FC2ブログ

Photo Gallery

最近の京都の観光地は、外国人観光客でいっぱいどすぅ~

嵐山もそのひとつ。
でもね、同じ嵐山でも、空いている穴場スポットもあるのですよん♪

二週間前に嵯峨野の方に行ったばかりですが、
今日は、桂川をはさんで反対側に行ってきました。

↓渡月橋 空は真っ青!
fc2blog_20191010145648464.jpg
↑誰も歩いていないように見えますが、人がいないところをねらって
写したから。本当は、この辺りは人が多いです。

渡月橋を北から南に渡り、
桂川に沿って川上の方向に、歩いて行きます。

途中、モンキーパークもありますが、今日はそこへは行きません。

 

5分も歩くと、もうそこには観光客はあまりいません。

 

川も、午前中は静かでした。
このあと、保津川下りの船や、手漕ぎボートなどが増えてきます。

渡月橋から20分くらい歩いて、途中から階段をずんずん上がると、
千光寺というお寺があります。

だんなが、以前、川の反対側の展望台から眺めてたときに
見つけたお寺で、一度行ってみたいと思ってたそうです。

拝観料400円を払って入ると、全然お寺らしくありません;;;
本堂は伊勢湾台風で壊れてしまったそうです。(大昔やん)
小さなあばら屋に本尊の千手観音像と、創建者の角倉了以の像が
あるだけ。

ここで、400円返せ! と思ってはいけません。

そばに、建物があり、展望室になってます。
中は12畳くらいの広さ。↓
 

見晴らしがとても良いです。
ここがあるなら、400円でもしゃーないかと思えます。

 
ベランダも出られますが、木造なので、ちょっと怖い。

数組、観光客がいましたが、全部外国人。
お寺の人によると、7割くらいが外国人だそうです。

部屋の端っこに 長~~~~~~~い そろばん 発見!↓
 
外国人が見ても、そろばんを知らなかったら、感動せえへんやろな。。。

もっと驚いたのは↓これ。 単なる三重塔ではありまへん。
 

近くで良~く見たら・・・
 
全部、そろばんでできてます~

この千光寺は、そろばん上達のお寺と呼ばれているそうどす。

さて、帰りは、渡月橋とこのお寺の中間くらいにあった
↓このお店に立ち寄りました。
 

絶景を眺めながら、ビールを飲もうという魂胆どす^^

 
ちょっとした おつまみもありますぇ。

ノンアルがなかったので、普通のビール。
 
おでん、いかやき、焼きそばを注文して、軽くランチ♪

店の真ん前にボートが3隻あって、
となりの客はよく柿食う・・・じゃなくて、
となりの客(外国人)が、そのボートに乗るのはいくら?
と店の人に聞いて、無料だとわかったので、興味が湧き、
さらに詳しく聞いてみました。

通常は、川の向こう岸にボートが置いてあり、
それに乗ってこの店に来てもらい、帰りは歩いて帰ってもらう
ということになっているらしい。

うちらは、歩いて来たので、帰りはボートで向こう岸に
行ってもいいかと聞いたら、ええよ~ と言ってくれはったので、
ボートに乗ることにしました。

でも、だんなはビール以外にも日本酒を飲んでいたので、
酔っぱらってボート漕げる? 
乗り降りのとき、ふらついてひっくり返らへん?
と思ったので、私はちょっと反対しましたが、
だんなは、大丈夫大丈夫といって、乗りたがったのです。

 

ちょっと酔っぱらっているので、操縦があやしい。
保津川下りの船も通るし危ないのよ~
後ろ向きで漕がなあかんので、私が「もっと右、もっと左」と言って
誘導しました。

問題は、到着後。
 
↑最終的には、ボートをこのように砂浜に止めたらいいのですが、
乗ったままで、ここまで乗り上げることはできまへん。

誰も、ボートを引っ張ってくれる人もおらんし、
砂浜近くまで来たら、だんながボートから降りましたが、
砂浜まで届かず、川に足がつかってしまいました~~~;;;
びしょびしょ。

だから、こっちから乗って、向こうに着くことにしてるのかな~

↓看板には「向岸の茶店にお越しのお客様は この黄色のボートを
       ご利用下さい」とあります。
 
でも、乗るときも、誰も手伝ってくれる人がいなかったら
難しいのではなかろうか・・・(慣れてたら簡単なのか?)

ていうか、こんな看板あっても、初めてだったら、
気軽に「じゃ、乗っていこうか」と思わないのではないだろうか・・・

で、ここから亀山公園を通って、竹の道を通って、帰りました。
↓相変わらず、竹の道は混んでます。
 

家には2時前に到着。(出かけたのは10時前)
でも、ちょっとした旅行に行ってきた気分(*^^)v

WHAT'S NEW?