Photo Gallery

久しぶりのおでかけです。
・・・と言っても、とても近場です。

歩いて20分くらいのところにある壬生寺の節分祭を見に行ってきました。

壬生寺は何回か行ったことありますが、
節分祭を見に行くのは初めてです。

節分祭は2日から4日までしてはります。

壬生寺では豆まきはしはりません。
代わり(?)に、護摩祈祷が行われます。

↓これが、護摩祈祷が行われるところ。



壬生寺では、炮烙(ほうらく)という素焼のお皿状のものに、
家族の名前や生年月日、願い事を書いて奉納し、
厄除けしてもらうという、このお寺独特の風習があります。

・・・って、知ったように書いてますが、
炮烙のほの字も知らなかったので、ネットで調べました(^^ゞ

炮烙一枚500円。奉納するときに志納金として100円。



午後1時からは山伏の練供養というのがあります。
壬生寺の周りを練り歩くというだけのものですが、
他に見るものもなかったので、どこをどう歩くのか、
ついて行ってみました。

   まるで子供。 
   そいや、子供の頃、
   獅子舞のあとをついて歩いたものでした。

法螺貝を吹きながら歩かはります。
私はホラを吹きながら歩きました。 (ウソ)

↓四条通を西に

  ↑この山伏さんの毛皮のポーチ、かわいい。欲しい(笑)

↓七本松通を南に下がって

  先頭にはかわいいお稚児さんも数人歩いてましたが、
  残念ながら写せませんでした。

30分ほどで 壬生寺に戻ってきて、
これから護摩祈祷の始まり始まり。


お経を唱えるなど、なんやかんやと儀式があります。

↓四方に矢を放ってはるところです。


↓いよいよ火がつけられます。


↓風上にいたので、煙は来ませんでした。


↓左手に積んであるのが護摩木

向こうに見える仏塔と手前の煙が、なんとも非日常感たっぷりです。

俳優の船越英一郎さんが、来てはりました。
↓真ん中の黒いコートの人。

もしかして、この番組用?

さ、今日の夕飯は恵方巻。晩酌のつまみは豆。


Tag:壬生寺 節分祭 護摩祈祷 炮烙 山伏 練供養

WHAT'S NEW?