フローリングのキズを自分で直してみた

 24, 2016 11:48
ブログで書いてはったので、
「そうだ!自分で直そう!」と思った。(単純)

↓この写真は本文とは関係ありません。
花 黄色
(昨日、植物園に行って撮ったもの。)

以前から気にはなっていたのだけれど、
時間も気力もなく、ほったらかし状態でした。
一応、テープで修正しておいたものの、色が全然合ってない部分もあり。
百均に買いに行ったら、2色しかなく、合う色を探すのも
めんどくさく、まぁこれでいいか・・・という状態でした。

Img_1.jpg

しかし、このフローリング、質が悪いです。
何も原因が無いのに、ペラペラと剥がれてきます。

どう直せばいいのかわからないので、
とりあえずネットで検索したら、色々出てきました。

口コミやら、一般の人の補修体験談のブログを読んで、
まずは、この↓補修キットを買いました。
キズなおしま専科 というキットです。
Amazonで3,743円でした。
Img_2.jpg

簡単にいうと、
電気コテで、樹脂のようなものを溶かしてキズに埋め込んで
キズを目立たなくする代物です。

まず一番上の写真の右側のキズを直します。
テープをはずすと、こういう感じで表面がめくれています↓
Img_3.jpg

クレヨンみたいなものは、シェラック といいます。
つやつやしたプラッチックの塊みたいなもんですが、
コテで溶かすと、キャラメル状になり、さらに液状になります。

色を混ぜることもできるので、
床の色に合うように混ぜたらいいのですが、
そんなに上手くはいきません。
主に11番を使い、5番を少し足してみました。
Img_4.jpg

このあと、この上に耐熱材(クリームのようなもの)を塗り、
コテで表面を平にします。
つまり、盛り上がった部分を熱で溶かして取り除くわけですが、
これが難しい。あたしゃ、職人にはなれまへん。

Img_5.jpg

さらに、木目を描くためのペンもついてました。

Img_6.jpg

このままでは、「描きました」状態なので、
付属のスチールウールで軽くこすってぼかします。

↑で直したのは、↓の写真の右のキズです。このあと真ん中の長いキズも
同じように直しましたが、キズが大きいほど難しいです。
Img_7.jpg

で、テープの色が合っている部分は、そのままにしておくことにしました。

だって、その方がきれいなんですもの・・・(^^ゞ

そして、もうひとつ気づいたこと。
床にすわって作業をしていると、腰が痛いのなんのって・・・
まだまだ直したいところはあるのですが、一日一箇所が限界どす。

もう少しきれいに仕上がったら、いいのですが、
不器用ですから・・・(高倉健風に
そんな不器用な人は、色のあったテープを貼っておく方が、
きれいだし、安いし、簡単かも・・・と思った次第です。



COMMENT 2

Fri
2016.06.24
17:14

京太郎 #zQHIT1rU

URL

おぉぉぉぉ、お疲れ様でごじゃりますぅぅぅ。
すごい すごい。

そう、色合わせ、なかなかなんですよね。
ウチも テープ貼ったというのんが丸わかりの状況です。
でも、いいんです。
とにかく 変色と匂いをカバーしたかったので(^_^;

私も昔、クレヨンタイプのんを使ってみましたが、
(かずみはんのよりももっと安価なものです
 ほんとに クレヨンの形していた(笑))
どうも うまくいきませんでした。

部分修復、業者さんでもやっているみたいですがね。
高いですものねぇぇぇぇ。

ま、来客がない限りはそれでいいかと。
    万が一の来客があったとき用に
    ラグを買ってある(笑)

Edit | Reply | 
Fri
2016.06.24
20:45

かずみ #mQop/nM.

URL

京太郎はん

そいや、うちも来客はほとんどありまへんので、
自己満足の世界でOKなんです。
でも、ちょっと試してみたくて、魔がさしました(笑)

あといくつか直したら、
腕は上がるのではないかと・・・

最後はラグですな〜〜〜(笑)


Edit | Reply | 

WHAT'S NEW?