FC2ブログ

Photo Gallery

山中温泉に行って、2ヵ月が経ち、
またまた温泉行きたい病が出てきました。

一泊で行けて、温泉に入れて、海が見れて、ハイキングもできて、
美味しいものも食べられるところ・・・

ってことで、今回は鳥羽へ! 
20日(月)~21日(火)で行きました。

天気の良い日を狙っていたので、宿も電車も予約は前日にしました。


しまかぜは、もう2回乗ったので、今回は伊勢志摩ライナー。

伊勢や鳥羽は何回も行ってるので、その観光地はほとんど行ってしまってますが、
てくてくまっぷという、近鉄沿線ハイキングマップを見て、
ちょっとマイナーなところも行ってみようかな・・・と思ったので、
こちらに決めました。

このコースが6kmで、ちょうど良い感じのコースです。

鳥羽湾を見下ろせる展望台2ヵ所と、
あとは小さな神社やお寺を巡るコースです。
正直言って、地味です。


鳥羽駅から100m程歩いたところに、↑このような看板があって、
ここからハイキングコーススタートです。

少し上り坂が続きます。

とても、鳥羽って感じがしないところです。
ちなみに、誰もいませんでした。

でも、見晴らし台まで来ると、
登ってきたな~という感動が味わえます。(大げさ?)
 10分ほど歩いただけです。

↓幸せの鐘まであるのだよ。

このあと、小さな神社とお寺を地図の通りに歩いて見て回りました。
(長くなるので省略)

が、そのあと道に迷い、次のさらに高い展望台には行けず、
近道をして、鳥羽城跡に行きました。


石垣だけが残る鳥羽城です。

↓ここにお城があったんやなぁ・・・という感じの広場。

誰もいません。静かです。

三階建ての天守閣が建っていたそうです。

眺めのいい天守閣だったと思われます。

↓こんな景色が見られました。

この城跡は、ちょうど、鳥羽水族館の向いです。

そのあと、鳥羽市民の森公園というところまで、国道をてくてく歩きました。
ここには、小動物がいる動物園(無料)があり、
エサやりもできるということで、
エサやり好きのだんなが、是非行きたいというので、行ってみました。

でも、観光客が行くようなところではありまへん。

ヤギが3匹いました。
エサが売ってるわけではなく、その辺の草や 木の葉をやってください
と書いてあったので、落ちていた木の枝を拾ってきてやってみたら、
食いつく食いつく。

よく食べてくれると、エサのやりがいがあります。

だんなも、満足したようでした。

↓クジャクもたくさんいました。ニホンザルもいました。


ここも、うちらだけの独占状態。

バスで鳥羽駅まで戻り、駅からすぐのホテルへ。

↓戸田家というホテルです。

↑この像は、海女さんの像のようですが、
なんだかとってもB級の香りが・・・(笑)

↑の写真でもわかりますが、
ホテルのてっぺんに回転展望レストランがあります。
夕食はここで頂くプランを選びました。
回転展望レストランなんて、なんかレトロな感じ。
でも、良い景色を眺めながらの食事って、ええやん、と思って
このホテルに決めたのですが、考えがちょっと浅はかでした。
理由はあとで。

↓ここにもペッパー君がいました。
  (女子旅で行ったこんぴらさんの宿にもいた)


ここの宿に決めたもうひとつの理由は、温泉が色々あるということでした。
夕食前には、まず内風呂に入りました。(露天風呂は別のところにある)
でも、この内風呂は、シンプルすぎて、つまらなかった。
露天風呂に期待して、とりあえず夕食。

回転展望レストランです↓

夕食は6時から。
日の入りが5時過ぎ。
窓からの景色は、手前に灯りのついた建物と、
遠くは、真っ暗な海が広がるだけ・・・

そう、あまり展望台の価値がありまへん。
もっと日が長いときに来るべきでした(^^;

6時からのお客さんは4組しかいませんでした。
 このホテルはバイキングもあるので、そちらの方が多いのかも。

そして、レストランは、回転するはずなのに、全然回っていません。
「お客さん少ないし、辛うじて眺めの良い方向で止めておかはんのやわ。」
「山側の方に回ったら、何にも見えへんしな。」
と、二人で納得することにしました。

食事は、珍しいものが多く、どれも美味しかったです。↓前菜


↓伊勢えびのお造りなどなど。

伊勢えびの殻がすごい!

食事を始めて、数十分程して、料理長が挨拶に来られました。
そして、「この展望台は、3時間で一周しています。」と。
え?回ってるの?

あまりにゆっくりで、音も揺れも無いので、止まっているものだと
思い込んでいました。

でも、そう言われてよく見ると、柱の位置が微妙に違っているし、
外の建物の位置もちょっと違ってました。

願わくば、回転していることを黙っていて欲しかった。
そしたら、どの時点で気づくか、自分で知りたかったどす。

テーブルの横は、↓こんな風にオープンキッチンになっているので、
fc2blog_20200122144744d74.jpg
これが移動してたら、絶対わかるはず。
でも、最後まで気づかなかったら、ちょっとやばいかも。。。(笑)

翌朝。曇っていたので、日の出はあまり見られませんでしたが、

うっすらと空が明るくなっていくのが見えました。
盆地で、しかも東の空が見えない部屋に住んでいると、
こういう景色に感動します。

最初、この部屋に通されたとき、
「この窓からは、夕日がみえるの?それとも朝日?」って思った私はアホでした。
日本地図を頭に浮かべれば、東なので朝日に決まってるではありまへんか。

朝は、露天風呂へ。
ここは、景色もよく、雰囲気もよい感じで、満足でした。
露天風呂に覆いかぶさるように木があったのですが、
その木の上に、なんとお猿さんが二匹!
湯気が温かいので来るのでしょうね。
しばらくして、子供連れの人が入ってきて、
子供達が大声でワイワイ騒ぐので、猿たちは逃げて行ってしまいました。
私も退散しました。

朝食は、バイキングです。
夕食が美味しかったので、ちょっと期待しましたが、
色々種類はあったのもの、メインのおかずがなく、ちょっとがっかり。

私が一番気に入ったのは、席に置いておく席取りのカード。
せきとりくん というキャラクター の絵が描いてます。
「席取り」と「関取」の駄洒落どすな。
外国人にはわからんやろなぁ・・・

あ、この宿も、外国人観光客いましたよ。
そう多くはなかったですが。

2日目は、特に行きたいところは無かったのですが、
せっかくここまで来たのだから、お伊勢参りはしておこうか・・・
と、まずは二見浦へ。
鳥羽からJRで8分で行けます。

↓この電車に乗りました。

事件はここで起こりました。(また事件かい!)

でも、その事件に気づくことなく、二見浦で降りました。

二見浦の駅は、夫婦岩をイメージしてるのね~ なんて、
気楽に写真を撮ったその数分後に、気づきました。

背中が軽い。

リュックを背負ってない!

そう、電車の網棚に置いたまま、忘れてきたのです!

だんなは、「なんでそんなもん、忘れるねん」 と、
びっくりと、笑いがとまらない って感じでした。

幸い、貴重品はショルダーバッグに全部入れていたので、
リュックは、着替えや化粧品など、たいしたものは入っていません。

ともかく、駅に戻って(駅は無人)、駅の壁に貼ってある
連絡先を探し、電話しました。

でも、電車は2両編成で、運転手しか乗っておらず、
走行中には確認できないということでした。
ということは、その電車は名古屋まで行ってしまうので、
名古屋到着が2時間後くらい。
それまで、連絡を待つしかありません。

でもまぁ、盗られたとしても、たいしたものは入ってないから、
(メガネとiPadの充電器が困るけど)
焦る必要はありません。

電話を終えて、だんながタバコを吸ってるところに行くと、
リュックの中をゴソゴソしてました。
電子タバコの充電用コードを、ホテルの部屋に忘れてきたそうです。

  ブルータス、お前もか・・・・

朝、そのコードが無造作に置いてあるのを見て、
「これ、忘れたらあかんで」と、言ってたのに・・・

すぐにホテルに電話し、確認してもらったら、ありました。
着払いで送ってもらうようお願いしました。

夫婦そろって、どんくさい旅行となりました。
今まで、旅行中に忘れ物をすることは全然なかったのですが、
そろそろ脳が衰えてきたかしらん。



その後、二見浦を歩き、夫婦岩も見たりしてましたが、
二人とも、忘れ物をしたことで頭がいっぱい。
そして、お互い責めることもできず、もやもや・・・(笑)



ここは、滞在時間は短く、すぐにバスで内宮に行きました。



平日なのに、参拝客はたくさんおられました。
日本人は信仰深くないって言いますが、そうでもないと思います。

あちこちの観光地では、外国人が多いですが、さすがにここは
ほとんど外国人は見ませんでした。

↓おはらい町。 このあと、おかげ横丁へ行きました。


おかげ横丁で、お昼を食べようと思いましたが、
あまりお腹が減っておらず(朝のバイキングでいっぱい食べたから)
帰りの電車に乗る前に、伊勢の地ビールとおつまみを買いました。


だんなが飲んだKAGURA BEERは、味が濃くて美味しかったということです。

そして、私のリュックと、だんなの充電用のコードは、
翌朝、ヤマトさんで送られてきました。
思ったより早くて良かったどす。

↓名古屋まで旅したリュック

ちょっとびっくりしたのは、
リュックは箱に入ってくるのかと思いきや、
透明のビニール袋に入れて送られてきました。
着払いの送料は、1390円でした。
2千円くらいかかるかと思ってたので、意外と安い。
1390円で身軽な旅行ができました(^^ゞ
↑あくまでもポジティブに。

ふと思ったのは、リュックに家の鍵を入れておかなくて
良かったなぁ・・・と。
リスク管理は大事どす。

それから、日本だから電車で忘れ物しても
戻ってくるんだろうなぁ・・・と。
当たり前のようで当たり前でないこと。
日本は、ええ国どす。

長いブログになりました。
最後まで読んで頂いて、ありがとう~(^^)/




WHAT'S NEW?