FC2ブログ

Photo Gallery

先日の日曜日に、大学時代のクラブ(人形劇部)の仲間たちと
同窓会をしました。

私を含めて5人の予定でしたが、残念ながら そのうちの一人が
当日の2日前になって、親戚の不幸で来れなくなってしまいました;;;

  同じようなことが、昨年10月の友人たちとの旅行でもありました。
  そういうことって、不思議と重なるんでしょうか・・・

仕方なく、4人で京都で会いました。
2人は福井から、1人は大阪からです。

まずは、母校へ行ってみました。

17年ほど前にも同窓会をして、そのときにも母校へ行きました。
そのときは、母校はそれほど変わってなかったのですが、
今回は、大きく様変わりしてて、懐かしいと思えるところは
ほとんどなくなってました( ノД`)

↑辛うじて、懐かしさが残る三叉路。

いつもクラブの練習をしていたピロティと呼ばれる
人口芝生の広場は、まぁ~~~ったく変わってました。
小さなステージと、ビニールの屋根はなくなり、
↓こんな豪華な建物が建ってました。
人口芝生は少しだけ残ってました。
両脇の校舎も全面的に建て替えらえてました。

 来れなかった友達への私信:
  右側の校舎はうちらの学部があったところで、工事中。
  その奥の食堂や部室の建物はなくなってました。
  それ以外にも、図書館や、なんちゃらホールなど、
  新しい建物がいっぱい建ってました。

こんなに変わってしまったら、
もう自分の通ってた大学って気はしないです。
寂しいなぁ・・・

そう思うと、建物や景色が ず~っと昔のまま残っているのって
貴重なことなんだなぁと、思います。
昔からあるものを、なんちゃら遺産だとか、重要文化財だとかにして
残そうとする意味がわかってきました。

夕飯は、ホテル近くの↓このお店へ。
京都の雰囲気たっぷりの町家レストラン。
  (こういうのも、残して欲しいです。既に残すことになってます。)
個室に案内されましたが、入り口が小さくて、4畳半くらいの
元々茶室だったところです。ほっこりします。
食事も美味しかったです~。

5時に入って、出たのは9時。
4時間も話してました。
そりゃ~、二人とは17年ぶり、もう一人(前回の同窓会には来れなかった)
とは、25年ぶりの再会ですから・・・
積もる話がないわけがありません。

翌日は、御所にある迎賓館に行きました。

  私以外の3人は、御所は初めてだそうです。
  学生時代にも御所は来たことないんだって!
  せっかく京都にいたのに。。。
  若い時は御所とかお寺なんて興味なかったもんね。

ただいま迎賓館では、天皇皇后が即位記念パレードで乗られた
オープンカーが絶賛公開中どす↓
↑パレードのときはナンバープレートの代わりに
 菊の御紋がついてましたのよ。


迎賓館は、4年前の実験的公開のときに一度来ているのですが、
今回は、ガイド付きで入ったので
 (この日はガイド付きでしか入れなかった)
色々説明してもらえて、前回来た時には気づかなかったことも
わかってよかったです。

↑ホテルでいう、ロビーみたいなところ。

ソファや調度品の説明を聞きました。
細かい話は忘れましたが(^^;
とにかく贅の限りを尽くして、京都の伝統技法を
生かして作った代物であることがわかりました。

↓一番広い部屋。藤の間。
天井照明は、三段重ねになってますが、
これは、伸ばしたりひっこめたりできるそうです。

壁面の絵は、綴織りという織物だそうです。
藤の花言葉は、「歓迎」。だから藤の絵にしたのね。

↓桐の間。和の晩餐室です。
畳の中央に線が入っている理由を説明してくれはりましたが、
この頃になると、集中力がなくなってきて、半分上の空でした(^^;
とりあえず、すばらしい畳だそうです。

庭の池には鯉がいましたが、寒いのでほとんど渡り廊下の下に隠れていました。
外国の国王などのお客さんが来ると、ここで鯉のえさやりをするんだと。

そしてこの後、次回はあまり期間を開けずにまた会いましょうと約束して
解散しました。
20年後なんて言ってたら、もうこの世にいないかもしれません。
10年後でもやばいかもしれまへん;;;

たった4年間(今から思えば「たった」)の学生時代でしたが、
中味の濃ゆ~い4年間だったように思えます。
そのときの友人たちとは、卒業後はほとんど会ってないのに、
時間がワープしたかのように、昔のまんまの感じで話せました。
外見はみんなそれなりに変化した(「老けた」ともいう)けど、
声や話し方、性格などは、いくつになっても
あまり変わらないもんなんですね~

友達って、本当に良いものです。
歳を重ねた今となっては、特にそう思います

WHAT'S NEW?