FC2ブログ

Photo Gallery

前回のブログの続きです。

城崎温泉旅行の帰りに、城崎温泉駅で
偶然にも、
トワイライトエキスプレス瑞風に遭遇しました!

今年の6月にデビューしたばかりの
あの豪華寝台列車どす!
瑞風1


旅行の2日目、帰りの電車の一時間前位に、城崎温泉駅に到着し、
お土産を買ったり、トイレに行ったりしてました。
何気に、改札口の前を通ると、緑色の電車がホームに止まってました。

おぉ!瑞風やん!
瑞風2

しばらく立ち止まってながめていると、
ドアが開き、その周りに乗務員やコックさんが並び始めました。

駅にコックさんがいると、妙に目立つ(笑)

赤い絨毯でも敷かはるのかと思いきや、そこまではなかったです。
瑞風3

そして、乗客の人々が、降りてきました。

一般の人々なので、写真に撮るのは はばかられたので、
(でも本当は撮りたかった)
文章で実況報告します。

まず、手押し車を押しながらおばあさんが降りてこられました。
おばあさんといえども、きれいな白髪で、
関西弁でいうところの、シュッとしてはるおばあさんでした。

そのあと降りてきたのは、全員年配の方々。
アラセブ(around seventy)くらいかな~
そら、そやろなぁ~ それなら納得できる。
若い人が乗ってたら、ちょっと腹立つ(笑)

駅にいた一般の人々は、当然じぃ~っと見てしまっていましたが、
乗客の人たちは、みんなに見られて、恥ずかしいという感じはなく、
むしろ、堂々として、誇らしげな感じ。
高級感漂ういで立ちで、金持ちの香りがぷんぷんしました。
住む世界が違うって感じ。
普段、そういう人々を周りで見かけないので、
私としては、とっても珍しいものを見たような気が・・・

降りてきはったのは、20人もいませんでした。

友達が、「え?これで全部? 全員降りてきはらへんの?」
と驚いてました。
そうです、それで全員です。
瑞風は、一車両に数組しか乗れないなので、
そんなもんでしょう。

   あとで調べたら、全部で10車両。
   そのうち、乗客が泊まる車両は6車両。
   他は食堂車とかラウンジ、展望車。

そのあと、駅前の休憩所みたいなところで、
150円の缶コーヒーを飲みながら、駅の方を見ていると、
瑞風の乗客の人たちが、駅前に並んで乗務員やコックさんと
記念写真を撮ってはりました。

そして、瑞風と同じデザインの観光バスに乗って、
城崎温泉街へ消えていきました。

そうこうするうち、帰りの電車の時間になったので、
改札を通ってホームに出ました。

↓車両がピカピカで、反射して上手く写せません。
瑞風5

↓この部屋はラウンジのようです。高価そうなソファが並んでます。
瑞風4

ふと見ると、瑞風の出発時刻が表示されてました。
あと1時間くらいしかありませんでした。

つうことは、あのバスではちょっとだけ城崎温泉を見て回るだけだったのね。
外湯めぐりでもしに行かはったのかと思ってましたが、
まさかあのお金持ちの人々が、いわゆる銭湯になんか入るわけないやろ~
・・・などと、友達とわいわい 言うてました。

気になる瑞風の料金は、
一泊二日のコースで、ツインだと30万円/人。
スイートは78万円/人 
ですって・・・・

絶対出せない金額ではないけれど、
一泊二日では、短すぎる~
もったいなさすぎる~(><)

友達と、
豪華な旅に一回だけ行くのと、
普通の旅に何回も行くのとどっちがいいと思う?
なんて話をしてました。
友達も私も、普通の旅に何回も行くのがいい!
ってことに落ち着きました。


Tag:瑞風 豪華寝台列車 城崎温泉

WHAT'S NEW?