FC2ブログ

Photo Gallery

一昨日の金曜日から一泊で、恒例の女子旅に行ってきました。

イツメン(いつものメンバー)は、4人ですが、
今回は、残念ながら3人でした。

旅行前から、メンバーのうち二人は、
もしかしたら行けなくなるかも・・・という可能性はありました。

ひとりは、高齢のお母さんが
旅行の二週間前に入院して、かなりやばかったのですが、
なんとか病状もそう悪くなく、入院したままだったので、
(退院してはったら、逆に難しかったかも)大丈夫でした。

もうひとりは、妹さんのだんなさんが末期がんで、
先月中ごろ、あと一ヵ月と、余命宣告されてしまわはりました;;;
ちょうど旅行とかぶるかも・・・と心配してました。
直前まで体調もよく、外出で家に帰ったりしてはったので、
旅行の2日前の夕方、「なんとか行けそう」と友達からもLINEあったのに、
それを書いた直後、妹さんからその友達に訃報が・・・
タイミングがすごすぎ・・・

うちらくらいの年頃になると、
若い時のように、何の心配もなく遊びに行ける ということが
少なくなってきますね。

これからは、どの旅行も、貴重な旅行です。
もっと言うなら、毎日が貴重な日々どす。

さて、話は旅行に戻り、
岡山から特急に乗ったら、外側は普通の列車だったのに、
乗ったら、うちらの車両だけあんぱんまん車両でした。

壁とシートがあんぱんまんだらけ。
↑昼食は、岡山駅で買ったお弁当

↓瀬戸大橋。
 

1時過ぎに琴平駅↓に到着しました。
 
朝 京都では、雨が降ってましたが、こちらでは青空が見えてました。

駅からホテルまで徒歩で5分くらいなので、
荷物をホテルに預け、ホテルで杖を借りて、いざこんぴらさん!
 

本宮までは785段です。45分くらい。(奥社までは1368段)

今のこの年齢なら、余裕で登れます。
10年後はわかりまへんが・・・(^^;

 
↑本宮の展望台。

5年前にだんなと来たときは、ここから先の奥社まで登りましたが、
そこには、特にこれといったものもないし、
しんどいので(←こちらが本音)、ここまでで やめときました。

下りるとき、500段目にある資生堂パーラー 神椿↓に入りました。
IMG_0886.jpg
ぱっと見ぃは、眺めもよく、小洒落た雰囲気だと思ったのですが、
値段の割には、セルフだし、テーブルの並べ方も きつきつだし、
つっこみどころ満載のもにょもにょなカフェどした。
でも、空いていたので、女三人がまったりと話し込むには
最適なところだったかも~

4時過ぎ、再びホテルに到着。
↓ホテルのロビー
 

部屋の写真を撮り忘れました(^^; ・・・が、
12.5畳の、よくある和室の普通の部屋でした。

温泉は、バラ風呂が素敵でした。
ベルサイユな気分。
男湯の方にもバラ風呂があるのだろうか・・・
いや、殿方はそんなもんには感動しないだろうから、
ないのでは・・・と思いましたが、本当のところは謎のまま。

夕食は、結婚式の披露宴もするのだろうな・・・と思える大広間で。
 
↑お品書きの最後に、「讃岐うどんはご自由にお召し上がりください」
とありますが、こんだけ食べた上に、無理(>_<)と思ったけど、
友達2人が食べるというので、私も少しだけ頂きました。

 

夕飯後は、部屋でまたまたおしゃべりタイム。
12時に寝ました。

翌朝は、6時過ぎに起き、温泉に入り、
↓朝食バイキング
 
このトレーは、めちゃくちゃ滑り止めが効いていて、
食器がぴったりとくっついて動きません。

2日目は、予定では栗林公園に行くことにしていましたが、
片道1時間近くかかるし、帰りの電車は琴平駅を午後1時45分発なので、
よく考えたらあまり時間がありません。朝も早く起きなあかんし・・・
あまりバタバタするのもイヤだし、のんびり旅行にすることにして、
栗林公園はやめることに、
昨夜の会議(?)で決めました。

ということで、琴平の街を散策することにし、
まずは、こんぴらさんのすぐ近くの金丸座へ。
日本最古の芝居小屋です。
4月には、ここで本格的に歌舞伎もしはります。

この中は見学できますが、前回だんなと来たときは、
朝の散歩で来て(泊まった宿のすぐそばだった)、
時間が早く、まだ開いてなかったので、
今回は見てみたいと思ってました。

 
・・・が、行ってみると、
何故か入場券を売っているところが閉まっていて、
小屋の前には人が並んではりました。

何事があるのだろう・・・と思い、聞いてみると、
この日は偶然、ここで歌舞伎が行われると・・・

ふと横を見ると、↓このような旗が・・・
 
友達が、「市川中車って、有名なあの人やん!」
と言うのですが、私は歌舞伎ってよく知らないので
誰だかさっぱりわかりません。
もう一人の友達がスマホで調べると、香川照之さんではありませんか~。
その人なら、私でさえ知ってます。
えぇ~っ! そんな有名な人が来るのん?
めちゃ本格的やん。これはチャンス!
是非見てみたい!と興奮して、友達がさらにスタッフの人に
聞きに行くと、無料で入れると言われました。
でも、途中で退席してはいけないとも言われました。
夕方の4時まであるそうです。
帰らなきゃいけないので、そんなにいられまへん。

でも、そんな有名な人が来るのに無料って
おかしくない?・・・と冷静になり 辺りを見回すと、
ふと横の看板が目につきました。↓
 

〇〇歌舞伎保存会というのが目に入り、
なぁ~んだ、保存会の人たちがやる歌舞伎やん
と気づきました。
急に冷めて、立ち去ることにしました。
(有名人が見たかっただけの単なるミーハー (^^ゞ )

私たちの会話を聞かれてたら、
めちゃ恥ずかしいところでした(;'∀')

しかし、あの旗はまぎらわしい。

でも、4月の歌舞伎のときには、
実際にあの旗に書いてある有名な人々が来てはったようです。
入口に写真がありました。

その後、鞘橋という、屋根付きの橋を見に行きました。↓
 
そういえば、前回来たときも、これ見たわ~
と、記憶がよみがえりました。
それまでは、この橋を見たことすら忘れてました。

↓高灯篭 1860年完成したんですと。
 
内部には、江戸時代の人々の落書きが残っているそうな。
でも、中には入れないので、見られません。

↓参道にある造り酒屋の資料館 無料なので入ってみました。
 

伏見にある酒蔵とよく似てました。

↓当時を再現するマネキン。 私の好きなやつ。
 

ランチタイムになりましたが、
朝が遅かった(8時~9時)し、バイキングで一杯食べて
お腹が減ってなかったので、↓でお茶することに。
 
こんぴらさんの石段の入り口にある、こんぴらさんとは思えないヾ(-_-;)
ヨーロッパ風(?)のカフェ。

私は昨夜アルコールを飲まなかったので(飲むと眠れない)
ここでノンアルじゃないビールを飲みました。
 
このカフェは、飲み物とスイーツだけなので、
ランチタイムは、お客さんが少なく、ゆっくりおしゃべりできました。

宿に荷物を取りに戻り、(宿が近いのは便利どす)
駅に向かいました。

↓宿のロビーにいたペッパー君と。
 

↓私が買ったお土産
 
そら豆、ピーナッツ、イカ天はだんなに。
えびちりめんは自分用(カルシウム)。
プレミアム焼ぽてと(お菓子)は、おかんに。

今日、おかんにこのお菓子、一個だけ持って行きました。
次回もう一個を持っていくつもりです。
何故、2個いっぺんに持って行かないかというと、
おかんは、一個食べたことを忘れて、
数時間後・・・いや数十分後にまたもう一個食べてしまい、
お腹いっぱいになって、昼食や夕食が食べられなくなるからです。

次回、この同じお菓子を持って行っても、
始めて食べる気分で食べるのだろうなぁ・・・
それは、幸せなことでも あるような、ないような・・・

WHAT'S NEW?