印象に残った本

 06, 2013 22:06
今年になって読んだ本で、印象に残ったものを紹介しますぅ~

無理 奥田英朗

今回紹介してる本の中では一番印象に残りました。

上下巻あって、けっこう長かったけど、どんどん読み進められました。
地方都市に暮らす人々の苦悩(?)のようなものが描かれています。
生活保護費の不正受給の話なんかは、妙にリアリティがありました。
そのほか、新興宗教にはまる中年女性、
暴走族あがりのセールスマンなど色んなキャラの人が登場します。
短編集のようですが、話は全部つながっていて、最後は人間交差点。

静かな黄昏の国 篠田節子

こちらは短編集です。最初と最後のふたつだけが印象に残りました。
最初のんは、「リトル・マーメイド」という題名で、
これを読んだ後、ホタルイカが食べられなくなりました。

最後の話は表題の「静かな黄昏の国」。
日本のこわ~い近未来が描かれています。書かれたのは2002年ですが、
そのとき読んでも、ふ~ん。。。くらいにしか思わなかったでしょうが、
3.11を経験した今読むと、この本のとおりになっていきそうで、ホラーより怖い話です。
原発はやめといた方がいいと、つくづく思います。

びっくりした部分がコレ↓
「急激な産業化による排ガスで、日本にレモンスカッシュの雨を降らせた隣国はあまりに強大で、
クレームをつけることはできなかった。」
実際には雨じゃなく、空気だけど、10年後をみごとに予測してますな。
いや、雨も降ってくるかな。。。

オイアウエ漂流記 荻原浩

飛行機が遭難し、南太平洋の離れ小島にたどりついた10人と一匹のサバイバル物語。

船も飛行機も通りがからない島から脱出する方法は。。。。
そうかぁ〜、そうすればいいかもって思いました。


アントキノイノチ さだまさし

この題名から連想するのは、あの人しかいませんよね。

元気ですか〜?
のフレーズ、でてきます。(笑)

でも、プロレスの話ではありまへん。

2011年に映画化もされているようどすが、
知りませんでした。^^;




COMMENT 3

Sun
2013.04.07
08:46

すーこ #-

URL

待ってました

なかなか興味深い本ですね。
是非、私も読んでみたいです。

つくづく感じることですが、
物書きの人って、本当にすごいですよね。
どうして、そんな風にこんな風に上手に、
表現して、次から次へと言葉がでてきて、
読む人達の心をつかむのでしょう。




Edit | Reply | 
Sun
2013.04.07
11:38

京太郎 #mQop/nM.

URL

どれも 読んだことない。そして、どれも 気になる。
ふぅぅぅむ。

一番 関心がある「静かな黄昏の国」から 読んでみよう。

全部、メモしておかねば。
   最近、ほんとに忘れやすい(笑)

そんな私は 今、時代小説ばかりよんでいて 頭が江戸です(笑)

Edit | Reply | 
Sun
2013.04.07
15:44

かずみ #mQop/nM.

URL

★すーこはん
好みがあるので、誰が読んでも面白いっちゅうもんではありませんが、
すーこはんとはお年頃が同じだし、
なんとなく興味の対象も似ているような気がするし、
おおきくハズレることはないと思います。

ほんまに、物書きの人はすごいと思います。
才能やね。
特に、次から次に書いている作品の多い作家さんの作品は
やっぱり面白いどす。

★京太郎はん
江戸もんに興味ありますか~。
私は時代もんは、歴史が苦手なので、あきまへんねん。

でも、紹介してくれたNHKのタイムスクープハンターは
録画して、見ましたが、面白かったどす。
現代っぽく、わかりやすく説明してくれてるし。

時代背景がわかってくると、時代小説も面白く読めるやろなぁ。。。

Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?