FC2ブログ

Photo Gallery

うちの猫、ペーが本日旅立ちました。21歳8か月くらいでした。
(「くらい」というのは、生まれた月日がはっきりわからないので)

3日前から全然食べなくなって(少しだけ水は飲んでたけど)、
歩けなくなったかと思うと、すぐに座ることもできなくなり、
伏せの姿勢でじっとしてたけど、そのうちそれもできず、
ぐったりと横たわってしまいました。

あれよあれよと言う間に衰えていきましたが、
最後は苦しむことなく、静かに息をひきとりました。

在りし日のペー↓
peh01.jpg

・・・といっても、実は、息をひきとる瞬間はいつだったのか
はっきりわからなかったのです。

ずっとそばについてたんですけどね。

ときどき口をあけてあえぐように息をしてたのが静かになったので、
もう逝ってしまったの?と思って、心臓の鼓動を確かめたら、
そのときはまだ小さく動いていました。
でも、しばらくして、次に確かめた時には、もう鼓動はなくなってました。

亡くなる瞬間って、痙攣したり、大きく息をしたりするって聞いたことあるので、
そうなのかなと思ってたけど、本当に静かに眠るように逝ってしまいました。

苦しんでほしくないと思ってたので、良かったです。
大往生ですね。
老衰の場合は、あまり苦しまないらしいです。

これも在りし日のペー↓
peh04.jpg

それと、夜中じゃなくてよかったです。午後2時半くらいでした。

昨夜は、3時と4時に起きて(勝手に目が覚めるんです)
ぺーを見に行ったら、2回とも寝床の箱から出て、
フローリングに横たわってました。
箱に戻したけど、どうしても箱の中は嫌みたいなので、
最後は床に毛布とタオルを敷いてその上に寝かせておいたけど、
それも嫌で、自力でフローリングの方に体をずらして寝てました。

在りし日の魚をねらうぺー↓
peh03.jpg

さきほど、北白川にあるペット霊園に電話しました。
明日、連れて行ってきます。

今夜は、お仏壇の前に箱に入れて寝かせてあります。
保冷剤も入れました。
暑い夏でなくて良かった。

↓一番元気があった頃のぺー ドアを開けるのです。
peh02.jpg
壁紙はボロボロ。

数カ月前から、歩くのもおぼつかなく、
食べる量もどんどん減っていってたので、
覚悟はしてましたが、
実際その日がやってくると、悲しくて、寂しいものです。

一応まだぺーは、うちにいるので、
ときどき顔を見てますが、見るたびにウルウルします。


Tag: 大往生 老衰 臨終

WHAT'S NEW?