FC2ブログ

Photo Gallery

京都御所の、紫宸殿(メインの建物)の奥に描かれた絵が
今だけ(11/1~5)見られるというニュースをたまたま見つけたので、
ほな、人が少なそうな月曜日(今日)に行ってみよかと、
今朝行ってきました。

↓紫宸殿
 

普段はこの中に、
高御座という天皇はんが座らはる椅子が置いてあるそうですが、
来年の即位の儀で使うから、今東京に持って行ってはるらしい。
なので、その奥に描いてある絵が見られるということどす。
 
見られるゆうても、近寄りすぎると角度的に見えなくなるので、
少し後ろに下がらんとあきまへん。
すると、遠すぎてぼんやり見えるだけ。

ま、そんなにめちゃくちゃ興味があるわけではないのでヾ(-_-;)
ふ~ん の世界。

でも、紫宸殿にここまで近づけるのは今だけでした。
前に来たときは、こんなに近くまで来れなかった。
と、だんなが言ってました。
私ははっきり覚えてません(^^ゞ

   私の外付けメモリー(写真)を見たら、
   ちょうど2年前の11月3日に御所に行ってました。
   そして、もう少し離れたところから写してました。


何が描いてあるのか、↓このようなパネルの説明がありました。
 

昔々の中国の有名人が描かれているらしいです。

15番の太公望は聞いたことあるけど、それ以外は全く知りません。
中国の歴史まではまだ興味が及びません。
やっと、日本の明治維新あたりがわかってきたばかりです;;;

 

けど、日本の天皇さんのお家なのに、なんで中国の人たちが
描かれてるのん? 歴史的人物やから?

ところで、御所は2年前から、いつでもタダで入れるようになりました。
 

きれいなお庭もあるし、
大きな建物もあるし、
見応えがあります。

 

今日は、少し人が多かったですが、
嵐山とか清水寺とかの有名な観光地ほど混んでません。
京都観光の穴場どす。

あ、でも今は、修理中の建物や門がたくさんありました。
オリンピックまでには修理終わるのかしらん? 関係ない?

Tag:京都御所 賢聖障子 紫宸殿 京都観光穴場

WHAT'S NEW?