FC2ブログ

Photo Gallery

数カ月前から、おかんが食堂の紙ナプキンを必要以上にとってきて、
輪ゴムで丸めてシルバーカーのポケットに入れるようになりました。

それがたまってくると、部屋のテーブルの上に置いておくのです。

なんでそんなにとってくるのか聞いたら、
「また要るかもしれんし・・・」って言うのですが、
部屋には箱のティッシュペーパーがいっぱいあります。
押し入れに5つセットが3~4セットあります。
だから、必要ないのに・・・。

あるとき、おかんの部屋のトイレに行くと、
その紙ナプキンが置いてありました。
もしや、トイレで使ってるのか???
それはまずい。詰まってしまう。

トイレではトイレットペーパー以外は絶対に使ってはいけないことを
何度も何度も懇々と説明し、トイレにも
「トイレットペーパー以外は使ってはいけない。詰まります。」
と貼り紙をしました。

そして、部屋にあった紙ナプキンを全部持って帰りました。
  捨てるのもったいないし、
  掃除するときにでも使おうかと・・・(^^ゞ

それで、トイレで使うことはなくなったようですが、
それでも、また紙ナプキンは集めてきます。

↓2~3日間でこれくらいたまりました。

なんで、こんなに集めたがるのか、認知症と関係があるのか
ネットで調べたら、
認知症とオオアリクイなのです!!!

このサイト に書いてありました。

「紙類」を代表とした収集癖は認知症にみられる症状の一つです。

その理由は、

1)ものがあったことを忘れてしまい、集める
2)もったいない性分で集める
3)不安を解消するために集める
4)代償行動として集める

だそうです。

おかんの場合は、多分 2)のもったいない性分
だと思います。

認知症になる前でも、ひも類や、紙袋、プラスチックのトレイ、
コンビニでもらう割りばし、スプーンなど、
そんなに要らんやろ・・・と思うくらい置いてありました。
おかんを介護し始めたとき部屋を整理していっぱい見つけたので
全部捨てました。

そういったものは、今は自分で買い物など行けないので、
貯まることもないのですが、
紙ナプキンは、ホームの食堂にあるので、
どんどんとってくるのです。

最初の頃は、何度「取ってきたらあかん!」と言っても
全然聞いてくれないことにイライラしてましたが、
あぁ、認知症なんだ・・・と諦めがつきました。
それに、ハウス長さんも、それが認知症の症状のひとつだと
わかって、認めてくれてはります。(トイレでさえ使わなければ)

デイサービスでも、最初のうちは、テーブルに置いてあるティッシュペーパーを
まとめて10枚くらいごっそり取ってきてましたが、
デイの連絡帳にそのことを書いたら、ほとんど取ってこなくなりました。
多分、テーブルにティッシュの箱を置かないようにしたのではないかと思います。
(デイだから、他にも似たような人がいるような気がします。)

収集癖への対応ですが、さきほどのサイトでは、

集めた物が不衛生・危険だったり、他人の物でない限り、
無理に処分や回収は行わないのが原則です。

と書いてあったので、回収するのはやめました。

どれくらい紙が貯まっていくか、
楽しみにすることにしました(笑)
写真に撮って報告します(^^)/

WHAT'S NEW?