FC2ブログ

Photo Gallery

一昨日、日帰り温泉に行ってきました。
初めてのところです。
最近、あちこちの日帰り温泉(またはスーパー銭湯)に行くのに
凝ってます。(ゆうても、月に一回くらいですが)

11月の終わりには、城陽市にある ここ に行きました。
外観が旅館みたいで、お風呂も良かったです。
でも、ちょっと遠かったです。

今回は、京都の南の方にある ここ に行きました。
地下鉄の駅から歩いてすぐなので行きやすいです。

そこに行く前に、付近を散歩して、
とあるお寺でみつけた猫さん↓ カメラ目線。
fc2blog_202001111047213c6.jpg

で、この日帰り温泉、けっこう古いです。

日帰り温泉のほとんどのシステムは、
まず履物を靴のロッカーに入れて、
そのカギをフロントに渡し(人質ならぬ靴質どすな)、
その代わりに更衣室のロッカーのカギをもらうという方式です。
従って、もらったカギの番号のロッカーしか使えません。

でも、ここは、靴のロッカーの鍵は自分で持ち、
フロントでは更衣室のロッカーのカギは渡されず、
更衣室に行って、好きなロッカーを使えるという形です。
但し、ロッカーは百円を入れないとカギがかけられません。
でも、その百円はカギを開けた時に戻ってきます。

事件はここから始まります。

平日の3時頃なので、それほど混んでいませんでしたが、
湯舟は小さめのが色々あって、そのひとつひとつに
数人ずつ入ってはったので、あまり空いているという感じはしませんでした。
平日のこんな時間に来る人、けっこういるんだなぁ・・・という印象。
ほとんどが高齢者。
そういう私も予備軍ですが(^^;

さて、お風呂を上がってきて、普通に着替えていました。
更衣室は、そんなに混んでなく、私が使ってたロッカーの並びは
誰もいない状態。

そこへ、ひとりのおばさん(私より一回りくらい上)が
私のそばへきて、すぐ隣のロッカーを開けて荷物を入れました。
他に空いているロッカーがあるのに、
なんでこんなすぐ隣のロッカーを使うんやろ? と
ちょっと鬱陶しく思いながら着替えていました。

なんですぐ隣のロッカーを使ったのか、
その理由が、すぐにわかりました。

なんだと思います?
ヒントは、すでに↑に書いています。

百円を入れるロッカーです。

カギを開けると、百円戻ってくるのですが、
お風呂から上がってきたとき、
髪を乾かしに洗面台に行くときにまた閉めるから・・・
と、戻ってきた百円玉を、そのまま戻り口に
置いておいたのです。

さぁ、髪を乾かそうと、ロッカーのドアを閉めるとき、
百円玉がなくなっていることに気づきました。

まわりには、となりに来たおばさん以外誰もいなかったし、
ロッカーを開けてからは、ずっとその場にいました。
百円玉の戻り口は、簡単に百円玉が落ちる構造ではないので、
落ちてもいませんでした。

どう考えても、そのおばさんが盗ったとしか思えません。
わざわざすぐ隣のロッカーを使ったのは、
百円玉を狙ってたのだわ・・・

こういうのを状況証拠っていうんでしょうか?
(刑事ドラマや弁護士ドラマで覚えた言葉)

決定的な証拠がないので、絶対このおばさんが犯人と
決めつけられないのが残念でしたが、
腹の虫がおさまらないのと、
こんなことを言ったら、どういう反応をするのか興味があったので、
そのおばさんに向かって
「すみません、ここにあった百円玉知りませんか?」
と言ってみました。

もし、何もしていないのに、そんなことを言われたら
戸惑い、驚き、怒ると思います。
でも、そのおばさんは、私の目をじっと見返してきました。
そして、数秒間二人で睨み合って沈黙。
これはもう絶対このおばさんが犯人だと確信しました。
しかも、常習犯だと思います。
そして、そのおばさんは、シレっと、
「さぁ、知りませんよ」と・・・。

むっかぁ~~~~<`ヘ´>
いらんこと言わへんかったらよかった(-_-;)
でも、常習犯の反応は、普通の人とは違うということが
わかりました。

仕方ないので、もう一枚百円玉を出して
ロッカーを閉め、髪の毛を乾かしに洗面台に行きました。
おばさんは、風呂に入って行きました。

そのあとすぐ、スタッフの人が更衣室に来て、
見廻っている感じだったので
(もしかしたら、このような被害がよくあるのかも・・・)
あったことを伝え、
そして、どのロッカーを使っている人かも伝えておきました。

あとで、ふと思ったのですが、
もし、私が洗面台にいくとき、ロッカーを開けたままに
してたら、もっとやばかったかも。
たいていは、そういうときはカギをかけますが、
たまにめんどくさくなって油断するときもあるし・・・

みなさんも、気を付けて下さいね~
悪いことをするやつは、意外と身近にいますよ~
今回は、百円の被害でよかったです。


WHAT'S NEW?