FC2ブログ

Photo Gallery

久しぶりに、最近読んだ本の紹介どすぅ~

LINEスタンプ作成も一段落し、年賀状も出し終わったし、
今まで読まずに積んでおいた本を読むことにしました。

今日、読み終わった本が↓これです。

中島京子さんの「長いお別れ」


テーマは認知症。
なんかちょっと重い感じがしますが、
全然そんなことなくて、淡々と、ときにはユーモラスに、
あたたかく、そしてちょっと切なく、
認知症のお父さんとその家族のことが描かれています。

読み終わったときは、ちょっとウルウルきました。

σ(^Θ^)の亡き父も、アルツハイマー型認知症でした。
でも、実家に帰るのは年に数回で、ほとんど母が世話をしていたので、
この本に書かれているような大変さは味わってません。
たまに実家に帰った時、普段は無口だった父が、
わけのわからんことを楽しそうに話していたのが印象的です。
何か話しかけると、文字通り、「ボケる」ので
おかしくて、笑ってました。
そんな感じが、この本にも書かれていて、
あぁ、父もこんなだったなぁと思い出しました。

そして、父の認知症で大変な思いをしなかった分、
今、別の認知症でちょっと大変な思いをしています。

うちの猫、ペーです。

この話はまた明日以降に・・・。


Tag:長いお別れ 認知症 アルツハイマー

WHAT'S NEW?