FC2ブログ

Photo Gallery

やっぱり京都は暑いどすぅ~

夏は、旅行というより、避暑に涼しいところに行きたいなぁ・・・

さて、旅行のブログで書き忘れたことを 書いておきます。

北海道開拓の村の、マッサンの撮影にも使われたニシン御殿で、
ボランティアのおじさんが色々説明してくれはりました。

Dscn1847.jpg 

ここには、ヤン衆(ニシン漁をする男たち)が60人ほど生活してて、
そのまかないは、3人の女の人がしてたそうです。
それはそれは忙しかったそうです。
一日中、ご飯を炊いてたそうです。

北原ミレイの 石狩挽歌 という歌がありますが、
その中の詞で、

♪雪に埋もれた番屋の隅で
 わたしゃ夜通し飯を炊く♪

っちゅうのんがあります。

今までは、特に意識してませんでしたが、
その話を聞いて、なんで一晩中飯を炊いていたのか、
なるほど~ と納得しました。

 

  ↑の写真は、炊事場です。右のはしごをあがったところが
   炊事係の女たちの部屋。
   夜ははしごを上げて、誰も入って来れないようにしたそうです。
   まぁ、危険っちゃあ危険やわな。

こういう展示物を見るだけでなく、
説明してもらうと、さらに印象に残ります。

*****

ホテルの部屋に↓こんなものがありました。

Dscn1651.jpg 

スマホです。

外に持って行ってもいいそうです。

でも、自分のスマホを持ってる人は自分のを使うだろうし、
スマホを持っていない人は、使い方がわからないから
使わないだろうし・・・

無用の長物ではないだろうか・・・と思いました。

ちなみに、使おうとしましたが、よくわからないので、
使いませんでした(^^;

*****

ホテルのコインランドリー。
Dscn1685.jpg 

旅行で使ったのは初めてです。
  (お母んが入院してたときに一回だけ使ったことあるだけ。)

着替えをたくさん持って行くのって大変だし、
やっぱり便利です。
ちなみに7日間の旅行で持って行った着替えは3日分。

持って行った・・・というか、送ったんですが・・。

今回初めて、荷物を往復宅急便で送りました。
Dscn1915.jpg 
↑昨日帰ってきた荷物。

4日に出して、6日に到着。早いです。

これは、ほんまに便利だと思いました。
特に、飛行機を降りた時、荷物を待たなくていいので、
千歳空港では、飛行機を降りて10分でJRに乗ってました。

100サイズ(縦横高さの合計が100㎝以内)で、
京都から北海道までの往復で4000円程。
でも、同じホテルに泊まってないと使えませんが・・・

*****

↓伊丹空港に到着直前の景色
Dscn1913.jpg 

住宅が密集してます。

いつも思うのですが、パイロットの人は、
伊丹空港に着陸するのは神経使うやろな・・・と。
滑走路ぎりぎりまで家が建ってるんですもん。


Tag:石狩挽歌 ニシン御殿 ホテルのスマホ 往復宅急便

WHAT'S NEW?