FC2ブログ

Photo Gallery

昨日も紅葉狩りに行ってきました。

だんなが、鷺ノ森(さぎのもり)神社が 観光客も少なそうで
良さげ というので、行ってみることに。


場所は、詩仙堂や曼殊院などがある辺りにあります。

叡山電鉄の修学院という駅で降りて、山の方に向かって坂道を10分くらい
歩きます。

確かに、観光客は少なめでした。
紅葉もそこそこ見られました。穴場といえば穴場ですね。
それに、神社は拝観料が要らないのが魅力。


↑りっぱなお社もあります。

↓この神社は、この縁結びの石が 売り 有名だそうです。


実は、ここだけ見て帰ろうと思ってました。

でも、すぐ近くに曼殊院があるので、ちょっと入り口まで行ってみることに。
以前に一回行ってるので、今回は中は入ってません。
タダなら入るんだけど。。。(^^ゞ

このお寺も紅葉がきれいなところです。

曼殊院 までは読めますが、その下がわかりません。
「つ」って何?
書をやってるだんなによると、これは「門」という字のくずし字だそうで、
「曼殊院門跡」と書いてあるそうです。

けっこう観光客が来てはりました。
↓この写真を写したときは、たまたまあまり人がいなかっただけ。
manshuin.jpg
中に入らなくても、お寺の周りだけでも紅葉を楽しめます。

このあと、本当に帰ろうと思って歩いていると、
「圓光寺」という道標を見つけました。

圓光寺は、紅葉で有名というのはネット情報で知ってましたが、
あまり聞いたことないし、たいしたことないと思い、
入るつもりはなかったのですが、
とりあえず入り口まで行ってみることにしました。

でも、なかなかたどり着かないので、どっかで通り過ぎたかなと思い、
諦めてバス停まで行こうと歩いていると、見つけました。

だんなはあまり乗り気ではなかったのですが、
せっかくここまで来たんだから、入ることにしました。

全然期待していなかったのが、逆に良かったのかもしれません。
予想以上にすごかったです。

入り口を入って階段を上って行くと、いきなりきれいな紅葉と石庭です。


圓光寺は禅寺です。禅寺って、仏像とかはほとんどないけど、
庭が凝っているお寺が多いですね。


赤いもみじだけでなく、黄色いもみじもたくさんあり、
そして常緑樹もあり~ので、とてもカラフルです。

ところで、紅葉が落ちて地面を覆い隠す状態のことを
敷紅葉って言うようですね。


↑部屋の中から、赤い毛氈ごしに写真を撮ると、
「そうだ京都行こう」のポスターのような写真になるので、
何人かのカメラマンが畳のこちら側でカメラを構えているものの、
そんなこととはつゆ知らない人々が、縁側のところに座らはるので、
なかなか写真が撮れない状態の図。

↓圓光寺のアイドル(?)お地蔵さん

苔に紅葉が映えて、誰が撮ってもすてきな写真になること請け合いです。

このお地蔵さんの前は、写真を撮ろうとしゃがんでいる人々でいっぱいでした。

↓こんな石もありました。

この絵、好きやわ~

↓上の方に上がっていくと、徳川家康のお墓(?)もありました。

圓光寺は徳川家康が建立したので、祀ってるらしいです。
でも、ここは閑散としてました。紅葉少な目やし、
それに外国人観光客からしたら、徳川家康って誰? って感じやろし・・・

  そういえば、平日でしたが、観光客多めでした。
  感覚的には半分以上外国人のような気がしました。
  残りは、仕事をしてない日本人。σ(^Θ^)含む。

高台からは、京都の町がよく見えました~。

これで一万歩くらい歩きました。
疲れたので、この日はジムは休みました。

今日もいい天気でしたが、2日連続はさすがにしんどいです。
う~ん、こんなんじゃ、長い旅行に行けへんやん(>_<)


Tag:鷺森神社 曼殊院 圓光寺 紅葉狩り

WHAT'S NEW?