとして、美味しかったです。
その間、またまた色々説明してくれはりましたが、
美味しいお茶とお菓子に気持ちは集中してしまい、
話の半分も聞いてませんでした(^^;)


このあと、羽織(茶色で無地。地味。期待外れ)を羽織って、
二の丸御殿の大広間(通常は中に入れません。廊下から見るだけのところ)
に入り、記念撮影。
一般のお客さんもいてはるところで、注目を浴びながら・・・
ここでは自分のカメラで写真を撮れませんでした。
記念写真が送られてくるのを待ってます。

その次は、大広間の次の部屋の黒書院という部屋に入り、
全部のふすまを締め切って、(一般のお客さんは、中が見れなくなります。
申し訳ない)ふすまの絵を鑑賞しました。
写真もOKでした。

↓このような状態で、ふすま絵を見るなんて、
 なかなかできるものではありません。

でも、実はこの絵は、原画ではなく、模写なのですな。
こんなきれいな状態で残っているわけないので、当たり前ですが・・・。

↓このあと、その模写の作業場を見せてもらいました。

実際に作業中ではなく、作業場を見て、説明してもらっただけです。
写真は撮れませんでした。
模写といっても、原画をなぞったり、消えて見えないところを描き足したり、
あまり鮮やかすぎる色にならないよう、わざと古びた色にしたりと、
大変な作業のようです。

そして、最後におみやげ↓をもらって、帰りました。
二条城の写真集、キティちゃんボールペン、二条城のキーホルダー、
クリアファイル、メモパッド、足袋型ソックスです。

一人1セットもらいました。
でも、写真集は一家に2冊もいらんのですが、誰か要りませんか?
4年前に江戸東京博物館で二条城展をしたときに作ったもののようです。


うちの裏庭にしようとヾ(-_-;)、寄付した二条城。
まさか一日城主になれるなんて、全く期待していなかったので、
これは降って湧いたような貴重な体験どした~。

一日城主になる可能性の欲しい方は、こちらで寄付すると、なれるかもです。
百万円以上寄付したら、抽選ではなく、絶対なれます。



WHAT'S NEW?