FC2ブログ

Photo Gallery



京太郎はんの情報のおかげで、なんとかとれたチケットどすぅ~
昨日、行ってきました~。

予約時間は11時半。
10時半すぎに着いたので、少しあたりをうろついてから、
11時10分ごろ入り口に行ったら、
 (↓太陽の塔の入り口は裏側にあります)

ちょうど、「11:30予約の方をご案内します~」って声が聞こえました。
早めに行って良かった。
お客さんはまだ5~6人しか来てはりませんでした。

↓入り口にあったパネル


もちろん、内部は撮影禁止どすぅ~

チケットを渡して、中に入ると、薄暗い中に
お面などの展示とちょっとおどろおどろしい音楽。

しばらくそれを見て、さらに奥にすすめるのかと思いきや、
そこでストップ。

「20分から16人づつご案内します」ということだったので、
しばらくそこで並んでいたら、だんだんとお客さんが増えてきました。

早かったので、最初の16人のグループに入れました。
ほとんど、同世代か少し上の方々でした。

グループに一人ずつ案内係の女性がついて、
説明してくれはります。

当時はエスカレーターで上がっていったところを、
階段で上がっていきました。

上がれる内に公開してくれはって、よかった~
当時、30歳くらいの人たちだったら、
ちょっとしんどいんちゃうかなぁと思いました。

σ(^Θ^)は、小学生のときに学校から見に来てて、
太陽の塔も入りました。記憶もぼんやりあります。
でも、だんなは万博は来たけど、太陽の塔は入らなかったって。

そうそう、当時、塔の一番上の顔の目のところから
赤軍派の人が顔をだしていたのも直に見ました。
クラスの男子が、「がんばれよ~」って手を振ってたけど、
何をがんばるのか、わけわからず言うてたんでしょうね。
私も、赤軍派の意味がさっぱりわかりまへんでした。
今でもあんまりよくわかりまへんが・・・(^^;

ところで、案内係の人は、
万博のときには生まれてもいなかった若い人。
説明を受けていたのは、万博を知ってる世代。
なんか変な感じでした(笑)

できれば、万博経験者に(当時のコンパニオンなら尚良し)
説明してもらったら、もっと盛り上がるのではないかと思いました。
でも、当時のコンパニオン、仮に20歳だったら、今は68歳かぁ・・・
一日に何度もあの階段を昇り降りするのは、
ちょっとしんどいかもね(^^;

太陽の塔は、好きだし、芸術的にもすばらしい作品と思うけど、
さて、後続の世代が残していこうと思ってくれるかどうか・・・
私ら世代にとっては、日本の成長と繁栄の象徴みたいなもんだし、
太陽の塔を見ると、当時の興奮や熱気がよみがえってくるけど、
知らない世代にとっては、単なる歴史の一コマでしかないものね~。



↑チューリップの丘では、チューリップが見頃でした。

普通なら、まだ桜が咲いている時期・・・ということで、
一応桜祭りだったので、屋台がたくさん出てたけど、
桜は完全に葉桜でした;;;

屋台の一つ、↓ここで、ぽーくフランクと塩タン串を買って、

別の店で、ノンアルビールを買って、広場のテーブル付きベンチで
食べました~
まずくはなかったんだけど、ぽーくフランクが妙に脂っこいと感じたのは、
歳のせいか???(^^;

このあと、エキスポシティの方に行ったら、
(エキスポシティは初めて)
いっぱい色んなレストランがあったので、
そっちで食べればよかった・・・と後悔しました。

来月また友達と行くので、そのときはそっちにしよう。

ところで、エキスポシティの写真はありまへん。
そのときすでに疲れていたので、
写真を撮る気力がありませんでした(-_-;)

Tag:太陽の塔内部公開 万博記念公園 エキスポシティ

WHAT'S NEW?